出身大学

出身大学はランキングされたり、年収との関わりや、社長数が多い大学は?等々話題になります。芸能人や著名人の出身大学、出身高校はどちらか。大学情報、高校情報も併せてご案内しています。

その他の教育機関等

鈴木貴子さんの出身大学と出身高校、高校以降はカナダへ

鈴木宗男さんの娘、鈴木貴子さん

鈴木貴子さんの学歴と出身校についてご案内します。

鈴木貴子さんは2024年現在自民党に所属する衆議院議員です。ズバリ鈴木宗男氏の長女というほうが分かりやすいでしょうか。

北海道の帯広市の出身で、地元の北海道教育大学附属釧路小学校を経て、中学校は都内の青山中学校。

その後カナダのロックリッジ高等学校から同国のトレント大学に進学しました。

ロックリッジ高等学校(カナダ)⇒ トレント大学

ロックリッジ高等学校は、ブリティッシュコロンビア州にあります。トレント大学はオンタリオ州。詳細はのちほど。

新党大地代表の父の、いわゆる「鈴木宗男事件」は一言で要約し難い事件でした。

しかしいずれにしても、故中川一郎氏の秘書だった宗男氏は拓殖大学在学中から秘書を務め、自民党の衆議院議員になった人物。

その鈴木宗男氏が公民権停止中で立候補できなかった時に、新党大地公認で出馬したのが鈴木貴子さんの政治家へのスタートになります。

鈴木貴子(すずきたかこ)

生まれ:1986年1月5日
出身地:帯広市

1992年:(推定)小学校入学、6歳
1998年:(推定)青山中学校入学、12歳
2001年:東京都の青山中学校を卒業、15歳
2004年:ロックリッジ高校卒業、18歳
2008年:6月、トレント大学卒業、22歳

2009年:NHKに入局し長野放送局でディレクター、23歳
2012年:第46回衆議院議員総選挙で北海道7区から出馬し落選(新党大地)
2013年:石川知裕元氏が議院議員を辞職し、繰り上げ当選、27歳


2014年:第47回衆議院議員総選挙で出馬、比例北海道ブロックで復活し再選、28歳
2016年:日本共産党と共同歩調を取る民主党を批判し離党届(除籍処分) カメラマンの男性(小学校の同級生)と結婚、30歳
2017年:9月第一子を出産、自由民主党に入党届、31歳

2018年:第4次安倍改造内閣にて防衛大臣政務官に就任。
2019年:自由民主党副幹事長に就任
2021年:第49回衆議院議員総選挙で当選、35歳

2024年:自民党青年局長就任、38歳

*略歴は当サイト独自のまとめであり、公式発表ではありません。略歴中の学校関係などに添えた年齢は、およそ誕生日を迎えた時点での「◯歳」を示しています。

鈴木貴子さんの出身高校はロックリッジ高校(カナダ)

鈴木貴子

カナダにあるロックリッジ高等学校は「5年制」ということで、鈴木貴子さんが入学した詳しい状況は分かりませんが、カナダの『ブリティッシュ・コロンビア州』の『ウエストバンクーバー』にあります。

とりあえず、ウェストバンクーバーを地図で見ると・・・

カナダのバンクーバーなら分かります^_^;

文字通り西側にあり、そのウェストバンクーバーにロックリッジ高等学校、直訳すると中学校になりそうですがRockridge Secondary Schoolがあります。

Rockridge Secondary School

所在地:5350 Headland Dr, West Vancouver, BC V7W 3H2 カナダ

わりと山の中なのか自然が豊かに見えます。

 

地図好きでないと余計な話になりました。

鈴木貴子さんの出身地北海道釧路市と出身小学校、出身中学校

高校の前に小・中学校に付いては上記のように北海道と東京になります。

鈴木貴子さんの出身小学校:北海道教育大学附属釧路小学校

こちらは2021年に北海道教育大学附属釧路義務教育学校となり、いわゆる小学校部門は「北海道教育大学附属釧路義務教育学校(前期課程)」となっています。

北海道教育大学附属釧路義務教育学校(前期課程)

所在地:北海道釧路市桜ケ岡7丁目12−48

学校の所在地というより、北海道の釧路市はどこかというと、このように太平洋側の海に面した街となります。

鈴木貴子さんの出身地は帯広ですが、小学校に上がる1992年ころには、釧路市に移っていたと想像します。父親の鈴木宗男氏の政治活動のゆえか、諸々の事情があったのではないでしょうか。

帯広の出身で帯広の北海道帯広柏葉高等学校出身なのが中島みゆきさんです。

***

鈴木貴子さんの出身中学校:港区立青山中学校

所在地:東京都港区北青山1丁目1−9

こちらは、まさに「青山」のつく都心です。高橋一生さんの出身中学でもありました。

令和3年の生徒総数は132名ということで、都心に過疎化が見られると言ってよいでしょう。

***

鈴木貴子さんが中学に入学したのは、計算上1998年と見られます。

鈴木宗男氏の初入閣が1997年9月に始まった第2次橋本改造内閣(北海道開発庁長官・沖縄開発庁長官)でしたから、貴子さんは、宗男氏の家族として、東京での生活が始まっていた・・ということでしょう。

