出身大学

出身大学はランキングされたり、年収との関わりや、社長数が多い大学は?等々話題になります。芸能人や著名人の出身大学、出身高校はどちらか。大学情報、高校情報も併せてご案内しています。

大学に進学せず

宮本信子さんの出身大学と出身高校

宮本信子さん、夫は伊丹十三氏、長男は池内万作氏

宮本信子さんは1945年生まれのベテラン女優さん。年齢は?と気にされる方のお一人です。

2020年現在で75歳になられており、今さら出身校の話でもないのですが、愛知の私立高校を卒業後、女優になり、現在まで活躍しています。

MHKの朝ドラでいうと、2013年の『あまちゃん』でナツさんだった宮本さんが、2017年の『ひよっこ』ですずふり亭の鈴子さんとして活躍しました。

生まれは北海道の小樽。

4歳から名古屋で育ち、名古屋の愛知淑徳高等学校を卒業し、親族の千秋実氏(俳優)を頼って上京し、文学座研究所を経て劇団青俳に入っています。脇役が中心だったのを、伊丹十三氏が、ならば主役にした映画を自分が作ろうと「お葬式」などのヒロインに続々としたとのこと。

愛知淑徳高等学校 ⇒ 進学せず

宮本信子(みやもと のぶこ・本名:池内信子)

生まれ:1945年3月27日
出身:北海道小樽市
1949年:4歳で名古屋に移る

1957年:(推定)中学入学
1960年:(推定)高校入学
1963年:愛知淑徳高校を卒業し上京
1964年:劇団青俳
1969年:伊丹十三氏と結婚
1984年:『お葬式』(伊丹十三監督)主演

1987年:「マルサの女」板倉亮子役
1992年:『ミンボーの女』井上まひる 役
1996年:『スーパーの女』井上花子役
1997年:夫の伊丹十三氏が突然亡くなる
2002年:『まんてん』花山百合子役
2005年:『Jazz in Tokyo Live@Toranomon Nobuko Miyamoto』リリース
2007年:『眉山-びざん-』、『どんど晴れ』加賀美環役
2013年:『あまちゃん』天野夏役
2014年:『私という運命について』佐藤佐智子役、紫綬褒章受章
2016年:『坊っちゃん』清役
2017年:『ひよっこ』牧野鈴子役

2020年:『STAND BY ME ドラえもん 2』のび太のおばあちゃん 役
その他出演多数

*略歴は当サイト独自のまとめであり、公式発表ではありません。

夫の伊丹十三については、短く述べようのないマルチ才能の俳優で映画監督でした。伊丹十三さんを記念する伊丹十三記念館の理事の一人でもあります。

夫の伊丹さんの死(原因について不可解な点ありともされる)のあと、しばらく映画館にも入れなかったという宮本さんですが、『眉山-びざん』で10年ぶりに映画に出演しました。

宮本信子さんの息子が俳優の池内万作さん。池内万作さんはアメリカの高校を卒業して更にロンドンで脚本を学んで俳優となっています。

宮本信子さんの出身高校は愛知淑徳高等学校

宮本信子さんの進学した愛知淑徳高等学校は、「愛知淑徳学園」が運営する私立の中高一貫の女子校で、千葉にある淑徳大学等とは関係がありません。愛知淑徳大学の系列校になります。

現在は完全に中高一貫のみの入学。 1959年から現在の場所になったので、宮本信子さんはこちらに通っていたと思われます。

愛知淑徳高等学校

所在地:愛知県名古屋市千種区桜が丘23

愛知淑徳大学のサイト「学長室のお客様」というコーナーで、名古屋の中日劇場で舞台劇「あげまん」が興行されたとき、宮本信子さんが挨拶に来られたことが記されていました。学長は宮本さんを強さと優しさを兼ね備える淑徳魂を持つ女性として、讃えていました。

