出身大学

出身大学はランキングされたり、年収との関わりや、社長数が多い大学は?等々話題になります。芸能人や著名人の出身大学、出身高校はどちらか。大学情報、高校情報も併せてご案内しています。

同志社(同志社女子)大学

カズレーザー(金子和令)さんの出身大学と出身高校、「さぼらなかったら東京大学に」

インテリお笑いタレントカズレーザーさん

カズレーザーさん(本名、金子和令 かねこかずのりさん)は、埼玉県加須市出身のお笑いタレント。同志社大学を卒業し、ピン芸人などを経たあと、安藤なつさんと「メイプル超合金」を組みボケ担当となっています。

意表を突く金髪と赤い服装でも知られており、また、頭の回転が早くクイズも得意というユニークな芸人さん。

埼玉県加須市の地元の公立小・中学校から、県立の熊谷高校を経て、京都の同志社大学に進学しました。

埼玉県立熊谷高等学校 ⇒ 同志社大学

同志社では商学部でした。

学生時代から「フルハウス」として漫才コンビを組み、卒業後、サンミュージックアカデミーに入り、ピン芸人として活動。さらに2012年に「メイプル超合金」を結成し、2015年にはM-1グランプリで決勝に進出し知名度が高まり、単独での出演でも活躍しています。

「ザ・タイムショック」での3連覇は偉業と讃えられます。

カズレーザー(本名、金子和令 かねこかずのり)

生まれ:1984年7月4日
出身:埼玉県加須市
1991年:(推定)小学校入学
1997年:(推定)中学校入学
2000年:(推定)熊谷高校入学
2003年:(推定)同志社大学入学、M-1グランプリ1回戦敗退
2007年:同志社大学卒業、TOKYO☆笑BIZ4期生となる
2012年:安藤なつさんと「メイプル超合金」結成
2015年:M-1グランプリファイナリスト
2016年〜:『沸騰ワード10』、『メイプル超音楽』 MC
2018~2019年:「ザ・タイムショック」で3連覇
2018年〜:『家事ヤロウ!!!』MC、『メイプル超合コン』MC
2019年:『全問リアル 就活Q』
2020年」『カズレーザーのためになるエンタメ!』MC
2021年:『沸騰ワード10』で岸信夫防衛大臣から感謝状など受ける

その他出演多数
*略歴は当サイト独自のまとめであり、公式発表ではありません。


カズレーザーさんの出身高校は埼玉県立熊谷高校

カズレーザーさんの出身校は、埼玉県の県立高校である埼玉県立熊谷高等学校です。

同校は名前のとおり、酷暑でも有名な埼玉県の熊谷市にある伝統校で、創立は1895年の「第二尋常中學校」まで遡ります。男子校。

現在名になったのは戦後の1948年でした。

熊谷市内には公立の女子校の、熊谷女子高校もあります。

埼玉県立熊谷高校



所在地:埼玉県熊谷市大原1丁目9−1

熊谷市は、埼玉県でも北部にあり、真夏にはたびたび「埼玉県熊谷市で◯◯度を記録しました」等のニュースで報道されるように、内陸にある都市です。

熊谷高校の合格実績を「みんなの高校情報」の2020年版で見ると、日大78名、東洋大学66名、中央大学23名、明治大学22名などとなっています。
国立では旧帝大系に6名ほど、埼玉大学11名、信州大学5名、高崎経済大学13名など。そして関西には関関同立に19名となっています。

