出身大学

出身大学はランキングされたり、年収との関わりや、社長数が多い大学は?等々話題になります。芸能人や著名人の出身大学、出身高校はどちらか。大学情報、高校情報も併せてご案内しています。

同志社(同志社女子)大学

キムラ緑子さんの出身大学と出身高校

「M.O.P.」旗揚げから参加のキムラ緑子さん

キムラ緑子さんは1961年生まれので、幅広い役柄を演じており、カメレオン女優とも言われます。じつに多様なシチュエーションでお見かけする女優さん。演出家マキノノゾミさんの妻です。

兵庫県の淡路島出身で、同志社女子大学時代に同志社大学のマキノ氏との接点が始まることになりました。

地元の洲本高校を経て、同志社女子大学に進みました。

兵庫県立洲本高等学校 ⇒ 同志社女子大学

同志社女子大学では学芸学部英文学科(当時)でした。

卒業後に一旦地元に戻ったけれど、間もなく上京して「M.O.P.」に参加し、「M.O.P.」の解散後は舞台から映像へと活躍の場を広げました。

キムラ緑子(きむらみどりこ 本名・牧野緑子)

生まれ:1961年10月15日
出身:兵庫県洲本市1963年:(推定)洲本市立青雲中学校入学
1977年:(推定)洲本高校入学
1980年:(推定)同志社女子大学入学
1984年:マキノノゾミの劇団「M.O.P.」の旗揚げに参加(2010年に解散)
1992年:マキノノゾミ氏と結婚(2005年円満離婚)
2004年:『離婚弁護士』白河亜希子
2007年:『ちりとてちん』菊江役
2010年:マキノノゾミ氏と復縁
2013年:『ごちそうさん』西門和枝役
2015年:『ゴーストライター』田浦美鈴役
2017年:『陸王』飯山素子役

2018年『半分、青い。』藤村光江役

2020年:『心の傷を癒すということ』朴美里、『おカネの切れ目が恋のはじまり』猿渡菜々子

その他出演等多数、

*略歴は当サイト独自のまとめであり、公式発表ではありません。

別れれば「何かすごいことが起きるかもしれない」とキムラから離婚を切り出したという。破局後、キムラが舞台の地方公演を回る時など、マキノ氏に猫を預けた。

すると、猫がマキノ氏になつき、キムラは嫉妬。「もう一緒に飼う」と同居することになり「籍どうするのか、あんた決めて」と復縁に至った。

(スポーツニッポン、2014年7月12日『キムラ緑子 復縁の理由は猫!夫・マキノノゾミ氏はええ人』 より)

ゆうさん(@kamara0427)がシェアした投稿

キムラ緑子さんの出身高校は兵庫県立洲本高等学校

キムラ緑子さんの出身校、兵庫県立洲本高等学校は兵庫県でもことに歴史ある伝統校の一つ。

1875年に「徳島師範期成学校洲本支校」が開校したときは徳島県に所属していたそうです。さらに翌年、島全体が兵庫県に属することになりました。創立年は1897年のことで、「兵庫県洲本尋常中学校」として開校。

出身者には、作詞家の阿久悠さんや、経済学者で著名な大内兵衛さん、俳優の笹野高史さんなど錚々たる人物がいます。

淡路島の洲本市にあります。

あらためて淡路島というのは、兵庫県の明石辺りと、徳島の鳴門近辺を、結ぶ橋のように大きく横たわっていることに感心。島というより、住んでいる方にとっては、橋でどちらにも行けるという感覚でしょうか。

