出身大学

出身大学はランキングされたり、年収との関わりや、社長数が多い大学は?等々話題になります。芸能人や著名人の出身大学、出身高校はどちらか。大学情報、高校情報も併せてご案内しています。

名古屋大学

鈴木亜由子さんの出身高校と出身大学、頭いいと言われるマラソンランナー

鈴木亜由子さんは東京オリンピック選出選手

鈴木亜由子(すずきあゆこ)さんは名古屋大学出身で、マラソンで2019年9月開催のMGCで2位となり、東京オリンピックへの出場が内定しています。

大学卒業後、日本郵政グループで活躍してきた鈴木選手は、2016年のリオデジャネイロオリンピックで女子5000メートル等の日本代表でした。そして、2018年初マラソンにして初優勝を飾ったのが8月の北海道マラソンでした。それでMGC出場権を獲得し2019年にMGCで2位という躍進ーー。

地元愛知県豊橋市の八町小学校、同じく豊橋市の豊城中学校を経て、愛知県の県立時習館高等学校に進学しました。

愛知県立時習館高等学校 ⇒ 名古屋大学

名古屋大学では経済学部でした。名古屋大学を選んだ理由が「男子選手と一緒に練習できる環境」ということで、ちょっと羨望されるような文武両道の才能でしょう。

*東京オリンピックのマラソンの開催地が2019年10月現在、札幌に変更されようとしています。(⇒ マラソン会場は札幌大通公園と2019年12月に決定 ⇒2021年6月現在コロナ禍でオリンピックの延期問題の只中です)

鈴木亜由子(すずきあゆこ)

生まれ:1991年10月8日
出身:愛知県豊橋市
2004年:豊城中学校入学(バスケットボール部)
2006年:第33回全日本中学校陸上競技選手権大会、1500m制覇
2007年:時習館高等学校入学(陸上競技部)
2009年:全国高等学校総合体育大会、陸上女子3000m8位
2010年:名古屋大学経済学部入学
2013年:夏季ユニバーシアード日本代表、女子10000mで金メダル等
2014年:大学を卒業し日本郵便に入社、女子陸上部第1期選手となる
2015年:全日本実業団、女子10000mで初優勝
2016年:リオデジャネイロ五輪(女子10000m欠場、5000m流血すアクシデント)
2018年:北海道マラソン、2時間28分32秒で1位(MGC出場権を獲得)
2019年:MGCで2位(2020年東京オリンピック出場内定)

*略歴は当サイト独自のまとめであり、公式発表ではありません。

ちなみに2016年のリオ五輪では、1万メートル欠場、5000メートルで決勝進出成らず、という悔しい結果とも言えました。

当時も鈴木亜由子さんのご実家で、米穀店を営む父親の鈴木伸幸さんから「亜由子が五輪で走る姿をみられるんだ」という激励のメッセージが届いたそうです。

鈴木亜由子さんの出身高校は時習館高等学校

愛知県立時習館高等学校は、地元愛知県でも有数の進学校。鈴木選手にとって地元の豊橋市にあります。

時習館という名前は、県立高校としては不思議な印象もありますが、それは、吉田藩主の松平信復が吉田藩校時習館として創設したことに由来します。

旧制中学時代は、豊橋中学校

その後、終戦の変遷を経て現在の名前、愛知県立時習館高等学校になったのは1956年のことでした。

愛知県立時習館高等学校

所在地:愛知県豊橋市富本町国隠

愛知県立時習館高等学校の出身者には、公明党の前代表となる太田昭宏さんや、もと大阪府知事の太田房江さん、俳優の平田満さんらがいます。

偏差値もたいへん高い公立高校です。

中学時代も陸上競技に忙しかった鈴木亜由子さんが、名門の時習館高校に入ったのも素晴らしいですが、部活で忙しく活躍していた鈴木さんが現役で名古屋大学に進学しているのもまた、そのパワーに圧倒されます。

