出身大学

出身大学はランキングされたり、年収との関わりや、社長数が多い大学は?等々話題になります。芸能人や著名人の出身大学、出身高校はどちらか。大学情報、高校情報も併せてご案内しています。

*

松田亘哲投手は名古屋大学経済学部出身で、中日育成1位指名

   

松田亘哲(まつだひろあき)選手が2019年ドラフトで、中日から育成一位で指名され、話題となりました。松田選手は、名古屋大学の経済学部4年。

旧帝大からプロ野球・・と注目されます。しかも高校野球で活躍した等の経歴でなく、いきなり大学の野球で力を発揮し、育成とはいえプロへの道を拓いたというのは、かなり画期的です。

 

松田亘哲投手は、地元愛知県の岩倉市の出身で、地元の岩倉北小学校、岩倉中学校を経て、県立の江南高校に進学しました。

江南高校でなんと「バレー部」という異色の経歴。しかも進学先は旧帝大の名古屋大学・・

愛知県立江南高等学校 ⇒ 名古屋大学

高校でバレー部、大学で野球部ということですが、松田選手はそれま野球経験がなかったわけではありません。小学校時代も野球はやっており、中学時代は、小牧ジュニアハイスクールベースボールクラブという軟式野球のクラブに所属していました。

 

松田亘哲(まつだひろあき)

生まれ:1997年5月6日
出身:愛知県岩倉市
2010年:岩倉私立岩倉中学校入学(軟式のベースボールクラブ所属)
2013年:愛知県立江南高校入学(バレー部所属)
2016年:名古屋大学入学(硬式野球部所属)
2019年:中日育成1位で指名される
2020年:大学卒業、プロへ(予定)

 

松田選手がプロへの道を進んだことは、たいへん明るいニュースでした。

名古屋大学のノーベル賞受賞者が喜びを語った豊田講堂にて会見した時は、野球部関係者はもちろんのこと、大学関係者も喜びに包まれました。

「これまで考えてやってきたので、これからも考えてやっていきたい」。

魅力は未知数の伸びしろ。中学時代は150センチだった身長が高校で160センチ、大学で176センチに伸びるなど体の成長は遅かった。球速も大学1年で120キロだったが2年で140キロ、4年では148キロに。

高校時代は117キロしか出なかった中日・又吉をほうふつとさせる。

(中日スポーツ 10月17日)

 

 

 

 

 

出身大学は名古屋大学、出身高校は県立江南高校

 

松田亘哲選手の出身高校、愛知県立江南高校は、愛知県内でも偏差値の高い(62)公立高校の一つです。所在地は愛知県江南市北野町川石25-2

 

開校が1980年(昭和55年)と、比較的新しい高校で、共学。

 

名古屋大学では、上記のように松田選手は、経済学部でした。

高校時代に160センチだったのが大学時代に176センチとは、体の成長自体も遅いほうと言えそうです。しかし、なんと言っても素晴らしいのは、その能力を開花させたことでしょう。

 

 

 

大学4年となり、クラスメイトが就職を決める中で、松田選手は、指名されなかれば独立リーグに進んででも、プロの道を決意していたそうです。

松田選手は現在、「最速148キロ左腕」として期待されています。

東大出身のプロ野球選手は、これまでに6人いるそうですが。それに続いて、京大から一人、そして旧帝大としては3校目になる名古屋大。さらに、名古屋大学からは初めてのプロ野球選手の誕生です。

 

 

名古屋大学は、伝統ある歴史から、多数の研究者、政治家などを輩出してきましたが、プロのスポーツ選手は、異彩を放っています。

 

 

名古屋大学出身のマラソン選手:鈴木亜由子さんも、2020年のオリンピック代表に内定していますので、名古屋大学もスポーツ面でも脚光を浴びる・・という新たな側面が出てきたようです。

 

 - 名古屋大学 , ,