出身大学

出身大学はランキングされたり、年収との関わりや、社長数が多い大学は?等々話題になります。芸能人や著名人の出身大学、出身高校はどちらか。大学情報、高校情報も併せてご案内しています。

慶應大学

檀ふみさんの出身大学と出身高校

名門の「檀」家に生まれた檀ふみさん

檀ふみさんは、檀一雄さんが父、檀太郎さんが兄という名門家庭に育った品の良い女優さん。清純派女優という名がぴったりです。

阿川佐和子さんとの共著『ああ言えばこう食う 往復エッセイ』でも有名です。出身校も名門で、東京学芸大附属大泉中学校東京教育大学附属高校を経て慶応大学を6年で卒業しています。

東京学芸大学附属大泉中学校 ⇒ 東京教育大学附属高等学校(現在の筑波大学附属高校)⇒慶應大学

高校を卒業して慶応に入るまでに、駿台予備校に通っています。

2017年の5月17日には阿川佐和子さんの結婚が報道されました。父が作家、本人が慶応大学という共通点の2人で、共著もあるためどうしても檀ふみさんを連想してしまう・・という声も聞かれました。

檀ふみ(だんふみ)

生まれ:1954年6月5日
出身:    東京都練馬区

1967年:(推定)学芸大学付属大泉中学入学
1970年:(推定)東京教育大附属高校入学
1972年:『昭和残侠伝 破れ傘』お雪役
1973〜1988年:『連想ゲーム』レギュラー解答者
1974年:慶應大学入学、『青春の蹉跌』
1975年:『陽のあたる坂道』
1980年:『天皇の料理番』
1984年:『日本の面影』小泉セツ 役
1986年:『火宅の人』桂一雄の母役
1994年:『わが愛の譜・滝廉太郎物語』日本アカデミー賞助演女優賞
1999年:『ああ言えばこう食う』講談社エッセイ賞受賞
2004年:『どうもいたしません』発行
2006〜2009年:『新日曜美術館』
2015年:『花燃ゆ』杉滝役
2016年:『とと姉ちゃん』ナレーション
2017年:『陸王』宮沢美枝子
2019年:『セミオトコ』庄野くぎこ、『轢き逃げ 最高の最悪な日』時山千鶴子
その他、出演・著書多数

*略歴は当サイト独自のまとめであり、公式発表ではありません。

檀ふみさんの出身地練馬区と出身小学校、出身中学校

出身地は東京都の練馬区になります。小学校は地元の公立校、練馬区立光和小学校へ通っていました。

出身小学校:練馬区立光和小学校

所在地:東京都練馬区石神井町2丁目16−34

練馬区の、西武池袋線でいえば「石神井公園駅」に近いあたりに同校はあります。都心のゆえ、というのでしょうか、同校の出身者に檀ふみさんの他に、池上彰さんと假屋崎省吾さんがいます。

***

さらに上記の通り、檀ふみさんは中学は国立の、東京学芸大学附属大泉中学校へ進学しました。1967年当時のことで、公立の小学校へ通う児童のうち、一部は地元に近い「付属校」を受験するというのが、比較的、ふつうのパターンだったと考えられます。

東京都内でも、まだまだ「中学受験」が今のように盛んではなかった時代です。

東京学芸大学附属大泉中学校は、併設の「東京学芸大学附属高等学校大泉校舎」が段階的に統合する形で「東京学芸大学附属国際中等教育学校」が開校したために、附属の大泉中学校は、現在は閉校されています。

と言っても、位置としては檀ふみさんが通学していた当時の東京学芸大学附属大泉中学校の場所に、東京学芸大学附属国際中等教育学校が作られた、ということになります。

卒業生としては、学校名が変わったという実感ではないでしょうか。

東京学芸大学附属国際中等教育学校、(出身校は東京学芸大学附属大泉中学校)

所在地:東京都練馬区東大泉5丁目22−1

(中学校の校舎は付属の大泉小学校の奥になります)

檀ふみさんは練馬区出身なので、中学校としてはちょうどよい位置だったのかもしれません。上記の光和小学校と直線距離は2キロ程度です。

もともと1947年の「東京第三師範学校附属中学校」を前身とする歴史ある中学校でした。国会議員だった山尾志桜里さんも同じ中学の出身になります。

檀ふみさんの出身高校は東京教育大附属高校

さらに高校では同じ国立でも別の大学の付属となる、東京教育大学附属高等学校へ進学しました。

ところで東京教育大学は現在の筑波大学ですから、今は名称も変わっており「筑波大学附属中学校・高等学校」に1978年に改称されました。

筑波付属(つくふ)は偏差値の高い、言わずと知れた名門高校です。

筑波大附属としてはもう一つ「筑波大学附属駒場中学校・高等学校」もあり、こちらは男子校になります。

***

筑波大附属高校は、道路を挟んでお茶の水女子大学+その附属高等学校(お茶高)とも向かい合っています。

また同校は附属という名称ながら筑波大学への内部進学枠はありません。むしろ周知の通り、東大受験などで上位を占める公立高校となっています。

筑波大附属高校

所在地:東京都文京区大塚1丁目9−1

なお付属の小学校・中学校があり、付属高校では生徒数の3分の1くらいが附属小学校からの内部進学者となっています。

***

年譜のとおり檀ふみさんは、高校時代にすでに女優業も始まっており、『連想ゲーム』のレギューラーも務めていました。

その前に何がきっかけで女優業が始まったかというと、1970年、高校一年の時に大阪万博がありました。そこを訪ねた時に叔父の高岩淡氏を介して俊藤浩滋さんによって、ふみさんがスカウトされました。