カズレーザーさんの大学受験について、「京大を受けたのではないか」というウワサもあります(詳細は下記に)。

もし京大に入っていたらこちらの熊谷高校にとってかなりトップクラスの生徒の合格となるでしょう。しかし、それが可能な範囲に分布する高校だったとは言えそうです。

***


ところで熊谷高校は私服でした。

そこでカズレーザーさんこと金子和令さんは、高校時代もずっと上下とも赤い服装で過ごしたことは有名。その衣装は漫画『コブラ』の影響だそうです。

服装だけでなく熊谷高校は自由な校風で知られ、かつ新潟県柏崎市で行われる遠泳や、戦前に行われていた「剛健行軍」を模した「40キロハイク」なども行われています。

そんな校風の学校にて、かなりその自由度を謳歌した金子さんだったと思われます。

カズレーザーさんの出身地加須市と出身小学校、出身中学校

カズレーザーさんの出身地は埼玉県の加須市であることが知られています。また公式に明らかになってはいませんが、出身の中学校については、複数のコメントから加須市の加須北中学校だったことが伝えられます。


◯カズレーザーって埼玉出身なの??てか、加須北中だったの?!?すげー親近感湧く

◯え、、、カズレーザーって加須北卒業生なの?うち西だけど北卒業は草·

◯カズレーザーは加須出身で確か中学は加須北だった気がする
練習試合たくさんやったなぁ

。◯地元加須市出身のカズレーザーは加須北中学校出身なのは知っていたが熊谷高校を卒業したんだねー。

◯そしてカズレーザーは加須北からの不動岡だもんな、あの加須北だよ。

(https://twitter.com/ より)

さらに加須北中学だとすると、「加須市の公式サイト」によると、加須北中学に通う通学区は・・・

下樋遣川、上樋遣川、中樋遣川、戸川、町屋新田、古川一丁目、古川二丁目、大越、外野 となっており、その通学区とほとんど重なる小学校はというと「樋遣川小学校」ということになります。(区域からすると大越小学校も可能性はあり)。

さらに、少数ながら出身小学校に関するコメントもありました。

樋遣川小学校隣のヒマワリ畑に行って来たよ。カズレーザーの母校だよね。

(https://twitter.com/ より)

ということで、出身小・中学校は以下と考えられます。

出身小学校:加須市立樋遣川(ひやりかわ)小学校

所在地:埼玉県加須市下樋遣川427

出身中学校:加須市立加須北中学校




所在地:埼玉県加須市上樋遣川4128

両校ともに、加須市の中でも加須駅からやや離れ、利根川に近い一帯となります。

また、加須市に住んでいたカズレーザーさんが上記の熊谷高校に進学したのは、どちらの市も埼玉県の北部方面であり、距離的にも互いに10キロ程度なので、高校の通学としてはことさら遠い学校だったわけではありません。

カズレーザーさんの出身大学は同志社大学

カズレーサーさんは同志社大学商学部に進学しました。お笑いの活動は学生時代にすぐ始めており、コンビ『フルハウス』として同志社大学内の漫才大会で常勝していました。

しかし、2003年にM-1に出演した際は1回戦で敗退。

また高校生だった「ハライチ」がワタナベコメディスクールのコンテストでグランプリを受賞したことに実力の「差」を感じたような経緯もあり、『フルハウス』は大学卒業と同時に解散しました。

***

その前になぜ同志社大学に進学したかについては、カズさんが「東洋経済ONLINE」の記事で以下のように答えていることが、度々引用されています。


もともと一人暮らしをしたいと思っていて、自宅(埼玉県)から遠くにある大学に行きたかったんですよ。でも、試験勉強は嫌いで。同志社大学はセンター試験で最初に受かったのですが、そのあとは緊張の糸が切れてしまって、そのまま同志社大学に決めました。

(https://toyokeizai.net/articles/-/153921 より)

ご存知にように、センター試験は地元の高校ごとに試験会場が定められますから、センター試験で同志社(京都方面)に行ったわけではないでしょう。

なので、同志社に入ったからじつは京大も目指していただろうと推測するのは、早計な判断のように見えます。

しかし、都内の大学なら埼玉県から通えないこともないので、カズレーザーさんが大阪や京都の大学を目指したであろうことは、充分に想像できます。

またカズレーザーさん自身が、大学受験について強気にも見える発言をしていることも注目されます。

***

以下は、2017年8月に「メイプル超合金」のお二人が「メイプル超純金」となって登場した催し(明治 キシリッシュ受験生応援イベント)でのコメントです。

同志社大学出身で“インテリ芸人”でもあるカズレーザーさんだが、大学受験について「後悔しかない」とつぶやき、「もっと勉強すればよかった、そう思う日が大人になると絶対来るから、今の受験生には、もっと勉強してほしいっすね。絶対やってほしい!」と熱弁した。

