出身大学

出身大学はランキングされたり、年収との関わりや、社長数が多い大学は?等々話題になります。芸能人や著名人の出身大学、出身高校はどちらか。大学情報、高校情報も併せてご案内しています。

同志社(同志社女子)大学

小市慢太郎さんの出身大学と出身高校

名脇役として高評価の小市慢太郎さん

小市慢太郎さんは名脇役という評価の高い味のある役者さん。カメレオン俳優とも言われており白髪が綺麗ですが、2020年で50代はじめ、というのが、少々意外な気がします。

大阪の出身で、地元の明星(めいせい)中学校・高等学校を経て同志社大学に進み、大学時代にマキノノゾミさんに認められ、「劇団M.O.P」にも参加することになりました。

明星中学校・高等学校 ⇒ 同志社大学

キムラ緑子さんは、1984年にマキノノゾミ劇団「M.O.P.」の旗揚げに参加していますが、小市慢太郎さんは、遅れてその数年後に大学に入ったということになります。そして学生時代に劇団の活動を開始しました。

 

小市慢太郎(こいちまんたろう・本名:小市義行)

生まれ:1969年2月15日
出身:大阪府
1984年:(推定)明星高等学校入学
1987年:(推定)同志社大学入学
1990年:芸能活動を始める
1991年:(推定)同志社大学卒業
1994年:M.O.P.プロデュース・1862“上海大冒険”
2007年:「風林火山」長野業政役
2008年:劇団M.O.P.公演・阿片と拳銃
2010年:劇団M.O.P解散

2013年:「八重の桜」古川春英

2014年:「東京難民」小早川役
2016年:「そして、誰もいなくなった」馬場役
2017年:「貴族探偵」大杉道雄役

2019年:「4分間のマリーゴールド」

2021年:「エージェントファミリー〜我が家の特殊任務〜」

その他、出演多数   *略歴は当サイト独自のまとめであり、公式発表ではありません。
 

出演の「多数」が凄すぎて、とても記すことができません。カメレオン俳優と言われるだけの、幅広い演技をあちらこちらで見せてくれています。

 

 

 

alowasdeeさん(@alowasdee)がシェアした投稿

 

 

小市慢太郎さんの出身高校は明星中学校・高等学校(大阪)

小市慢太郎さんは大阪府の明星中学校・高等学校の出身です。名門の中高一貫男子校。つまり小市慢太郎さんにとって出身中学でもあります。

 

「大阪明星中学校、大阪明星高等学校」とも言われますが、東京の似た名称の学校と区別するためで、関連はないそうです。東京都には、府中市に市立の明星高校があります。

設置者が「明星学園」で学校名は縮めると明星高校になりますが、十字架の美しく見えているミッションスクール。

 

大阪の明星中学校・高等学校は天王寺区餌差町にあり、こちらは2016年の大河ドラマ『真田丸』のときに、聞いた地名。

地元の方には今さらかもしれませんが、大河ドラマ関連で真田幸村が造成した『真田丸』の跡地ではないかと話題になりました。

「真田丸」の年には「歴史ヒストリア」でも話題となり、多方面から歴史的解釈がなされていました。個人的には歴史の足跡を辿って、ぜひ歩いてみたい一帯です。

***

同校は男子校で、野球部はかつて夏の甲子園に8回出場した野球でも名門校。

所在地:大阪府大阪市天王寺区餌差町5−44

 

 

小市さんは中学校、高校の時代にソフトテニスをやっており、高3で全日本私学大会にてベスト8まで進出したそうです。

明星中学校・高等学校の出身者には、政治家では樽床伸二氏や宮城県知事の村井嘉浩氏らがいます。

ちなみに進学実績を公式サイトで見ると、国立大学への進学者は2021年で、大阪大の20名をはじめ110名、国公立の医学部25名というハイレベルな数を出しています。防衛大学へも4名合格・・ 

 

 

