出身大学

出身大学はランキングされたり、年収との関わりや、社長数が多い大学は?等々話題になります。芸能人や著名人の出身大学、出身高校はどちらか。大学情報、高校情報も併せてご案内しています。

立命館大学

小林綾子さんは立命館大学出身で世界の「おしん」

小林綾子さんと言えば「おしん」。

とは、ストレートですが、テレビドラマ史上最高の視聴率を記録した「おしん」の少女時代、あの顔が当時10歳の小林綾子さんでした。

2019年の連続テレビ小説「なつぞら」に山田タミさんとして登場し、あらためて脚光を浴びています。以前から小林さんの名前に「現在」と検索用語が出てくるのは「あの少女はいまどうしているの?」と多くの国民から思われてきた証左でしょう。

小林綾子さんは東京都の出身で、子供ころからバレーの習い事をきっかけに、子役を演じることになりました。その後68カ国で放送されることになった「おしん」ですが、意外にも小林さん自身は、ずっと女優を目指していたわけでもないそうです。

都内の大泉高校に入学し、大学は立命館大学の文学部英文科に進学しました。

東京都立大泉高等学校 ⇒ 立命館大学

 

英語はもともと好きで英語力を用いてCAになりたい、あるいは学校の先生になりたいと希望する時期もありました。しかし、やはり…と思いを新たに、女優業を貫いてきました。

主役等はないようですが、地道に女優業を貫いてきてインタビューでは「私はこれからもずっと“おしん”だと思います」と答えていました。

 

――撮影当時、ここまでの国民的ドラマになると思っていましたか?

もちろん、思いもしませんでした。まさか36年が経った今でも、いろんなところで「おしん」の話をできるなんて……。私は当時10歳でしたが(中略)年配の方々からは、「大変だったねぇ」「寒かったでしょう」なんて、すごくいたわっていただきました(笑)。

 

――小林さん自身にとっては、「おしん」はどんな作品になっていますか?

宝物ですね。たぶん、私はこれからもずっと“おしん”だと思いますが、それは本当にありがたいこと。普遍的なテーマを持つ作品ですし、ずっと大事にしていきたいです。

「おしん」は、私の役者としてのベースでもあります。当時は「お芝居はいいからセリフを覚えてきてね」というスタッフさんの言葉を真に受けて、撮影が始まる前に6週分の台本を丸覚えしていて(笑)。

(https://www.nhk.or.jp/asadora/special/interview/08.html より)

 

 

小林綾子(こばやしあやこ)

生まれ:1972年8月11日
出身:東京都
1981年:「スローなブギにしてくれ」娘マリ役
1983年:「おしん」で谷村しん役
1988年:(推定)大泉高校入学
1991年:(推定)立教大学入学
1997年:土曜ワイド劇場終着駅シリーズ7
1999年:結婚(2010年に離婚)
2001〜 2005年:「街の医者・神山治郎」シリーズ安藤響子役
2007年:「テレサ・テン物語」テレサのマネージャー役
2009年:松本清張生誕100年「中央流沙」片山喜代役
2015年:「コウノドリ」 第6話佐野真理子役
2017年:「警視庁捜査一課9係」小川静子役
2019年:「なつぞら」山田タミ役
その他出演等多数

 

 

 

 

 

ご存知のようにおしんは、小林綾子さんから田中裕子さんになります。泉ピン子さんの当時の姿も、新鮮な気がいたします。

 

出身大学は立命館大学、出身高校は都立大泉高校

 

東京都立大泉高等学校が現在名になったのは1950年のこと。旧制中学時代の名称は都立大泉中学校で、設立は1941年で東京府立第二十中学校でした。

 

アクセスは西武池袋線の大泉学園駅から向かいます。

出身者の政治家では厚生労働大臣の加藤勝信さん、大臣を歴任した亀井静香さんらがいます。

またジャーナリストの池上彰氏も大泉高校出身です。現代美術家の大竹伸朗さんも。

 

所在地は東京都練馬区東大泉五丁目3番1号

 

「おしん」で先にセリフを全部覚えてしまうような小林綾子さんは、成績も優秀だったことでしょう。立命館大学に進み、英文科を卒業。

立命館大学は言うまでもなく関西の主要私立大学の一つ。

経緯により、立命館大学は京都法政学校が設立された1900年を創立としています。その前に1869年に私塾立命館が開かれましたが、その年は創始年とされます。

キャンパスは、朱雀キャンパスの他に、衣笠キャンパス、茨木市の大阪いばらきキャンパス、滋賀県草津市のびわこ・くさつキャンパスなどがあります。

 

立命館大学の出身者には、立憲民主党の山花郁夫氏や、マレーシアのマハティール首相らがいます。

また、ドラマ「まんぷく」のモデルとなった日清食品の安藤百福名誉会長も出身者で、立命館の名誉館友となっています。

 

また脚本家の井上由美子さん、俳優で大蔵流狂言師の茂山逸平さんや、俳優の 段田安則さん、長門裕之さんら、ナインティナインの岡村隆史さんも、立命館出身。 また多くのスポーツ選手も生み出しています。

 

子役に小林さんが選ばれたのは、人間力のようなものという当時の制作幹部のインタビューを読みました。現在の小林綾子さんも、奢らず気取らず淡々と素敵に女優業をこなしているようで、素敵です。

 

「なつぞら」は北海道も、東京も舞台となりますが、北海道の広大な風景がこれからも楽しみです。

 

-立命館大学
-, ,

執筆者:


当サイトの略歴は諸情報からのまとめであり、公式発表ではありません。(推定)は特に公表はされていないけれど、計算上では推定されるという当サイトの年譜です。また肩書や所属等は記事作成時のもので、その後変わっている場合があります。どうぞご了承ください。