出身大学

出身大学はランキングされたり、年収との関わりや、社長数が多い大学は?等々話題になります。芸能人や著名人の出身大学、出身高校はどちらか。大学情報、高校情報も併せてご案内しています。

駒沢大学

オズワルド伊藤俊介さんの出身高校と出身大学

伊藤沙莉さんの兄、というより「オズワルド伊藤」の伊藤さん

お笑いコンビ、オズワルドの伊藤俊介(いとう しゅんすけ)さんの出身校について。伊藤俊介さんは、女優の伊藤沙莉さんの兄、ということは今や有名になっています。

ツッコミ担当で、丸い可愛らしい眼鏡が似合っています。

伊藤俊介さんの出身校は、地元の公立の小学校、中学校を経て、県立の若松高校に入学し、大学は駒沢大学に進学したことが明らかになりました

千葉県立若松高校 ⇒ 駒沢大学

駒沢大学では日本文学を専攻し、国語の先生になろうと考えていた時期もありました。大学の在学中に東京NSCに17期生として入り、「オズワルド」として畠中悠さんとコンビを組みました。

オズワルドは2015年以降はMー1グランプリの常連となっており、2021年は優勝も期待されましたが、準優勝。

ちなみに伊藤沙莉さんが、出演番組などで兄のことを明らかにしたのは、2020年のことでした。沙莉さんは俊介さんより5歳年下となります。

伊藤俊介(いとう しゅんすけ)

生まれ:1989年8月8日
出身: 千葉県

1996年:(推定)みつわ台北小学校入学、7歳
2002年:(推定)みつわ台中学入学、13歳
2005年:(推定)県立若松高校入学、16歳
2008年:(推定)駒沢大学文学部入学、19歳
2011年:東京NSCに17期生として入学、22歳
2012年:駒沢大学文学部国文学科卒業、23歳

2014年:畠中悠さんとコンビ、オズワルドを結成
2017年:『いちばんおいしいところ』単独ライブ(以後たびたび)
2019年:『M-1グランプリ』決勝進出
2020年:イワクラ(蛙亭)らと同居を始める
2021年:『ABCお笑いグランプリ』優勝
2022年:『まつもtoなかい〜マッチングな夜〜』、『猫は逃げた』味澤忠太郎役、33歳

その他、出演など多数
*略歴は当サイト独自のまとめであり、公式発表ではありません。略歴中の学校関係などに添えた年齢は、およそ誕生日を迎えた時点での「◯歳」を示しています。

年代からすると、大学生のときに東京NSCにも入ったことになり、それが当初は疑問でした。しかし、ご本人の「駒沢大学大学通信」でのコメントによると、大学4年のときに、学生である一方で「東京NSC」にも入ったことが分かりました。

伊藤俊介さんの出身高校は千葉県立若松高等学校

伊藤俊介さんは、千葉市の若葉区、みつわ台のあたりで育ったと考えられます。

出身高校も、出身小学校、中学校も、数年前に伊藤沙莉さんの記事を書いた時点では、推測部分も多かったのですが・・・現在は二人とも著名人として「千葉県立若松高校の出身者」とされています。

千葉県立若松高等学校

所在地:千葉市若葉区若松町429−439

地図のように若葉区は、千葉市の中でも四街道市よりの地域となります。若葉区内には東京情報大学(峯田和伸さんの出身大学)もあります。

俯瞰すると、佐倉市にある「DIC川村記念美術館」も見えてくるような位置となります。

***

【千葉県立若松高等学校の「大学合格実績」】を確認しました。

2021年の場合「スタディ高校受験」によると、国・公立大学の合格者はなく(データに出ていないだけかも)、駒澤大学1名、東洋大学1名、日本大学2名となっていました。

統計が不正確なのかもしれません。

しかし、駒沢大学に進学した俊介さんは、このデータを見る限り、同校のなかでも上位の成績を修めていたと考えられます。

***

高校時代に伊藤さんが、将来、お笑い等の道を考えていたかーー。それは何とも言えません。しかし、少なくとも行動としては、ふつうに大学進学を果たしたということです。

伊藤俊介さんの出身地、千葉市のみつわ台と出身小学校、出身中学校

伊藤俊介さんの出身小学校と出身中学校は以下であることが分かっています。その根拠や経緯は、ここでは省略しますが伊藤沙莉さんのページにあるとおりです。

俊介さんと沙莉さんは5歳違いですから、9歳で沙莉さんが子役デビューした頃、俊介さんは14歳の中学生だったはずーー。

そして、伊藤さんのご一家にはご両親の離婚や、そこに連なる経済的に苦労した時期があったことなどが知られています。

しかし、いずれにしても、兄と妹は、その間のもう一人の妹さんも含めて、同じ小学校、中学校に通学したであろうと推測されます。

出身小学校:千葉市立みつわ台北小学校

所在地:千葉市若葉区みつわ台3丁目5−1

出身中学校:千葉市立みつわ台中学校

所在地:千葉市若葉区みつわ台2丁目41−1

地図内に見えていますが、同校から、上記の若松高等学校への直線距離は1.5キロくらいとなります。

最寄り駅はモノレールの「みつわ台」で、隣の駅が千葉市動物公園の最寄り駅である「動物公園」。

このように、伊藤俊介さんはいずれにしても小学校から高校まで地元の、このような近距離圏内で生活したと言えそうです。

***

ところで伊藤さんのご家庭は・・
家族としても経済的にも大変な時期を超えてきたことが分かっています。

以下は2021年の秋になって、俊介さんが、朝日テレビの「やすとものいたって真剣です」に出演した時の話。兄妹二人ともそろって仕事で実を結んだ今だからこそ、言えるエピソードなのかもしれません。