ジャーナリストの菅野完氏も。プロの野球選手やサッカー選手も多数輩出しています。文武両道の結果を充分に出している高校と言えそうです。

 

小市慢太郎さんの出身大学は同志社大学

小市慢太郎さんの進学した同志社大学は、今さらですが新島襄が1875年に創立した「同志社英学校」を前身とする大学。大河ドラマの『八重の桜』では詳しく取り扱われました。

長い歴史の中で多数の人物を各界に送っています。

美術評論家の椹木野衣氏や元外務省の佐藤優氏、作家の有栖川有栖氏、俳優では田村高廣氏や、生瀬勝久さんなど。

多数のラグビー選手(大八木淳史氏、平尾誠二氏)もいます。

 

今出川キャンパスには歴史的な建造物が並びます。

所在地:京都府京都市上京区 今出川烏丸東入(ただし正門の住所)

小市さんは同志社時代に、マキノノゾミさんに見出されるわけですが、20代はまだまだ役者だけでの生活は成り立たなかったようです。

 

 

景観の美しい同志社大学です。

 

役者歴は20年以上。同志社大在学時に学内の演劇サークル「第三劇場」に所属し、そこでの演技が「劇団M.O.P.」主宰のマキノノゾミ氏の目にとまり、その後、10年の同劇団解散まで在籍。

関西演劇界の中核的劇団で主役を張った。

そんな逸材も役者だけでは食べていけず、30歳までバイトで生計を立てていたという。

下積みの長い筋金入りの舞台俳優というわけだ。

(https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/158309/2 より)

 

ちなみに大阪明星高等学校から同志社大学への合格者は上の項目で2021年で112名とのこと。この流れはむしろふつうだったのでしょうか。

 

***

小市さんにとっては卒業後の芸歴がしっかり長くなりました。

以下は『八重の桜』に、医者の古川春英役で出演するときに、同志社大学から受けたインタビューの、ごく一部です。小市さんが、役柄とか自分の使命とかを、考えに考えて演じているということを、あらためて感じました。

会津戦争を言葉で表すと 「痛い」 ですよね。会津の歴史には・・・(中略)・・・

古川春英という人も生命を救うはずの医者なのに、会津藩士として戦いを受け入れざるを得ないという矛盾を抱えている。

人を生かしていくために蘭学を学んだのに、周りはどんどん死に向かっていく。

やっていてすごく辛い人生だと思いましたね。

・・(中略)・・

たかだか150年前にこうした辛いことがあった。・・・

 

(同志社大学公式サイト「私の志」より)

 

小市さんの出演するドラマは、相変わらず数え切れないほどとなっています。これからも楽しみです。

 

 

以上、簡単ですが、小市慢太郎さんの出身校についてでした。

-同志社(同志社女子)大学
-, ,

執筆者:

関連記事

生瀬勝久さんの出身大学と出身高校

Contents1 辰巳琢郎さんの「そとばこまち」にスカウトされ俳優活動に・・2 生瀬勝久さんの出身高校は兵庫県立宝塚高等学校3 生瀬勝久さんの出身地、西宮市と出身中学など4 出身大学は同志社大学、 …

キムラ緑子さんの出身大学と出身高校

Contents1 「M.O.P.」旗揚げから参加のキムラ緑子さん2 キムラ緑子さんの出身高校は兵庫県立洲本高等学校3 キムラさんの出身地淡路島と出身小学校、中学校4 キムラ緑子さんの出身大学は同志社 …


当サイトでご案内している略歴は諸情報からのまとめであり、公式発表ではありません。また、略歴中の(推定)は特に公表はされていないけれど、計算上では推定されるという当サイトの年譜です。さらに肩書や所属等は記事作成時のもので、その後変わっている場合があります。どうぞご了承ください。



カテゴリーは便宜上、国立、私立と並んでいます。順不同。高校については一部のみカテゴリー分けしています。