***

愛知淑徳高等学校の出身者には、日本の女性洋画家の代表的存在といえる三岸節子さんやシンガーソングライターの八神純子さんらがいます。

宮本信子さんが高校を卒業した1963年とはどんな年かというと、東京オリンピックの開催が1964年。「ひよっこ」ではその翌年にみね子たちが就職で上京していました(1965年)。まさにそんな時代でした。

宮本信子さんの育った地、名古屋と出身中学校

宮本さんは北海道で生まれ、4歳から名古屋に移ったわけですが、小さいときのこと(出身校など)はあまり知られていません。

しかし5歳で日舞の発表で舞台に立ち、その時の感動が残った様子。また、大きくなったら歌手かCA(当時はスチュアーデス)になりたいと憧れていた可愛い少女だったようです。

昔のことでもあり、宮本信子さんの出身中学や小学校などのことは分かっていません。

宮本信子さんの出身大学はなし

宮本さんが上京されたころの東京は、上記のように、ひよっこでの<みね子たちの東京>とほぼ重なると思ってもいいのではないでしょうか。東京オリンピックを機に、日本が大きく動いていた時代でもあります。

あの時代に役者を目指していたのは、まさにドラマの中の時子のようです。

先述のように宮本さんは親族の千秋実さんを頼って東京に来て以来、女優を目指してきましたので、大学には進んでいません。

また、伊丹十三さんと結婚してから13年ほどは女優を止めていた時期がありました。上の項目の1969年に伊丹十三さんと結婚し、1984年も『お葬式』で主演という、その経緯です。

そして伊丹市氏が逝去されたあと10年を経過した出演した『眉山』の宮本さんは、潔く、強く、ハッとさせられる底知れない深さのあるような女性でした(@個人の感想)。

***

大好きな宮本さんです。「あまあちゃん」の時には春子(有村架純さん)だった娘と、「ひよっこ」では他人役だけど、仲良しになって良かったという感想も多いことでした。

宮本信子さんは、2020年にはどらえもんにて「のび太のおばあちゃん」としての登場に、流石〜という絶賛を浴びました。

貫禄も深みも尽きない人物、宮本信子さんの出身について、でした。

-大学に進学せず
-, ,

執筆者:

関連記事

神田沙也加さんの出身大学と出身高校

Contents1 著名人二世という宿命?2 神田沙也加さんの小学校、中学校時代3 神田沙也加さんの出身高校、最初は千代田女学園高校4 神田沙也加さんの出身高校は東海大望星高校5 神田沙也加さんの出身 …

志尊淳さんの出身大学と出身高校

Contents1 志尊淳(しそんじゅん)さんは本名が志尊さん2 志尊淳さんの出身高校は聖学院高校(その後退学)3 志尊さんは日出高校(通信制)に編入4 志尊淳さんの出身大学はなし(推定) 志尊淳(し …

河相我聞さんの出身大学と出身高校

Contents1 犯人役が多い?とは自虐でしょうか2 河相我聞さんの出身地、与野市(現さいたま市)と出身中学など3 河相我聞さん出身高校は日本芸術高等学園4 河相我聞さんの出身大学はなし 犯人役が多 …

竹内結子さんは新座北高校で多忙な芸能人生活

Contents1 高校に入る直前にスカウトされた竹内結子さん2 出身大学はなし、出身高校は新座北高校3 女優活動に専念した竹内結子さん 高校に入る直前にスカウトされた竹内結子さん 竹内結子さんは、高 …

芳根京子さんの出身大学と出身高校

Contents1 実力派の女優さんとなった芳根京子さん2 芳根京子さんの出身高校は東海大学付属望星高校3 芳根さんが最初に入学したのは都立深沢高校4 芳根さんの育った杉並区と出身小学校・出身中学校5 …


当サイトでご案内している略歴は諸情報からのまとめであり、公式発表ではありません。また、略歴中の(推定)は特に公表はされていないけれど、計算上では推定されるという当サイトの年譜です。さらに肩書や所属等は記事作成時のもので、その後変わっている場合があります。どうぞご了承ください。



カテゴリーは便宜上、国立、私立と並んでいます。順不同。高校については一部のみカテゴリー分けしています。