出身大学

出身大学はランキングされたり、年収との関わりや、社長数が多い大学は?等々話題になります。芸能人や著名人の出身大学、出身高校はどちらか。大学情報、高校情報も併せてご案内しています。

帝京大学

羽田美智子さんの出身大学と出身高校

女優業が長く、一方で羽田家の先祖の家業もオンラインで・・

羽田美智子さんは2017年には朝ドラの『ひよっこ』でヒロインの友人の母、助川君子さんを演じました。舞台となった茨城県の出身。ただし奥茨城村(架空)の北部に対して羽田さんの実家は常総市(もと水海道市)になります。

羽田さんは地元の県立高校(当時は女子校)を卒業し、帝京女子短期大学に入りました。

茨城県立水海道第二高等学校 ⇒ 帝京女子短期大学

帝京女子短期大学は現在「帝京大学短期大学」になっており、羽田さんの卒業した秘書課は「現代ビジネス学科」となっています。

高祖父、羽田甚藏氏の業績です。

羽田さんが2017年に出演していた『警視庁捜査一課9係season12』は渡瀬恒彦さんが急逝されたことでどうなるか心配されました。しかし渡瀬さんの代役なしで、しっかり続けました。

また羽田美智子さんの旦那さんは誰?というとユニークな活動で知られる広部俊明氏になります。お子さんはいません。⇒その後、離婚が発表されました。

羽田美智子(はだみちこ)

生まれ:    1968年9月24日
出身地:茨城県水海道市(現在の常総市)

1984年:(推定)高校入学
1987年:(推定)帝京女子短期大学入学
1988年:日本旅行のキャンペーンガールでデビュー
1989年:(推定)帝京女子短期大学卒業
1994年:『RAMPO』でエランドール賞新人賞、
1995年:『人でなしの恋』日本アカデミー賞優秀主演女優賞
1999〜2004年:『サラリーマン金太郎』中村真澄役
2003年〜 『おかしな刑事シリーズ』岡崎真実役
2006年〜『警視庁捜査一課9係シリーズ』小宮山志保役
2011年:広部俊明氏(水中カメラマン)と結婚(2017年に離婚)
2013年:『オバベン -京都ふたりの女弁護士シリーズ』富永優美子役
2017年:連続テレビ小説『ひよっこ』助川君子役
2019年:「この道」与謝野晶子役、「羽田甚商店」を始める。
2020年:「隕石家族」主演
その他出演多数、

*略歴は当サイト独自のまとめであり、公式発表ではありません。

元ご主人の広部俊明(ヒロベトシアキ)氏は「水中探検家」として知られる人物。沖縄県の恩納村に在住とのことで、一時は羽田美智子さんも「沖縄にも家ができました」と言っていました。

また羽田美智子さんの実家はタバコ屋さんをやっていたと、2015年のNHKの『ファミリーヒストリー』でも紹介されていました。タイトルは「羽田美智子〜文化財を建てた宮大工 祖父の戦死の真相〜 」でした。羽田甚商店というタバコ屋さんは、店の前にポストがあります。

上記のように水海道小学校本館は羽田美智子さんの高祖父である羽田甚藏氏が設計されました。

地元の商店として情報は出てきますが2014年にお店を辞めたそうですから、静かな佇まいのお店ですが(茨城県常総市水海道本町2596)訪ねたりはできません。

羽田美智子さんの出身高校は水海道二高

上記のように茨城県立の地元の公立高校、水海道第二高校に羽田美智子さんは進学し、卒業しています。

現在は共学ですが、当時の地元では男子校と女子校が別れている傾向にあり、ふつうに女子の入る地元の公立女子高校に進んだということでしょう。

水海道第二高等学校

所在地:茨城県常総市水海道橋本町3549−4

短大の時代にデビューした羽田美智子さんは、高校生活では特に芸能の活動はないと思われます。ただ、上記のような「ファミリーの」歴史があり、地元のお嬢さん的な傾向はあったかもしれません。

出身地水海道市と羽田さんの出身小・中学校

出身地はこのように、茨城県の水海道市で、現在は常総市となっています。常総市を縦に割るような形で鬼怒川が流れています。鬼怒川が氾濫したのが2015年9月のことでした。

さらに羽田美智子さん自身のブログにて、かつての母校を訪ねた時のことが記されていました。2017年2月の日記ですが、その時の神達(かんだつ)常総市長が同級生 だったとのこと。