当時、父の一雄氏が海外にいて不在だったため結論が出るのに時間がかかったそうですが、いずれ1972年から、女優としての道が始まりました。

その背景には『ポスト藤純子』を探さなければならないという、業界の事情もあった模様です。藤純子さんは後に富司純子さん(寺島しのぶさんの母)として、活動を再会するのですがーー。

***

いずれにしても女子高校生の立場で、一生を左右する決断に迫られ、すごいプレッシャーを受けたはず。一方で進学校の生徒でもありました。結果的に筑波大付属高校から一年間の浪人時代に「駿台予備学校」に通い、慶應義塾大学経済学部に進学しました。

檀ふみさんさんの出身大学は慶應義塾大学

慶應義塾大学はいうまでもない難関校です。檀さんは浪人を経て、いわゆる推薦入試などでない一般の受験で慶応大学に入学しました。

慶応大学三田キャンパス

所在地:東京都港区三田2丁目15−45

1974年の6月公開の『青春の蹉跌』で人気が高まったとされます。しかし、6月公開ということは、おそらく撮影準備は1973年とか、その当時は予備校通いだったはずで、檀ふみさんのスケジュールがどうなっていたかーー 予想すると難しいものもあります。

***

ちなみに檀ふみさんは独身です。『新日曜美術館』の司会などをされている時は、まさに品のよい持ち味がピッタリという空気でした。

2000年発行の『ああ言えばこう嫁行く』という本はどんな内容か、やはり気になりました。

余談ですが檀ふみさん(本名)と、女優の檀れいさんとは血縁等はありません。姉妹かと勘違いされることもありますが無関係ーー。

***

花燃ゆ』に出演された時なにかのインタビューで、(テレビやドラマ等に)あまり出ませんから・・とさらっと言っていた感じが印象的でした。どこか達観している空気に、品性を感じさせてくれる女優さんです。

檀一雄さんと開業医の娘だった妻の律子さんとの間に生まれたのが兄の檀太郎さん。檀ふみさんは後妻に入られたヨソ子さんとの間に生まれました。

2016年5月30日に『徹子の部屋』に出演したときには、母のヨソ子さんを看取ったときの思い出を語られました。ヨソ子さんは自分のことをふみさんより、美人だと思っていたとか・・・

いずれ逸話の多い家系の方です。

***

簡単ですが檀ふみさんの出身校について、でした。

-慶應大学
-, ,

執筆者:

関連記事

竹内まりやさんの出身大学と出身高校

Contents1 旅館の娘だった竹内まりあさんの経歴、娘さんも注目されます2 竹内まりやさんの出身高校は島根県立大社高等学校3 竹内まりやさんの出身地出雲市と出身小学校、出身中学校4 竹内まりやさん …

河野太郎さんの出身大学と出身高校

Contents1 河野太郎氏は慶應義塾に入学して2ヶ月で退学、渡米2 河野太郎さんの出身高校は慶應義塾高校(中等部にも)3 出身地平塚市と出身小学校4 アメリカ滞在とジョージタウン大学5 河野太郎氏 …

古川雄輝さんの出身大学と出身高校

Contents1 カナダとアメリカで育ち、アジアで広く人気の俳優2 古川雄輝さんの出身高校は慶應義塾ニューヨーク学院3 古川雄輝さんの出身大学は慶應義塾大学 カナダとアメリカで育ち、アジアで広く人気 …

池井戸潤さんの出身大学と出身高校

Contents1 「半沢直樹」の池井戸潤!自ら花の銀行員だった2 池井戸潤さんの出身高校は県立加茂高等学校3 池井戸潤さんの出身地、岐阜県八百津町(やおつちょう)と出身小・中学校4 池井戸潤さん出身 …

たかまつななさんの出身大学と出身高校

Contents1 笑下村塾の創業者、たかまつななさん2 たかまつななさんの出身高校はフェリス女学院中学校・高等学校3 出身地横浜と、たかまつななさんの出身小学校4 出身大学は慶應義塾大学(大学院)と …


当サイトでご案内している略歴は諸情報からのまとめであり、公式発表ではありません。また、略歴中の(推定)は特に公表はされていないけれど、計算上では推定されるという当サイトの年譜です。さらに肩書や所属等は記事作成時のもので、その後変わっている場合があります。どうぞご了承ください。



カテゴリーは便宜上、国立、私立と並んでいます。順不同。高校については一部のみカテゴリー分けしています。