ちなみに鈴木さんは高校時代に2度も、足の甲の疲労骨折を発症して手術を受けたこともあるそうです。

***

愛知県には公立高校だけ見ても、偏差値の高い高校が多数あり、名古屋の旭丘高校と明和高校、岡崎市の岡崎高校、一宮市の一宮高校などが有名。

時習館高校もそれらに連なる進学校となっています。

鈴木亜由子さんの出身地豊橋市と出身小学校、出身中学校

豊橋市は、位置的に名古屋よりも静岡県の浜松などに近い都市で、三河湾にも面しています。

鈴木亜由子さんは、豊橋市立八町小学校と、豊橋市立豊城中学校の出身であることが分かっています。

豊橋市立八町小学校

所在地:愛知県豊橋市八町通5丁目5−5

豊橋市立豊城中学校

所在地:愛知県豊橋市今橋町2−1

豊城中学校は豊橋市役所の隣でもあります。たまたま、鈴木亜由子さんの五輪出場決定を祝う横断幕が見えていました。

道路の反対側の吉田神社は、手筒花火発祥の地だそうです。

両校はともに吉田城址でもある豊橋公園を挟むような位置にあり、豊橋市の中心街の一つと思われます。

***

なお、鈴木さんにとって中学時代は陸上競技部がなかったそうです。それでも、『全日本中学校陸上競技選手権大会』で、1500メートル優勝など、驚異的な記録を出しています。

学校ではバスケットボール部。

陸上競技は小学校から中学校にかけて豊橋陸上クラブという地元のクラブに入り、頭角を現してきた。その後、高校では陸上の強豪校は選ばず、地元の進学校である時習館高に進んで陸上部に所属した

(スポーツナビ、2015年7月『鈴木亜由子の歩むべき道、自分で作った“枠”を打ち破るために』より)

なんとも、さりげなく凄いです。

鈴木亜由子さんの出身大学は旧帝大の名古屋大学

名古屋大学は言うまでもなく、旧帝大の一つ。
名古屋大学を出た鈴木さんを名古屋大卒の「旧帝大ガール」と表現する新聞記事も見ました。

たしかに、陸上競技を懸命に頑張る選手が、その陸上のゆえに名門大学を選ぶのは、ある意味異例である意味驚くべき才能でしょう。

名古屋大学経済学部には、経済学科と経営学科があります。

所在地:名古屋市千種区不老町

名古屋大学からは小林誠さん、益川敏英さんなど関係者6人がノーベル賞を受賞しています。

また、名古屋大学の出身者には、西洋建築史の木俣元一氏や、トヨタ自動車の豊田章一郎氏、芥川賞作家の小谷剛さん、漫画家の鷹岬諒さんらがいます。

元SKE48の菅なな子さんも名古屋大学出身。

また2019年のドラフトで話題になった松田亘哲(まつだひろあき)投手も名古屋大学の出身です。

鈴木亜由子選手は、陸上競技歴は長いものの、マラソンは初マラソンで優勝という、劇的な成果を挙げています。東京オリンピックでも、熱い姿を見せてくれることでしょう。

追記:2021年5月現在、ご存知のように東京オリンピックの2020年開催は延期され、2021年の今後の動向も見通しが不透明な只中です。

選手の皆さんのことは、陰ながら応援したい気持ちは変わりませんがーー。

***

以上、簡単ですが、鈴木亜由子さんの出身校についてでした。

-名古屋大学
-, ,

執筆者:

関連記事

松田亘哲投手の出身大学と出身高校

Contents1 松田亘哲投手は名古屋大学からプロ野球選手に!2 松田亘哲選手の出身高校は県立江南高校3 松田亘哲さんの出身地岩倉市と出身小学校、出身中学校4 松田亘哲選手の出身大学は名古屋大学 松 …


当サイトでご案内している略歴は諸情報からのまとめであり、公式発表ではありません。また、略歴中の(推定)は特に公表はされていないけれど、計算上では推定されるという当サイトの年譜です。さらに肩書や所属等は記事作成時のもので、その後変わっている場合があります。どうぞご了承ください。



カテゴリーは便宜上、国立、私立と並んでいます。順不同。高校については一部のみカテゴリー分けしています。