出身大学

出身大学はランキングされたり、年収との関わりや、社長数が多い大学は?等々話題になります。芸能人や著名人の出身大学、出身高校はどちらか。大学情報、高校情報も併せてご案内しています。

*

秋元克広市長は北海道大学の出身で公約は?

   

秋元克広(あきもとかつひろ)札幌市長は、2015年から札幌市長に就任し、現在2期目となっています。2020年の東京オリンピックのマラソンが、当初の予定の東京でなく、札幌開催となる可能性が高まった中、にわかに札幌市も注目されています。

秋元克広市長と札幌ドームの関係も、日本ハムの拠点移転を巡って、注視されました。

公約は、2期目の今期になって福祉政策重視という見方もあり、いずれの立場からしても、議論を呼ぶところと言えそう。

 

 

秋元市長は、北海道(夕張市)の出身で、地元の夕張北高校から、北大に進学しました。

北海道夕張北高等学校 ⇒ 北海道大学

夕張北高等学校は当時の名称で、現在は夕張高校になっています。北大では法学部でした。

大学を出てから知事になるまでの経緯は、とてもシンプルというか卒業後、札幌市役所にて職務についてきたことに尽き、市長選の前年に退職しました。

 

 

秋元克広(あきもとかつひろ)

生まれ:1956年2月2日
出身:北海道夕張市
1971年:(推定)夕張北高校入学
1974年?:(推定)北海道大学入学
1979年:札幌市役所入庁(北区窓口課、広報課などに勤務)
2005年:市民まちづくり局企画部長
2008年:南区町
2012年:副市長
2015年:札幌市長当選
2019年:札幌仕様二期目当選

 

公式サイトのプロフィールには意外な一面が書かれていました。

飄々とした学生で、みんなで集まる時にはいろいろ笑わせようとするタイプでした。

就職が決まった時には、ゼミの指導教授にすごく驚かれました。真顔で、「きみはお笑いの道に進むんだとばかり思っていた」と言われましたね(笑)

一見、固そうに見えるけれど、話してみると印象が違うのだそうです。

 

 

出身大学は北海道大学、出身高校は夕張北高校(夕張高校)

 

上記のように、夕張北高校は現在統合されて、名称も夕張高校となっています。夕張北高校は1994年に閉校しました。

開校は1939年で、当時は夕張中学校でした。

北海道夕張市南清水沢3丁目49にある現在の夕張高校は、過去の名称は東高校、南高校など、何度も変更されてきました。

 

 

秋元克広札幌市長が北大に進学した時期は、細かいことで恐縮ですが詳細は不明。いずれ、高校卒業から5年後に卒業して札幌市役所に入っています。

北海道大学は、言わずとしれた帝国大学の一つ。ポプラ並木、クラーク博士などのイメージと共に広く知られています。

 

ご存知、碁盤の目の札幌市街ですが、北海道大学の敷地はそのど真ん中に、広々と広がっています。

 

中島みゆきさんの出身校、藤女子大学も道を挟んですぐの場所にあります。個人的には「店の名はライフ」のライフはどこにあったか、気になりますが・・

 

秋元市長は公式サイトによると、民間企業に就職しようと思っていたから学生時代に商法、経済法のゼミに所属していたそうです。市役所は友人に誘われて受験したとのこと。
そして様々な部署で職務を体験してからの、市長選出馬でした。

 

最初の選挙で、秋元克広市長は当時の民主党、維新の党、新党大地などから推薦を受けました。一方で自由民主党の橋本聖子議員や森喜朗元首相らからも支持を受けています。

いずれ、所属としては無所属。

 

 

日本ハムの拠点移動に関しては、市長の対応が悪かったとか無能という言葉も頻出しました。実際のところはよく分かりません。

 

ちなみに、未だ結論の出ていない2020東京オリンピックのマラソン開催地について、橋本聖子議員は札幌開催に前向きという情報もあり、それはそれで当然なのか、まだまだ今後の展開が分からない只中です。

対抗して?東京都はマラソン深夜3時スタートを主張という説もあります。

 

*当サイトでは、政治家の方について、支持・不支持等の意図はありません。

 - 北海道大学(北大) ,