出身大学

出身大学はランキングされたり、年収との関わりや、社長数が多い大学は?等々話題になります。芸能人や著名人の出身大学、出身高校はどちらか。大学情報、高校情報も併せてご案内しています。

その他の教育機関等

北村有起哉さんの出身大学と出身高校、妻や父も芸能人の演技派俳優

北村有起哉さんは北村和夫さんの長男

北村有起哉さんの学歴と出身校についてご案内します。

北村和夫さんの息子、北村有起哉(きたむら ゆきや)さんは、子どものころは演劇に進むことはまったく考えていなかった模様。

しかし高校時代に文化祭での体験から、次第に俳優になることを意識したとのこと。

地元の公立小・中学校を出たと考えられ、高校は都立の富士高等学校に進学。

東京都立富士高等学校 ⇒ 日本映画学校

大学受験に一度は失敗したそうですが、その後の準備をしているころに俳優になることを決心し、大学受験をやめて当時の日本映画学校に進学しました。

同校は現在では日本映画大学。

ただしご本人にとっては俳優になることが目標なので、日本映画学校と同時に俳優養成所にも入り、映画学校は1年で中退しました。

 

当初はどこかに所属することを避けて一人で活動し、徐々に出演の機会を得て、映画の『カンゾー先生』などでデビューしました。

その後は数え切れない出演作を重ねており、脇役でもインパクトのある俳優となり、主演作も増えています。女優の高野志穂さんと結婚しお子さんが二人いることも知られています。

 

北村有起哉(きたむらゆきや)

生まれ:1974年4月29日
出身:東京都

1981年:(推定)小学校入学、7歳
1987年:(推定)中学校入学、13歳
1990年:(推定)富士高校入学、16歳

1991年:高2の文化祭でジャッキー・チェン映画の名場面、17歳
1992年:高3の文化祭で『仁義なき戦い』、18歳
1993年:(推定)高校卒業、19歳
この頃に日本映画学校に入学

1998年:『春のめざめ』、『カンゾー先生』でデビュー
2002年:舞台『幽霊はここにいる』、28歳
2005年:大河ドラマ『義経』五足
2010年:『君たちに明日はない』山下隆志、36歳

2011年:大河ドラマ『江〜姫たちの戦国』豊臣秀次、37歳
2013年:高野志穂さんと結婚、39歳
2014年:『水球ヤンキース』桑原半蔵
2016年:『太陽の蓋』初主演、42歳

2017年:連続テレビ小説『わろてんか』月の井団真、43歳
2018年:大河ドラマ『西郷どん』大山格之助
2019年:舞台『怪談 牡丹燈籠』主演、45歳
2020年:舞台『願いがかなうぐつぐつカクテル』主演、連続テレビ小説『エール』池田二郎
2021年:『ムショぼけ』主演、47歳

2022年:『終末の探偵』主演
2023年:『たそがれ優作』主演、49歳
2024年:連続テレビ小説『おむすび』米田聖人、50歳

その他、出演など多数
*略歴は当サイト独自のまとめであり、公式発表ではありません。略歴中の年齢は、およそ誕生日を迎えた時点での「◯歳」を示しています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

北村有起哉(@yuki.yeah18)がシェアした投稿

北村有起哉さんの出身高校は東京都立富士高等学校、文化祭で父親の存在を意識する

都立の名門校、富士高等学校

北村有起哉さんは都立高校の中でも進学校の一つとして知られる富士高等学校、通称「富士高」の出身者であることが、広く知られています。

現在は、正式名も「東京都立富士高等学校・附属中学校」となり中高一貫校。2021年に高校募集を停止していますから、かつての卒業生たちが見ても、かなり様子の異なる母校となりました。

同校の創立時は「東京府立第五高等女学校」という歴史を感じさせる名称でした。

著名な「都立西高」と同校で「西・富士」と群を組み、受験生は合格するとどちらかに振り分けられるという時期もありました。東大合格者が40名を超えていた時期もあるという名門校です。

 

東京都立富士高等学校

所在地:東京都中野区弥生町5丁目21−1
創立:1919年

地下鉄丸ノ内線の「中野富士見町駅」が目の前というより、同校と背中合わせにそのメトロ駅があるような、中野区の街なかとなります。
女子美術大学も近隣に・・

***

歴史ある都立富士高校の出身者には、元参議院議員の安西愛子さんや、小説家の有吉佐和子さんや池澤夏樹さん、漫画家のよしながふみさんなど、多彩な人材を輩出してきました。

ベテラン女優で朝ドラにもよく出演していた佐々木すみ江さんも同校の卒業生です。

 