伊藤が小学校に上がる前に両親が離婚。

家がなくなったため、伊藤と真ん中の妹が地元の親友の家に、末妹の女優・伊藤沙莉が伯母の家に、母親は家が見つかるまで軽トラに住んだ時期が3~4カ月あったという。

(https://www.excite.co.jp/news/article/Asagei_191537/ より)

さらにその後、伊藤さんが19歳になってから突然、音信不通だった父親から連絡があって「今、追われてるから着替え届けてほしいんだよ」と言われて渋谷駅に着替えを届けたこともあるとのことーー。

なかなかユニークなお父さんのようです。

ちなみにご両親の離婚という時期は、妹の沙莉さんにとっては2歳でした。
しかし、母親と叔母が働いて、やがて一家は再び、新たな家に移り住んだとのこと。

伊藤俊介さんの出身大学は駒沢大学、国語の教員を目指していた

伊藤さんは、若松高校から駒沢大学に進学したことが分かっています。

駒沢大学

所在地:東京都世田谷区駒沢1丁目23−1

駒沢大学ではこの他に玉川キャンパス、深沢キャンパスもあり、いずれ都心の心地よい空間となっています。

駒沢大学は、「日東駒専」と言われる大学群のご存知の、仏教学部のある大学。
前身は「曹洞宗大学」というまさに仏教系ですが、もちろん、多数の学部を擁しています。

歴史としては、吉祥寺会下学寮を起源とする「旃檀林」が発展したという大学。曹洞宗、道元に由来しており、仏教学科の他に禅学科もあります。

伊藤さんは文学部の国文学科に進みました。

***

2022年1月に発行された駒沢大学の『学園通信』 によると、「活躍する卒業生」として【2012年文学部国文学科卒業】の伊藤さんが紹介されていました。

画像出典元(https://www.komazawa-u.ac.jp/topics/files/gakuen_tsushin350.pdf より)

このなかで俊介さんが駒沢大学に進学したのは、国語の教員を志望していたからと明確に答えています。

そして駒沢大学を選んだ理由は、「なぜか駒大って国語っぽい、と思って第一志望にした」とのこと。
お笑い芸人のことは憧れではあったけど、なれるはずがないと思って現実的な職業として教員を目指していたともーー。

***

しかし、実際に入学して自由時間が増えた学生生活では、遊んでばかりいたそうです。

別の資料ですが、伊藤さんの配信する「NOTE」によると、こんな場面がありました。

授業に出ていなかった伊藤さんが大学で試験前に、教室で見かけたある女子学生に「ノートをコピーさせて」と頼んだ時のこと。

ただ、ほとんど授業など出ていなかった僕は、大合戦の中に小さなボディ1つで飛び込むような心境であり、・・(中略)・・試験が始まる30分前に入り、いかにもこの教室で1番の武器を持っているだろう女性を発見。

・・(中略)・・

ものの5分も経たないうちにガンツの彼女がやはり返して欲しいとやって来た。・・「やっぱり本気で大学に通ってない人に、私の日常を分けたくないです」


(https://note.com/ozwardito0808/n/n4e1fa214760a より)

この女性の、平易ながら率直な言葉がちょっといいですネ。

ちなみに上記のように「オズワルド伊藤」さんとして、2020年4月2日に「NOTE」を始めました。

***

駒沢大学『学園通信』の記事に戻ると、大学4年時に教職課程の先生に言われたことが以下です。

「俺は母子家庭で育ったし、お笑いなんか目指さないで卒業したらすぐ働いて親孝行したほうがいいですよね」と聞いたら、

先生が「いや、君みたいな者が親孝行だなんておこがましいよ。親孝行は自立した人にしかできないんだ」と。

(https://www.komazawa-u.ac.jp/topics/files/gakuen_tsushin350.pdf より)

だからやりたいことがあったら、やったほうがいいよ、という言葉に背中を押されたそうです。

教職課程の先生が教職につくことをゴリ押ししていないところに、懐の深さを感じます。

「オズワルト伊藤」さんとして躍進中! 

