出身大学

出身大学はランキングされたり、年収との関わりや、社長数が多い大学は?等々話題になります。芸能人や著名人の出身大学、出身高校はどちらか。大学情報、高校情報も併せてご案内しています。

お茶の水女子大学

川上弘美さんはお茶大出身の芥川賞受賞作家

「蛇を踏む」で芥川賞受賞の川上弘美さん

川上弘美さんは芥川賞作家の一人で、芥川賞と、自身も受賞した谷崎潤一郎賞の選考委員なども務めています。東京生まれで都内の雙葉中学校・高等学校からお茶の水女子大学に進学し、学生時代から作品を発表してきました。

雙葉中学校・高等学校 ⇒ お茶の水女子大学

お茶大では理学部生物学科でした。後に田園調布雙葉中学校・高等学校で4年間、生物の教師になっています。

川上弘美(かわかみひろみ)

生まれ:1958年4月1日
出身:東京都

1968年:(推定)双葉小学校へ編入学

1970年:(推定)雙葉中学入学
1973年:(推定)雙葉高校入学(中学から内部進学)
1976年:(推定)お茶の水女子大学入学
1980年:お茶の水女子大学卒業、ニュー・ウェーブSF社に勤務
1982年:田園調布雙葉中学・高校の生物教員(〜1986年)
1994年:「神様」で第1回パスカル短篇文学新人賞受賞
1996年:「蛇を踏む」で第115回芥川龍之介賞受賞
2000年:『溺レる』で第11回伊藤整文学賞、第39回女流文学賞を受賞
2001年:『センセイの鞄』で第37回谷崎潤一郎賞受賞
2005年:『東京日記卵一個ぶんのお祝い。』(その後も継続中)
2006年:『真鶴』
2013年:『猫を拾いに』
2017年:『ぼくの死体をよろしくたのむ』

2020年:『三度目の恋』

その他著書等多数、多数

*略歴は当サイト独自のまとめであり、公式発表ではありません。

私生活では1986年までの高校教師生活の後に結婚し、2009年に離婚したそうです。

―― どうやって川上ワールドは作られているのですか? これからは何を書かれていかれますか?

川上 : 何すれば書けるのか、わかればいんですけど。沸いてくるのを待つ。机に向かって、寝そべったりして考えて、普通の光景の中で考えます。自転車に乗っている時とか不思議と歩いているときより集中できますね。周りの風景が流れて行っちゃうからですかね。

今後も、やっぱり人間を書きたいかな? わからないんでね、人間は。わからないから書いてみたいなって思いますね。今、小説新潮で書いているシリーズでは不実な男を書いています。不実な人間を書くのは初めての試みです。

(本の話、作家の読書道、http://www.webdoku.jp/rensai/sakka/michi07.html より)

(このインタビューは、2001年時点のものです)

川上弘美さんの書籍一覧 (アマゾンです)

川上弘美さん出身高校は雙葉高等学校

上記のように、「雙葉中学校・高等学校」にて中学時代、高校時代を過ごした川上弘美さんでした。

以前、誤情報で出身校を田園調布雙葉中学校・高等学校と記してしまいましたが間違いでした。川上弘美さんの出身校は雙葉中学校・高等学校です。ただし社会人として高校教師を務めたのは田園調布雙葉中学校・高等学校で、雙葉中学校・高等学校とは別法人ということです。田園調布のほうは野田聖子さんの出身校。

ところで、川上弘美さんは中学からでなく、小学校も途中から双葉小学校でした。

所在地:東京都千代田区六番町14−1

雙葉中学校・高等学校はよく知られる中学受験で高偏差値の中高一貫の女子校。高校受験はないので、原則的に中学から入学します。川上さんが小学校に途中から編入した時のインタビュー・・

雙葉には中学受験ではなく、小学5年生からの編入だったそうですね。

川上 公立小学校に通っていたのですが、4月1日生まれで、同級生の中で一番成長が遅かったこともあり、軽いいじめに遭いました。

それを心配した母の配慮で、数名しか募集していない雙葉小学校の編入試験を受けたのです。4教科の試験があったため、近所の私塾に通ったのですが、やや登校拒否気味だったこともあり、その塾を自分の居場所のように感じていました。

どのような中高時代を過ごされたのですか。

川上 のんきに楽しく過ごしてはいたのですが、これといって得意なことがない中高時代だったと思います。必修クラブはもちろん、同好会などにも参加していましたが、とくに部活に打ち込んだわけでもありません。

ただ、管理的な学校ではなく、落第するような成績さえ取らなければ、自分の責任において自由な活動が許されていたのはラッキーだったと思います。

(willナビ新中学生へのメッセージ:https://willnavi.jp/next_2020_east/p2-1.html より)