【都立富士高校の大学合格実績】は「みんなの高校情報」によると2023年の例で以下となります。
私立大学
明治大学 53名
早稲田大学 52名
芝浦工業大学 37名
立教大学 31 人
東京理科大学 25名 など多数
国立大学
東京工業大学 8名
東京都立大学 4名
横浜国立大学 3名
東大2名、京大1名 など多数

 

北村さんが在学したのは1990年代の初頭とみられますので、統計は現在と異なったかもしれません。東大合格者ももっと多かったかもしれません。

しかし、いずれにしても進学を前提とした名門校であることは確かでしょう。

文化祭の芝居から俳優になることを決意した北村有起哉さん

富士高校時代の北村さんのエピソードとして、文化祭で芝居をした件は有名になっています。

2021年の『ムショぼけ』で主演するときの取材によるとーー

高校2年と3年の時の文化祭の出し物で、まずはジャッキー・チェン映画の名場面をリミックスした娯楽作などを行ったと語りました。

高2では脚本・配役・演出を担当して、自分はジャッキーの師匠の役で出演もしたそうーー。

(中央に立っているのが北村さん)

さらに翌年(高3時)は・・

高3のときにやった『仁義なき戦い』も、主役の菅原文太さん役はちょっとかっこいいやつにやらせて、ぼくは金子信雄さんが演じていた、だらしない組長役で。それがすごく評判がよくて、(舞台の上には)『何かある』という手応えを感じたんです。クラスメートの女の子から4人も言い寄られたんです。

(https://news.yahoo.co.jp/articles/341e5180ea6b8c24f050f6785abc9e7c54b73fca? より)

単に出演するのでなく、全体をマネージメントする北村有起哉さんの手腕が伝わってくるようです。

 

ちなみに「言い寄られた」なかの一人と付き合って、1週間で振られたとかーー。文化祭効果はすぐなくなったと、分析しているのが冷静です。

 

そこで有起哉さんは俳優になることを決意するのですが、今さらながら・・

「その文化祭で、『これってもしかして、おやじもやっている仕事なのかな』と気づくんです」

(同上)

おやじとは名優、北村和夫さんのことでした。

昭和の名優、北村和夫さんと息子の有起哉さん

北村和夫さん(1927年〜2007年)は、1953年の映画『にごりえ』などから始まって、数え切れない舞台、ドラマ、映画等々で活躍してきた大俳優です。

リアルタイムで和夫さんの映画を観た世代・・は現在、少ないかもしれません。

 

北村和夫さんは大河ドラマにも、1963年の『花の生涯』から2006年の『功名が辻』まで14回も出演しています。

NHKの連続テレビ小説にも、これまで4回出ていますが、分かり易いのは2024年に再放送の『ちゅらさん』の「一風館」の住人の一人、島田さんとして登場・・・

 

こんな偉大な方が、父親でした。

しかし、先ほどのインタビューの続きによると・・

うちは放任主義だったので、『お前も何か出てみるか?』と誘われたことは一切なかった。学校でも(父のことは)話題にならなかったですね。友だちに『お前の父ちゃん俳優なんだって?』と聞かれて仕方なく名前を言っても、『知らねえな』という反応でした。(同上)

そういうものなのか分かりませんが、ともかく息子としては「父に関する話はあまりしたくなかった。それはおやじの話であって、ぼくのじゃないですから」と、いたって淡白。

しかし、上記のように俳優になろうと決意してから、父のことを調べるとその存在がのしかかってきたそうです。よって、父親のいる所を外して所属先を探して、結果的にどこにも所属せずに渡り歩くことになりました。

その当初に日本映画学校にも入って(後述)、一年で辞めました。

多忙だったお父さんとの思い出はあまりない、とも、2019年の『スマートFLASH』で語っています。

「僕は高校生くらいでした。新宿・紀伊國屋書店の地下だったかな。2人でざるそばを食べていたら、親父が『そば湯ちょうだい』って大声で叫んだんです。当時は、そば湯なんて知らなかったから、妙に粋に見えたんですよね」

(https://smart-flash.jp/entame/80287/1/1/)

2世として注目されることを嫌った、北村さんらしいコメントです。

一方で、2015年の「マイナビ転職」の記事では次のようにも述べています。

役者を志し、父に頼らずにそれなりの努力はしてきました。でも常に、父は隣にある『そこそこ高い山』的な存在でした。比べてもしょうがないし、何をもって父を超えたかどうかという基準もないのですが、ずっと意識していたのは確か。

(https://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/heroes_file/138/ より)

このときは、2014年に有起哉さんにお子さんが生まれた後の取材なので、父親となった自分という位置からも、父のことを振り返っていました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

北村有起哉(@yuki.yeah18)がシェアした投稿

 