さて伊藤俊介さんはご存知、お笑いコンビオズワルドのツッコミ担当ですが、現在の相方、畠中悠(はたなかゆう)さんと組んだのは、東京NSCに入って3年目の2014年11月のことでした。

当時の目標が『M-1グランプリ』の決勝出場ということ。

略歴を振り返ると、その目標が達成できたのは2019年のこと。
さらに2020年の『M-1グランプリ』では決勝で5位。
加えて2021年の『M-1グランプリ』では決勝で2位でした。

***

『M-1グランプリ』のことは、詳しくないのですが、『M-1グランプリ2019』でミルクボーイさんが優勝した時は印象的でした。 モナカの売上も増えたとかーー。
敗者復活組で圧倒的に復活してきた和牛が、意外にも、最終決戦に残らなかったのはかなり劇的でした。たぶん。

***

そして『M-1グランプリ2021』では、ファーストラウンドで、6組目に登場したオズワルド(3年連続決勝進出)が665点を記録し、暫定1位でした。

しかし最終決戦で、1組目の「インディアンス」、2組目の「錦鯉」に続いて3組目の「オズワルド」が登場したわけですが・・・結果、優勝は錦鯉ーー。

素人の感想ながら、ちょっと意外というか乗りに乗っていると見えたオズワルドが、なぜか、50歳となる年齢的にベテランの長谷川雅紀さんら、錦鯉に負けてしまった・・そんな感じでした。

***

この時のことを伊藤さん本人が2021/12/24の『ダヴィンチ』のオズワルド伊藤『一旦書かせて頂きます』において述べていました。

ネタ合わせの為インディアンスさんと錦鯉さんのネタをしっかり観ることは出来ず、ファイナルラウンドで2本目の漫才をしているときまで、まじで絶対に優勝すると思っていた。

・・中略・・・

だって中学生から観てきたM-1グランプリの、最もチャンピオンが多く生まれた流れだったんだもん。あとなにより、普段ライブでかけてきた結果、本当に2本目のネタに自信があったから・・

(https://ddnavi.com/serial/910171/a/ より)

しかし・・・現実は、2本目のネタ終わった時は「優勝するわけない」と思ったそうです。「大事なネタを、一番綺麗な姿で大舞台に立たせてやれなかったこと」が悔しかったとも。

そのへんは微妙なニュアンスがあると思いますので、詳細は 『人生に完敗/オズワルド伊藤の『一旦書かせて頂きます』㉕』をごらんください。

これも含めて、伊藤さんのテキストが一気に並ぶ オズワルド伊藤『一旦書かせて頂きます』はたいへんオススメです。よろしかったら。

***

さて 「神の子の宣告/オズワルド伊藤の『一旦書かせて頂きます』㉞」にもあるのですが、2022年7月28日の最新エッセイで、一人暮らしが始まることを書いていました。

その前がどうだったかというと・・・

よく知られているように、俊介さんは妹の沙莉さんと同居して、妹のほうが3倍の家賃を払ってくれている時期がありました。

今は一緒に住んでいて「お兄ちゃんなんでしっかり家賃払ってますよ、4万円」と胸を張っていたが

「4万円?」と共演者から疑惑の目を向けられた際には「僕4万円、妹12万円」と打ち明けて総ツッコミをくらっていた。

(https://mdpr.jp/tv/detail/1879423 より)

しかしその後、2020年7月からは蛙亭のイワクラさん、森本サイダーさん・ママタルトの大鶴肥満さんとの同居を始めました。

さらに2022年7月現在では、蛙亭のイワクラさん、と伊藤俊介さんの熱愛報道という文字が流れています。実際どうなのでしょう、の只中です。

***

キャバクラで10年働いていたこともあるという伊藤さん。

苦労した時代があっても、大学にも進学しているし(奨学金を返済しているそうです)、東京NSCにも入り、一方で、諸々のアルバイトも経験してきた、あるいみ苦労人ーー。しかし、なんと言っても笑いで収めてくれます。

以上簡単ですが、リスペクトを込めてオズワルドの伊藤俊介さんの出身校について、でした。

-駒沢大学

執筆者:

関連記事

桐谷健太さんの出身大学と出身高校、出身地は「天神橋6丁目」

Contents1 自ら『KEN’S NON-NO』を発行した桐谷健太さん2 桐谷健太さんの出身高校は大阪の桜塚高校3 桐谷さんの出身地「大阪市北区天神橋6丁目」と出身中学4 桐谷健太さん …

あばれる君(古張裕起さん)の出身大学と出身高校

Contents1 お皿を割ってしまったあばれる君!2 あばれる君の出身高校は福島県立白河高校3 あばれる君の出身地、福島県と出身の小・中学校4 あばれる君の出身大学は駒沢大学 お皿を割ってしまったあ …


当サイトでご案内している略歴はファンとしての諸情報からのまとめであり、公式発表ではありません。ただし情報の正確さには留意しております。また、略歴中の(推定)は特に公表はされていないけれど、計算上では推定されるという当サイトによる年譜です。同じく略歴中の学校関係に年齢を添えた場合はおよそ誕生日を迎えた時点での「◯歳」を示しています。さらに肩書や所属等は記事作成時のもので、その後変わっている場合があります。どうぞご了承ください。



カテゴリーは便宜上、国立、私立と並んでいます。順不同。高校については一部のみカテゴリー分けしています。

ご訪問まことにありがとうございます。緊急連絡先についてはプロフィールのページをご覧ください。

 






 

弊サイトではグーグルアドセンス広告を導入しております。

 

 

出身大学トップに戻る