出身大学

出身大学はランキングされたり、年収との関わりや、社長数が多い大学は?等々話題になります。芸能人や著名人の出身大学、出身高校はどちらか。大学情報、高校情報も併せてご案内しています。

國學院大學

さだまさしさんの出身大学と出身高校

多彩な才能、さだまさしさん

さだまさしさんは現在も「今夜も生でさだまさし 」を精力的にこなす姿には改めて感心。「シンガーソングライター」の枠に到底収まらない多彩な活動から「噺家」ともされます。

出身地の長崎を離れて、中学校から単身で上京しました。

一人暮らしをしながら、東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、などを目指しますが、志望校に入れずに國學院高等学校に入学し、大学も國學院大學法学部に進みました。

國學院高等学校 ⇒ 國學院大学

このように、さだまさしさんの高校は國學院高校です。大学では法学部でしたがその後、あまり通学せずに國學院大學を中退しています。

シンガーソングライターであり、小説家でもあり、多彩な才能を展開するさだまさしさんという人物はあまりに大きい・・・。家族のエピソードの多様さ、そして交友人物の多彩さなど、さださんについてはコンテンツが広がりそうです。

***

中学校から一人上京して苦労や葛藤をかかえながら受験ーー。その結果は、國學院高校も、國學院大學も本来の希望するところではなかったかもしれません。もちろん国学院は優れた教育機関ですが、音楽を目指すという意味では・・・

しかし、だから道が閉ざされたかというと、決してそんなことはなく、さだまさしさんのその後の人生は、勇気を与えてくれます。自伝的小説の『ちゃんぽん食べたかっ!』には、その様子が描かれました。

さだまさし(本名:佐田雅志)

生まれ:1952年4月10日
出身:長崎市
1957年:諫早大水害で父の事業が失敗
1964年:小6、毎日学生音楽コンクール西部地区(九州地区)大会2位
1965年:(推定)上京して中学校入学
1968年:(推定)國學院高等学校入学
1971年:(推定)國學院大學入学
1972年:友人の吉田政美が長崎のさだを訪ね「グレープ」結成
1973年:「雪の朝」でデビュー
1974年:「精霊流し」で第16回日本レコード大賞作詩賞
1975年:「無縁坂」
1977年:「雨やどり」
1980年:映画『翔べイカロスの翼』ピエロの青年役として主演
1981年:ドキュメント映画『長江』制作、約28億円の負債

1983年:結婚
2001年:小説『精霊流し』発表
2004年:長編小説『眉山』発表
2013年:ソロ・コンサート通算4000回目達成
2015年:「ちゃんぽん食べたかっ!」出版、ドラマの『ちゃんぽん食べたか』菅田将暉主演

2017年:「大改造!!劇的ビフォーアフタースペシャル借金で潮漬けされた島」、「5時に夢中!3,000回スペシャル」スペシャルゲスト
2018年:『銀河食堂の夜』幻冬舎
2020年:NHK紅白歌合戦「奇跡2021」
2021年:連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』平川唯一役
その他出演発表等多数

*略歴は当サイト独自のまとめであり、公式発表ではありません。

NHKの番組「鶴瓶の家族に乾杯」の前身となる番組は、さだまさしさんと鶴瓶さんの二人の番組だったそうです。

ソロ・コンサート通算4000回という背景には、28億とも35億ともいわれる借金を返してきた人生でもあります。

さだまさしさんの出身高校は國學院高等学校

さだまさしさんにとって、上記のように國學院高校は望んだ結果ではないものでした。音楽関係の高校ではなく普通の高校に進んだという意味で。

高校時代にさだまさしさんは、ヴァイオリンへの熱意を失う一方で、ギター、作詞、作曲、小説など多方面の才能を開花させていきます。

さださんの、どの本に書いてあったか忘れたのですが、高校生くらいで誰か学生に頼まれて、代わりに卒論を書いてやったりしていたそうです。多彩であったことだけは間違いありません。

國學院高校

所在地:東京都渋谷区神宮前2-2-3

高校時代は、下記のように、千葉県の市川市から通学したと考えられます。

國學院高校は神宮球場に面し、都立の青山高校と隣接します。(青山高校に通っていたのが石田ゆり子さんです)

同校は國學院大學への進学も可能で、もちろん他大学への進学者もいます。

國學院高校の出身者には、さだまさしさんの他に、小林麻耶さん、小林麻央さん、ふかわりょうさんもいました。國學院の同じ系列では、ラグビー等で著名な「國學院大學久我山中学校・高等学校」もあります。