北村有起哉さんの出身地東京都と出身小学校、出身中学校

ここで子どものころに時間は遡ります。

北村和夫さんが東京都出身で早稲田大学を出て活動してきたことから、有起哉さんが都内で育ったことは確かなようです。

ちなみに北村さんのお姉さんの北村由里さんも女優となっています。お姉さんが二人おられて有起哉さんは末っ子。

 

出身校については「思い出こみゅ」で小学校は「杉並区立杉並第二小学校」とされています。
また中学校は、「杉並区立東田中学校」という説がありますが、こちらは情報元がよく分かりません。よってどちらもまだ確定できません。

 

出身小学校:杉並区立杉並第二小学校?


所在地:東京都杉並区成田西3丁目4−1

 

杉並第二小学校は先述の都立富士高等学校とは3〜4キロ程度の距離です。

また、杉並第二小学校のすぐ東、善福寺川を挟んで対岸のほうには、上記の東田中学校が見えています。

したがって北村さんが子どものころに特に転校などなく、この地域で育ったとしたら、杉並第二小 ⇒ 東田中学 という流れは信憑性が高いように見えます。

 

出身中学校:杉並区立東田中学校?


所在地:東京都杉並区成田東3丁目19−17

ということで、お子さんのころの北村さんはこの地域で過ごしており、かつ高校時代も同じ家だとすると、高校も車や自転車で20分もかからないような生活圏で暮らしていた・・と想像できます。

 

ちなみに上記コメントでは「中学、高校とバスケ漬けで、演劇なんてカッコ悪いくらいに思っていた」ともありますから、中学時代はバスケットに熱中していたことでしょう。

 

image

北村有起哉さんの出身大学はなし、日本映画学校に入学

北村さんの高校卒業後については各所の記事で述べているように、端的には以下となるようです。

「大学受験に失敗し、日本映画学校に入学。同時に、俳優養成所にも通いはじめる。」
(https://smart-flash.jp/entame/80287/1/1/ より)

 

日本映画学校は進学先でもあったけれど、進んだ先は複数あり、日本映画学校と俳優養成所が、ご本人にとっては同列だったと言えそうです。

◯俳優養成所の詳細は不明

 

◯日本映画学校は、内村光良さんのページにありますように、時代により名前が変わってきました。

横浜放送映画専門学院

日本映画学校(1985年)

日本映画大学(2011年)

ということで、1993年に高校を卒業した北村さんが、その年か翌年かは分かりませんが、その前後に入学した時点では、「日本映画学校」でした。

 

 

日本映画大学

所在地:神奈川県川崎市麻生区万福寺1丁目16−30

 

ここでは「日本映画大学」とともに、「今川昌平記念スタジオ」の文字が光っています。今川昌平氏は、北村和夫さんにとっても仕事の同士でした。

出川哲朗さんも同校の卒業生で、当時はまだ横浜放送映画専門学院でした。なお、上記のように北村さんは日本映画大学を一年ほどでやめています。

 

「地方から上京してきた同級生は、入学できただけで舞い上がっていましたが、僕は冷ややかでした。父親が役者の家で育っているから、そんなに簡単に俳優になれるなんて思っていなかったんです

(https://smart-flash.jp/entame/80287/1/1/)

 

また、「養成所でも『北村和夫の二世が入った』とあっという間に広まって、本当にイヤだった」と述べています。

この辺りが、北村さんの冷静なところ。かつ、複雑なこだわりや、陰影を背負った人物を演じることのできる実力、につながっているような気がします。

 

この投稿をInstagramで見る

 

北村有起哉(@yuki.yeah18)がシェアした投稿

なお北村有起哉さんというと関連用語のように「京都大学」という語句が出てくるのは、何らかの契機があったことでしょう。間違いであり、そうなった理由は分かりません。

***

デビュー作は、略歴にあるように1998年の『春のめざめ』と『カンゾー先生』でした。『カンゾー先生』と言えば、麻生久美子さんが、新人から一気に有名になった出世作でもあります。

この麻生さんと、北村さんは、2024年の連続テレビ小説『おむすび』で夫婦役を演じるわけで、26年を隔てて、互いに芸歴を重ねてきた同士の貫禄が感じられます。

 

個人的には2011年の『江〜姫たちの戦国』で豊臣秀次を演じた北村さんの姿がたいへん印象に残っています。

豊臣秀次という人物には、描き甲斐もあるでしょうけれど、やはり危うい闇の部分を感じます。

 

ここにもあるように、『真田丸』で豊臣秀次を演じたのが、新納慎也さんでした。

一方で2026年の大河ドラマ『豊臣兄弟!』の主人公は豊臣秀長で、こちらは優秀な人物。仲野太賀さんの主演となります。

 