(https://mantan-web.jp/article/20170826dog00m200004000c.html より)

ということで、具体的にはカズレーザーさんのこんなコメントもありました。

僕がさぼらなかったら東京大学に行っていた。みんな、どっかでさぼるんですよ。(受験勉強は)我慢ですからね」といい、「僕は根詰めて勉強をしなかった。今思うともっと勉強すればよかった」と後悔。

(同上)

実際に京大を受けたか否かは、どちらでもいいことですがーー。

しかしインテリ芸人といわれるカズレーザーさんがはっきり、さぼらなかったら「東京大学に行っていた」とは、インパクトのある言葉です。

ということで、カズさんの進学先は同志社大学の商学部でした。

同志社大学



所在地:京都府京都市上京区 今出川烏丸東入

カズさんは商学部で、1・2年の頃は今出川ではなく「京田辺キャンパス」でした。

ところで、金子さんは高校時代に「同志社の喜劇研究会」と「早稲田の寄席研究会」の合同ライブを観たことがあり、サークルに入るなら喜劇研究会にしようと思っていたそうです。また、家賃が払えなくなり大学の部室で暮らしていたこともあると、上記の「東洋経済」のインタビューでは答えていました。

***

大学卒業にあたっては、バンダイ(と言われる)の入社試験に、上下とも赤の服と腰まで伸ばした長髪で臨み、積極的に質問して参加した人たちの発信によっても話題となりました。
また大企業へ内定していたけれど、蹴った形で芸人を養成するTOKYO☆笑BIZに入ったとも伝わっています。

人気タレントとして逸話の多いカズさんです。
バイセクシュアルであること、自衛隊に詳しいこと、野菜があまり食べられないことなどなどーー。

「自衛隊に取り憑かれたカズレーザー」という企画で、ブルーインパルスを訪問したり、高等工科学校で1日学校長を務めたり、さらに2021年には防衛省へ潜入企画にて、岸信夫防衛大臣から感謝状と記念メダルを受け取りました。

***

以上、簡単ですが、カズレーザーさんの出身校についてでした。

-同志社(同志社女子)大学

執筆者:

関連記事

小市慢太郎さんの出身大学と出身高校

Contents1 名脇役として高評価の小市慢太郎さん2 小市慢太郎さんの出身高校は明星高等学校(出身中学も)3 小市さんの出身地大阪と出身小学校4 小市慢太郎さんの出身大学は同志社大学 名脇役として …

生瀬勝久さんの出身大学と出身高校

Contents1 辰巳琢郎さんの「そとばこまち」にスカウトされ俳優活動に・・2 生瀬勝久さんの出身高校は兵庫県立宝塚高等学校3 生瀬勝久さんの出身地、西宮市と出身中学など4 出身大学は同志社大学、 …

キムラ緑子さんの出身大学と出身高校

Contents1 「M.O.P.」旗揚げから参加のキムラ緑子さん2 キムラ緑子さんの出身高校は兵庫県立洲本高等学校3 キムラさんの出身地淡路島と出身小学校、中学校4 キムラ緑子さんの出身大学は同志社 …


当サイトでご案内している略歴は諸情報からのまとめであり、公式発表ではありません。また、略歴中の(推定)は特に公表はされていないけれど、計算上では推定されるという当サイトの年譜です。さらに肩書や所属等は記事作成時のもので、その後変わっている場合があります。どうぞご了承ください。



カテゴリーは便宜上、国立、私立と並んでいます。順不同。高校については一部のみカテゴリー分けしています。