所在地:兵庫県洲本市上物部2丁目8−5

文武両道を謳う同校では野球部が、2012年の春のセンバツに「21世紀枠」で出場しました。

キムラ緑子さんは高校時代、どのように過ごしたでしょうか。名門校でふつうに(?)勉強して、京都の同志社女子大学に進学したこだけは確かーー。

キムラさんの出身地淡路島と出身小学校、中学校

このように出身高校は洲本高校でしたが、その前に小・中学校はどんな様子だったか・・

学校という前にキムラ緑子さんは小さい頃、女優に憧れるとか演劇に興味があるという前に、唄を歌い、フォーリーブスに憧れる少女だったそうです。

詳しい時期は分かりませんが、「スター誕生」に出て、上位に残ったとか、のど自慢に出たとか、かなり積極的な少女だったことでしょう。

出身校としては次の学校が明らかになっています。いずれも洲本市内で、上記の洲本高校とも、皆、数キロ圏内。しっかり「地元」で育ったということでしょう。

出身小学校:洲本市立加茂(かも)小学校

 

所在地:兵庫県洲本市下内膳470

出身中学校:洲本市立青雲(せいうん)中学校

所在地:兵庫県洲本市物部3丁目10−1

ことに、青雲中学校は、上記の洲本高校には400〜500メートルという位置にあります。島でも、洲本川の河口に次第に近づいています。

キムラ緑子さんの出身大学は同志社女子大学

同志社女子大学は同志社大学と同様に新島襄が設立しました。1876年、京都御苑内の元公家屋敷内に女子塾として開校。

京田辺市の京田辺キャンパスは広大ですが、本拠地の今出川キャンパスは同志社大学と隣接し、ともに京都御所のすぐ側となります。

所在地:京都府京都市上京区 西入 今出川通

当時のキムラさんの所属は学芸学部英文学科でした。

同社女子大学の出身者には、ソニーの井深大さんの親族である井深八重さんらがいます。

***

年譜から考えると、入学後、順調に4年で卒業し、卒業後の間もなく、マキノノゾミさんの立ち上げた劇団「M.O.P.」に参加しています。学生時代から、そのようになる経緯があったことでしょう。

一旦地元に、帰った時は車を買ってあげると言われたという逸話。

ちなみに「M.O.P.」の旗揚げにキムラさんが参加したのが1984年。その少々前、生瀬勝久さんが「そとばこまち」に参加するのが1983年。その数年後に同志社に入学してマキノノゾミさんに見出されるのが、小市慢太郎さん、となっています。

マキノさんとは離婚と復縁があり、その背景には、マキノさんの妻だから用いられるのだろうという声に反発したという説も・・

***

キムラ緑子さんは、朝ドラの『ごちそうさん』で、意地悪な姉、和枝さんを演じた時のインパクトが大きいようです。知名度もグッと上昇。しかしそれだけでなく、多様な顔を見せてくれます。

2017年末まで放映された「陸王」にも出演していました。安心して見ていられるような安定感が好評です。

2019年の朝ドラにも出演しヒロインの夫となった森山涼次(間宮祥太朗)の叔母、藤村光江役を演じました。朝ドラはたしか5回目の出演とか・・ すごいキャリアですね。

***

以上、簡単ですが、キムラ緑子さんの出身校についてでした。

-同志社(同志社女子)大学
-,

執筆者:

関連記事

小市慢太郎さんの出身大学と出身高校

Contents1 名脇役として高評価の小市慢太郎さん2 小市慢太郎さんの出身高校は明星中学校・高等学校(大阪)3 小市慢太郎さんの出身大学は同志社大学 名脇役として高評価の小市慢太郎さん 小市慢太郎 …

生瀬勝久さんの出身大学と出身高校

Contents1 辰巳琢郎さんの「そとばこまち」にスカウトされ俳優活動に・・2 生瀬勝久さんの出身高校は兵庫県立宝塚高等学校3 生瀬勝久さんの出身地、西宮市と出身中学など4 出身大学は同志社大学、 …


当サイトでご案内している略歴は諸情報からのまとめであり、公式発表ではありません。また、略歴中の(推定)は特に公表はされていないけれど、計算上では推定されるという当サイトの年譜です。さらに肩書や所属等は記事作成時のもので、その後変わっている場合があります。どうぞご了承ください。



カテゴリーは便宜上、国立、私立と並んでいます。順不同。高校については一部のみカテゴリー分けしています。