秀長と秀次では陽と陰と言っては語弊があるけれど、ともかく歴史の表と裏のような側面があります。

個人的にはその仄暗い感じの秀次を演じた時に初めて北村有起哉さんを知ったため、そもそも印象深かった記憶があります。

なお、PASONICA JPNさんの記事によると、大森南朋さんと北村有起哉さんは、子どものころに遊んだことがあるそうです。北村さんは覚えていないとか・・

しかし、1972年生まれの大森さんは学年で3つほど、北村さんの年上で、どちらも親が芸能人ということで、子どものころに接点があったことは充分考えられます。

***

ところで奥さんの高野志穂さんは2002年の連続テレビ小説『さくら』で主演しており、ピチピチに眩しいようなヒロイン「さくら」でした。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

飛騨市役所【公式】(@hida_city)がシェアした投稿

朝ドラのヒロインを務めた後の女優さんたちは、活動の様子はそれぞれ異なります。しかし高野志穂さんの場合、比較的のびやかに活動してきたように見えます。

 

2013年に、北村さんの公園でのプロポーズを受けて結婚した後、子育て等で活動を控えていた時期もあるようです。

しかし2021年に、Amazonプライムのコマーシャルで有起哉さんと夫婦役で出演したときは、あらためて注目されました。

北村有起哉さんは、主演に限らず脇役としても存在感の半端ない人物だと感じており、ますます期待しています。

***

以上、簡単ですが北村有起哉さんの出身校についてでした。

-その他の教育機関等

執筆者:

関連記事

成田凌さんの出身大学と出身高校、美容専門学校時代にモデルに

Contents1 美容師の資格を持つ成田凌さん2 成田凌さんの出身高校は埼玉県立南稜高校3 成田凌さんの出身地さいたま市と出身中学校4 成田凌さんの出身校は日本美容専門学校 美容師の資格を持つ成田凌 …

斎藤工さんの出身大学と出身高校(伊藤正次演劇研究所)

Contents1 モデルから始まった俳優、監督でもある斎藤工さん2 斎藤工さんの出身高校は日本学園高等学校3 斎藤工さんの出身地東京と出身小学校、出身中学校 4 斎藤工さんの出身大学はなし(演劇研究 …

出川哲朗さんは現在の日本映画大学で学んだ(出身大学と出身高校)

Contents1 充電させてもらえませんかの出川哲朗さん2 出川哲朗さんの出身地横浜と出身小学校、出身中学校3 出川哲朗さんの出身高校は武相高等学校4 出川さんの出身大学は日本映画大学(日本映画学校 …

永作博美さんの出身大学と出身高校

Contents1 いつまでも若いと言われる筆頭女優さん・・2 永作博美さんの出身高校は、茨城県立麻生高校 3 出身地の麻生町(行方市)と出身中学(麻生中学)について 4 永作博美さんの出身大学はなし …

平井大さんの出身大学と出身高校

Contents1 雑司ヶ谷育ち、本名の平井大さん2 平井大さんの出身高校は明星(みょうじょう)学園高等学校3 平井大さんの出身地、豊島区雑司が谷と出身の小学校、出身中学校など 4 平井大さんの進学先 …


当サイトでご案内している略歴はファンとしての情報吟味の結果であり、公式発表ではありません。ただし情報の正確さにはことさら留意しております。また、略歴中の(推定)とは特に公表はされていないけれど、計算上では推定されるという当サイトによる年譜です。同じく略歴中の学校関係などに年齢を添えた場合は、およそ誕生日を迎えた時点での「◯歳」を示しています。記事中に引用したテキストのうち、色などが付いている場合は、弊サイトによる加工となります。さらに肩書や所属等は記事作成時のもので、その後変わっている場合があります。どうぞご了承ください。



カテゴリーは便宜上、国立、私立と並んでいます。順不同。高校については一部のみカテゴリー分けしています。

ご訪問まことにありがとうございます。緊急連絡先についてはプロフィールのページをご覧ください。

 

追記:偏差値の数値について
このサイトでは、出身大学・出身高校についてほとんど偏差値には触れていません(概念でなく数値として)。その理由は「偏差値」は絶対的数値ではないからです。誰による? いつのデータ? この2点をつねに適切にご案内するのは不可能と考えていますのでご理解のほどお願いいたします。
なおニュアンスは異なりますが、その人物の進学の背景として出身高校の進学状況や大学合格実績を加えている場合があります。

 

弊サイトではグーグルアドセンス広告を導入しております。ご高覧に感謝いたします。

 

 

出身大学トップに戻る