出身大学

出身大学はランキングされたり、年収との関わりや、社長数が多い大学は?等々話題になります。芸能人や著名人の出身大学、出身高校はどちらか。大学情報、高校情報も併せてご案内しています。

その他の教育機関等

小日向文世さんは東京写真専門学校出身で俳優に・・

小日向文世さんは、現在、ありとあらゆる(?)番組でお見かけする味わい深い役者さん。しかし意外にも活躍は2000年代になってから、40代後半からでした。

北海道の出身で、地元の北海道三笠高等学校を卒業してから、都内でデザインの専門学校に通い、しかしスキーに行っての怪我をきっかけに、写真学科に編入しました。そこが現在の専門学校東京ビジュアルアーツになります。

北海道三笠高等学校 ⇒ 東京写真専門学校(現・専門学校東京ビジュアルアーツ)

 

役者を目指したのは、東京写真専門学校を卒業してからです。簡単には道が開けず、初めは中村雅俊さんの付き人を務めていました。

出身の三笠市は北海道の空知地方南部にあり、「かつて炭鉱で栄えていた」、「メロンの産地」ということでは夕張が有名ですが、同じような変遷をたどった市で、現在は人口1万くらいになっています。

 

 入退院を3回くり返すほどの重傷で、その後の2年間を棒に振ることになっちゃったんです。

今思うと、「お前はデザイナーに向いてないから別の道に行け」っていう神様の導きだったんじゃないかと思うけど、それにしても強引な導きだよね。

とにかく、デザインをもう一度1年生からやりなおす気はもうなくて、写真学科に編入することにしたんです。だけど(中略)

被写体になるにはどうすればいいか…と考えて、「演劇しかない」ってなるんです 。

(演劇ライフ  https://web.archive.org/web/20091106224602/http://interview.engekilife.com/86/より)

 

大変細かいことですが、小日向さんが上京してデザインを学んだ後、同じ学校で編入して科を変えたのか、他の学校に入り直したのかは、資料にも2通りあって、確かなことは分かりません。

 

小日向文世(こひなたふみよ)

生まれ:1954年1月23日
出身:北海道三笠市
1969年:(推定)北海道三笠高校入学
1972年:(推定)専門学校入学(デザイン科)
1977年:串田和美主宰の「オンシアター自由劇場」に入団
1996年:「オンシアター自由劇場」の解散、吉田日出子の相手役を務める
2001年:フジテレビ『HERO』でメインキャスト
2003年:「木更津キャッツアイ」田渕公助
2004年:『銀のエンゼル』主演
2005年:『ALWAYS 三丁目の夕日』川渕康成
2007年:「それでもボクはやってない」室山省吾
2008年:『あしたの、喜多善男 – 世界一不運な男の奇跡の11日間 -』主演
2009年:「重力ピエロ」奥野正志
2012年:『ダブルフェイス』 潜入捜査編、 織田大成
2015年:『まれ』池畑大悟
2016年:『真田丸』豊臣秀吉役
2018年:『祈りの幕が下りる時』浅居忠雄
2019年:『コンフィデンスマンJP』リチャード 役
その他出演多数

 

 

 

 

 

 

出身は専門学校東京ビジュアルアーツ、出身高校は北海道三笠高等学校

 

北海道三笠高等学校は、1945年に開校した北海道立の三笠高等学校でしたが、2012年に閉校して4月からは、道立でなく、市立の「北海道三笠高等学校」としてスタートしました。

現在は、普通科でなく食物調理科が設置されています。

小日向さんが通った頃はもちろん道立の高校でした。

高校時代は美術部で絵を描いていたとのこと。もともと表現者のようです。

 

三笠高校がどこにあるかという前に、三笠市は上記のように北海道の空知地方にあります。

 

 

出身者には小日向文世さんの他に、声優のキートン山田さんがいます。

 

専門学校東京ビジュアルアーツは、1964年の開校当時は東京写真専門学校でした。ちなみに、東京工芸大学も、かつて(1926~1944年)東京写真専門学校という名称だったことがあります。

 

現在、専門学校東京ビジュアルアーツは東京都千代田区四番町11にあります。

 

 

出身者には、写真家の黒須みゆきさん、映画監督の深川栄洋さんらがいます。

 

小日向さんは、個人的には『ALWAYS 三丁目の夕日』に出演していた時が印象的でした。

いわゆる売れない時期には苦労されたようで、劇団解散のあと、借金生活だったそうですが、不安を感じることなく、いつか仕事は来ると思いこんでいたとのこと。

 

今いる場所を好きになることって、すごく重要なことなんですよ。さっき、好きなことで食っていけたら最高だという話をしましたが、そのために必要なことを挙げるとするなら、「自分のいる場所を好きになる努力をすること」だと思います。

(https://next.rikunabi.com/proron/1445/proron_1445.html より)

 

2019年の5月現在65歳の小日向さんは、貫禄ももちろんたっぷりですが、年齢よりも若々しいオーラが漂っているように見えて素敵です。

 

お子さんの小日向星一(こひなたせいいち)さんも、俳優をしています。星一さんは明治大学経済学部を卒業しました。

 

 

-その他の教育機関等

執筆者:

関連記事

河野太郎さんの出身大学と出身高校

河野太郎さんは2020年5月末現在、防衛大臣で8期めの衆議院議員です。自民党総裁ながら総理大臣にならなかった河野洋平氏の長男であり、実業家の初代伊藤忠兵衛から数えると玄孫である等、多彩な血筋を持ちます …

矢本悠馬さんの出身大学と出身高校

矢本悠馬さんは朝ドラはじめ各種のドラマで活躍中です。子役に抜擢されたことから芸能生活が始まったものの、その後の出演はあまり知られていませんでした。しかし2011年に「大人計画」に参加してからの活躍が目 …

鈴木貴子さんの出身大学と出身高校

鈴木貴子さんは現在自民党に所属する衆議院議員です。ズバリ鈴木宗男氏の長女というほうが分かりやすいでしょうか。北海道の帯広市の出身で、地元の北海道教育大学附属釧路小学校を経て、中学校は都内の青山中学校。 …

松本穂香さんの出身大学と出身高校

松本穂香さんは現在、朝ドラの『ひよっこ』で青天目澄子役で注目される20歳。第4週から出演しています。 なので、この項目を作りながら恐れ入りますが出身大学等々の年齢ではありません。それにしてももはや著名 …

志村けんさんの出身大学と出身高校

志村けんさん。言うまでもなくお笑い界のトップとなって活躍中です。子供の頃からお笑いの世界に憧れ、高校時代にザ・ドリフターズの付き人となりました。地元の東村山市に育って、都立の久留米高校に第一期性として …


当サイトでご案内している略歴は諸情報からのまとめであり、公式発表ではありません。また、略歴中の(推定)は特に公表はされていないけれど、計算上では推定されるという当サイトの年譜です。さらに肩書や所属等は記事作成時のもので、その後変わっている場合があります。どうぞご了承ください。