さらに母校のPTA会長の太田垣氏も同級生という、ほのぼのとした地元の記録でした。この時、常総市が水害に遭ったときから一年半ということへの感慨も述べられていました。

***

ということで、羽田美智子さんの出身小・中学校は常総市(当時水海道市)の水海道小学校と水海道中学校だったことが分かっています。

出身小学校:常総市立水海道小学校

所在地:茨城県常総市水海道天満町2516−1

***

出身中学校:常総市立水海道中学校

所在地:茨城県常総市小山戸町61

小学校は、関東鉄道常総線の水海道駅に近く、中学校は北水海道駅のさらに北側となっています。

羽田美智子さん出身大学は帝京大学短期大学

羽田美智子さんが大学生になった当時は1987年。

かつては短大は◎◎女子短大という名称が一般的でした。ちなみに羽田さんの卒業した帝京女子短期大学から1998年に名前を変えた帝京大学短期大学の設置者は帝京大学です。

名称変更とともに男女共学となりました。

羽田美智子

間違われそうな名前の「帝京短期大学」が渋谷にあり、こちらの設置者は学校法人冲永学園になります。

帝京女子短期大学は、1965年に板橋区に作られました。現在のキャンパスは八王子になります。同じキャンパスに帝京大学幼稚園と帝京大学小学校が見えています。

帝京大学短期大学

所在地:東京都八王子市大塚359

羽田さんは、短大在学中だった1988年に、日本旅行のキャンペーンガールに選ばれたことが、女優へのスタートとなりました。多忙だったと思われますが、現代ビジネス学科を卒業しました。

学生時代は割とゆったりと暮らしたというコメントがあります。

高校卒業後、私は短大に入るため上京しました。二人の兄も東京の大学に進学したので上京していましたが、上の兄は私とほぼ入れ違いで実家に戻りました。
そのため、私は二番目の兄と一緒に東京で暮らし始めました。初めて実家を離れましたが、兄がいたので、淋しさや不安はまったくありませんでした。
最初に暮らしたのは新宿から電車で20分くらいの場所でしたが、目の前に畑がいっぱい広がっていました。故郷の茨城とさほど変わらない風景だったので、憧れていた東京暮らしとはちょっと違うなぁ、なんて思いましたね(笑)。

(https://www.stepon.co.jp/interview/vol_55/ より)

***

羽田美智子さんは、連続ドラマ『ひよっこ』のなかで茨城出身なので、茨城弁がネイティブと言われたりしましたが、同じ県でも北部と南西部ではかなり違うようです。概して南に行くほどなまりは軽くなるという説を聞きました。

インタビューで羽田さんは「私も言語指導されています」と語っている記事がありました。

女優の羽田美智子(49)が、夫で水中探検家の広部俊明氏(52)と離婚していたことが9日、明らかになった。

羽田と広部氏はこの日、それぞれのブログに連名の文書を掲載。「私たちは、昨年中に離婚という道を選び、お互いに新しい人生をスタートすることになりました」と報告した。

(羽田美智子の離婚が1年間もバレなかった“特異な関係”2018年3月10日東スポより)

また、女優業とは別に2019年に「羽田甚商店」を始めました。これはオンラインショップながら、羽田家の祖先たちの家業を受け継いだような形になります。

***

以上、簡単ですが、羽田美智子さんの出身校についてでした。

-帝京大学
-, ,

執筆者:

関連記事

ともさかりえさんの出身大学と出身高校

Contents1 中堅世代となった、ともさかりえさん2 ともさかりえさんの出身高校は堀越高等学校3 『金田一少年の事件簿』の頃から始まった苦悩4 ともさかさんの出身小学校・中学校5 ともさかりえさん …

山口紗弥加さんの出身大学と出身高校

Contents1 名バイプレーヤーから主演へ、山口紗弥加さん2 福岡の中学生が東京へ仕事に(出身中学校)3 山口紗弥加さんの出身高校は堀越高校4 山口紗弥加さんの出身大学は帝京大学 名バイプレーヤー …


当サイトでご案内している略歴は諸情報からのまとめであり、公式発表ではありません。また、略歴中の(推定)は特に公表はされていないけれど、計算上では推定されるという当サイトの年譜です。さらに肩書や所属等は記事作成時のもので、その後変わっている場合があります。どうぞご了承ください。



カテゴリーは便宜上、国立、私立と並んでいます。順不同。高校については一部のみカテゴリー分けしています。