(【エチオピア訪問記】より)

鈴木貴子さんの出身大学はトレント大学(カナダ)

トレント大学は、カナダのオンタリオ州にあり、位置はオタワも近いと言えないことのありませんが、むしろアメリカのニューヨーク州に近いようすです。

トレント大学

所在地:1600 W Bank Dr, Peterborough, ON K9L 0G2 カナダ

トレント大学はカナダの大学なのでいわゆるランキング的な意味合いは分かりにくいです。しかし、いずれ上記のRockridge Secondary Schoolのあるカナダのブリティッシュ・コロンビア州には著名な『ブリティッシュコロンビア大学』があります。

ちなみにブリティッシュコロンビア大学はノーベル賞受賞者も複数輩出したカナダ屈指の名門大学。

 

いずれにしても鈴木貴子さんは高校から大学にかけて、カナダの公立の高校と大学に進学しました。

 

日本に戻ってからは一時、NHKのディレクターでした。長野にて勤務。

NHKを辞めて新党大地から出馬。

新党大地で鈴木さんといえば当初から充分に知名度が高かったことでしょう。当初の2012年には落選でしたが、翌年に繰り上げ当選しています。

2017年にお子さんが生まれ、議員としての出産にはバッシングもあったと報道されました。

鈴木氏は7月、自身のブログ上で妊娠を公表。

激励を受けた一方で「任期中の妊娠はいかがなものか」「職務放棄ではないか」などの批判もあったと明らかにしていた。

(産経スポーツ 2017年9月8日)

さらに、2017年の第48回衆議院議員総選挙では比例北海道ブロックに単独2位で出馬し、当選しました。この時、父の鈴木宗男氏は公民権が回復し、比例北海道ブロックで新党大地から出馬し落選となりました。

ちなみに鈴木宗男氏はその後、2019年に日本維新の会に入党し、参議院議員の比例区で当選しています(鈴木宗男氏については、その後肩書が変わっている場合もあります)。

*当サイトでは、政治家の方について、支持・不支持等の意図はありません。政治上の肩書は変わっている場合もあります。

***

以上、簡単ですが鈴木貴子さんの出身校について、でした。

-その他の教育機関等
-

執筆者:

関連記事

石橋静河さんの出身大学と出身高校

Contents1 石橋凌さんと原田美枝子さんを両親に持つダンサー2 石橋静河さんの高校時代は海外のバレエスクール3 石橋静河さんの出身地東京、子ども時代と出身中学(明星学園?)4 石橋静河さんのご家 …

永作博美さんの出身大学と出身高校

Contents1 いつまでも若いと言われる筆頭女優さん・・2 永作博美さんの出身高校は、茨城県立麻生高校 3 出身地の麻生町(行方市)と出身中学(麻生中学)について 4 永作博美さんの出身大学はなし …

坂本冬美さんの出身大学と出身高校、石川さゆりさんに憧れて演歌歌手に

Contents1 演歌歌手の代表的存在の坂本冬美さん2 坂本冬美さんの出身高校は和歌山県立熊野高等学校3 坂本冬美さんの出身地、上富田(かみとんだ)町と出身小学校・出身中学校4 坂本冬美さんの出身大 …

大倉孝二さんの出身大学と出身高校、舞台芸術学院の出身

Contents1 大倉孝二さん、180以上の出演作がある名脇役2 大倉孝二さんの出身高校は東京都立武蔵村山高等学校3 大倉孝二さんの出身地東京都立川市と出身小学校、出身中学校4 大倉孝二さんの出身大 …

藤野涼子さんの出身大学と出身高校

Contents1 役名が芸名になった藤野涼子さん2 藤野涼子さんの出身高校は神奈川県内の公立高校3 藤野涼子さんの出身大学はなし 役名が芸名になった藤野涼子さん 藤野涼子さんの学歴と出身校について。 …


当サイトでご案内している略歴はファンとしての情報吟味の結果であり、公式発表ではありません。ただし情報の正確さにはことさら留意しております。
(今さらの追記です。根拠のない情報を掲げる可能性については自戒を込めて恐れております。完璧は困難かもしれませんが、参照していただくに足るページを目指したいと願っています。)
また、略歴中の(推定)とは特に公表はされていないけれど、計算上では推定されるという当サイトによる年譜です。同じく略歴中の学校関係などに年齢を添えた場合は、およそ誕生日を迎えた時点での「◯歳」を示しています。記事中に引用したテキストのうち、色などが付いている場合は、弊サイトによる加工となります。さらに肩書や所属等は記事作成時のもので、その後変わっている場合があります。どうぞご了承ください。



カテゴリーは便宜上、国立、私立と並んでいます。順不同。高校については一部のみカテゴリー分けしています。

ご訪問まことにありがとうございます。緊急連絡先についてはプロフィールのページをご覧ください。

 

 

弊サイトではグーグルアドセンス広告を導入しております。ご高覧に感謝いたします。

 

 

出身大学トップに戻る