少々意外な、控えめなコメントにむしろ川上弘美さんの奥深さを感じました

同校の卒業生には女優のかたせ梨乃さん、お笑い芸人のいとうあさこさんらがいます。

川上弘美さんの出身大学はお茶の水女子大学(理学部)

川上弘美さんは大学では前述のように理学部の生物学科でした。生物の先生も体験しています。

所在地:東京都文京区大塚2−1−1

ところでお茶の水女子大学は、茗荷谷にあるのに(住所は大塚2丁目)なぜお茶の水かというと、現在、御茶ノ水駅近くにある東京医科歯科大学の場所にあったから。当時「東京高等歯科医学校」であった医科歯科大に場所を譲ったような形で移転しました。

お茶の水女子大学のキャンパスには、付属校となる小学校、中学校、高校がすべて、さらに幼稚園も同じ敷地内にあります。悠仁さまがお茶の水女子大学付属の幼稚園、小学校に入りましたが、それ以前からも各門の入り口では警備員さんが訪問者をチェックしています。

ちなみに、お茶大の卒業生の同窓会が「一般社団法人桜蔭会」ですが、桜蔭会が女子の学校を設立したのが現在の桜蔭中学校・高等学校で、ご存知のが御三家と言われる進学校です。(桜蔭高校は著名校。2017年ころには出身の豊田真由子元議員などが話題になりました。)

川上弘美

川上弘美さんの話とズレてしまいました。川上弘美さんはお茶大時代にはSF研究会に所属しており、在学中に『季刊NW-SF』に投稿し、編集者としても参加し、そのまま勤務することになりました。ただし『季刊NW-SF』が第18号で休刊した時に、生物の先生に・・

そして退職し、結婚と出産を経て、1994年の「神様」に至ります。

小説の素養はいつから?と思ってしまうのですが、上記のインタビューにこんな箇所がありました。

(中略)でも、一度だけ小説を書いたことがあるんです。当時の雙葉高校の修学旅行は京都・奈良で、1週間びっしりお寺を巡り感想文を書くことになっていたのですが、感想文を書くの嫌さに代わりに小説を書いたのです。

(中略)という史実から想像を膨らませ、技芸天を作り直した仏師三代の話を。ところが先生は、私とは名指ししないものの、みんなの前で「小説を書いて来た生徒がいて、これがまたつまらなくてねえ」と。心が折れ、何年か立ち直れませんでした(笑)。

(同上より)

それはちょっと心の痛いエピソードでしたが、しかし、言うまでもなく立派に芥川賞作家です。中学生家族への記事のようですが、等身大というのでしょうか、気負いのない受け答えが印象的。

「センセイの鞄」がやはり有名で、映画化された小泉今日子さんの動画はアマゾンプライムで視聴(タイミングにより変化あり)できます。個人的には『真鶴』の静かな抑えた空気が好きでした。

-お茶の水女子大学
-,

執筆者:

関連記事

池田伸子アナウンサーはお茶の水女子大出身でかわいい

Contents1 池田伸子アナウンサーは結婚している!2 池田伸子さんの出身高校は新潟県立国際情報高等学校3 池田伸子さんの出身大学はお茶の水女子大学 池田伸子アナウンサーは結婚している! 池田伸子 …

加藤真輝子さんの出身大学と出身高校

Contents1 啄木も賢治も先輩!?加藤真輝子さん2 加藤真輝子さんの出身高校は盛岡第一高等学校3 加藤真輝子さんの出身大学はお茶の水女子大学 啄木も賢治も先輩!?加藤真輝子さん 加藤真輝子さんは …

中村仁美さんはお茶大出身のフリーアナウンサー

Contents1 フリーアナウンサーになった大竹一樹さんの奥さん、中村仁美さん2 中村仁美さんの出身高校は桐蔭学園高等学校3 中村仁美さんの出身大学はお茶の水女子大学 フリーアナウンサーになった大竹 …

柴門ふみさんはお茶の水女子大学出身の漫画家

Contents1 東京ラブストーリーの原作者、柴門ふみさん2 柴門ふみさんの出身高校は徳島市立高校3 柴門さんの出身地徳島と出身中学校4 柴門ふみさんの出身大学はお茶の水女子大学 東京ラブストーリー …

井上あさひさんはお茶大出身のNHKアナウンサー

Contents1 NHKのもはやベテランアナとなった井上あさひさん2 井上あさひさんの出身高校は「岡山」高校という私立高校3 井上あさひさんの出身大学はお茶の水女子大学 NHKのもはやベテランアナと …


当サイトでご案内している略歴は諸情報からのまとめであり、公式発表ではありません。また、略歴中の(推定)は特に公表はされていないけれど、計算上では推定されるという当サイトの年譜です。さらに肩書や所属等は記事作成時のもので、その後変わっている場合があります。どうぞご了承ください。