***

3歳で始めたバイオリン。一一方で音楽関係でなくいわばふつうの高校に進学。しかし、ギターに、作曲に、落語に等々、才能は四方八方に広がりました。

中学生で一人上京し、葛飾区の中学へ・・

さださんは、小学校時代にすでにバイオリンの才能が認められ、単身、上京して都内の中学に進学することになりました。

○出身小学校:長崎市立西北小学校

長崎については、著書でも触れられます。長崎で高校まで過ごした女優さんには麻生祐未さんがいます。ただしお二人の年齢は、一回り近く離れていて麻生さんが年下。

また同じ小学校(西北小学校)の卒業生に原田知世さんがいます。

長崎市立西北小学校

所在地:長崎市西北町13−1

○出身中学校:葛飾区立中川中学校

目指すのは上記のように、芸大付属の音楽高校。中学には下宿しながら通学し吹奏楽部に所属したそうです。上京後、最初の一年余りは、叔父のところで暮らし、中3以降は市川市に住んでいました。

どの本に書かれていたか失念しましたが、長崎からの仕送りを待って暮らし、時には、インスタントラーメンばかり大切に食べて過ごした時期もあったようです。そこには、長崎でもともと裕福な家庭だったけれど、事業の失敗で苦しい暮らしも体験していた、佐田家の事情も絡み合っていたことでしょう。

出身中学の葛飾区立中川中学校は名前のとおり、「中川」が荒川に注ぐ河口にある、京成線の四ツ木あたりの中学となります。

市川に移ってからも、この位置なら市川市からは充分に通学できたはずです。

葛飾区立中川中学校

所在地:東京都葛飾区東四つ木1丁目3−1

さだまさしさんの出身大学は國學院大學(法学部)

國學院大學については、「日本の徳性、国柄の究明を目的に創立された皇典講究所を母体とする」大学ということで、神道文化学部のある大学です。

都心の渋谷キャンパスは、國學院高校も同じ渋谷ではありますが、國學院高校と同じ敷地内ではありません。

國學院大學

所在地:東京都渋谷区東四丁目10-28

出身者には、漫画家のろくでなし子さん、山川静夫アナウンサー、市川染五郎 さん(7代目)、女優の木南晴夏さん、作家の山崎ナオコーラ さん、児童文学の西本鶏介さんらがいます。

上記のように、さだまさしさんは大学は中退しました。

ファンが熱い、さだまさしさん

さだまさしさんのファンは熱い(濃い?)ことでも知られています。かつては、「セイ!ヤング」投稿が契機となり、学生らの「さだ研」設立がブームとなったとか。さださんのファンクラブ「まさしんぐWORLD」の会員数はいまも25000人くらいとのこと。

「今夜も生でさだまさし 」で会場の様子が映ると、団塊の世代やさださんと同世代くらいのファンの皆さんの姿が見られます。しかもインタビューすると、毎回来ています!とか・・ 素晴らしいです。

***

1曲のなかに小説のように物語がながれていくさだまさしさんの曲は大好きです。その意味では中島みゆきさんにも通じる世界があり、お互いも友人で、まさし、みゆきと呼んでいるとか。

若い世代にとってはさだまさしさんの息子さんでヴァイオリニストの佐田大陸(TAIRIKU)さんや、「Pretty Bach」のメンバーの一人、詠夢さんが知られているのでしょうか。

さだまさしさんの魅力は計り知れず、まだまだ続きます。『風に立つライオン』(大沢たかお主演)はアマゾンプライムで視聴しました。素晴らしい作品でした。

さらに2020年紅白歌合戦に、13年ぶりに出場したさだまさしさんが歌ったのは、「奇跡2021」でした。その曲を含むセルフカバーアルバムの『さだ丼~新自分風土記III~』が2021年4月21日に発売されるとのこと。

さらにさらに、2021年の朝ドラにはさだまさしさんの出演が決まっています。『カムカムエヴリバディ』での平川唯一役です。

***

以上、さだまさしさんの出身校についてでした。

-國學院大學
-, ,

執筆者:

関連記事

山崎ナオコーラさんの出身大学と出身高校

Contents1 国語大好き少女?山崎ナオコーラさん2 山崎ナオコーラさんの出身高校は不明3 山崎ナオコーラさんの出身大学は國學院大學4 クラスで一番目立たないような子だった・・ 国語大好き少女?山 …

木南晴夏さんの出身大学と出身高校

Contents1 夏の高校野球PR女子高生!だった木南晴夏さん2 木南晴夏さんの出身高校は、やはり宝塚北高等学校3 木南晴夏さんの転校先は堀越高校?日出高校?4 木南晴夏さんの出身大学は國學院大學 …


当サイトでご案内している略歴は諸情報からのまとめであり、公式発表ではありません。また、略歴中の(推定)は特に公表はされていないけれど、計算上では推定されるという当サイトの年譜です。さらに肩書や所属等は記事作成時のもので、その後変わっている場合があります。どうぞご了承ください。



カテゴリーは便宜上、国立、私立と並んでいます。順不同。高校については一部のみカテゴリー分けしています。