出身大学

出身大学はランキングされたり、年収との関わりや、社長数が多い大学は?等々話題になります。芸能人や著名人の出身大学、出身高校はどちらか。大学情報、高校情報も併せてご案内しています。

その他の国立大学

木野花さんの出身大学と出身高校、若く見えるベテラン女優

木野花さんの若い頃は美術教師だった 

木野花さんはベテランの女優であり、演出家であり、朝ドラにも3度出演して活躍してきた方です。青森県の出身で、地元の公立高校から青森県の国立大学である弘前大学に進学し、教師の資格も得て、一時は中学校の美術教師もしていました。

たまたま見たアングラ演劇に踏み込むことになり、やがて「劇団青い鳥」を結成し、アングラ演劇ブームの到来に貴重な役割を果たしました。

青森西高等学校 ⇒ 弘前大学

地元の、その当時は女子校だった公立高校から、地元の弘前大学に入学。弘前大学では教育学部が昔から充実しており、木野花さんは美術科を専攻し、一旦は美術の先生になったわけです。

ちょうど劇団を退団した年に、出演していたコマーシャルで(金鳥ゴン)「亭主元気で留守がいい」というセリフがその年の新語・流行語大賞の銅賞を受賞しました。

この時、木野花さんともたいまさこさんが共演し、反響を呼びました。

木野花(きのはな、本名: 木野目留美子)

生まれ:1948年1月8日
出身:青森県

1963年:(推定)青森西高校入学
1966年:(推定)弘前大学入学
1970年:(推定)弘前大学卒業
1974年:「劇団青い鳥」を結成
1986年:劇団を退団
2004年:「3年B組金八先生」校長
2006年:「純情きらり」沢井ウメ
2007年:「どんど晴れ」ナレーション
2013年:「あまちゃん」メガネ会計ばばあ
2015年:「銭の戦争」白石三保子
2016年:「家売るオンナ」城ヶ崎泉
2018年:『愛しのアイリーン』助演女優賞
2020年:「絶対零度」杉原佳
その他出演等多数、
*略歴は当サイト独自のまとめであり、公式発表ではありません。
 

あらためて生まれた年を見ると、2021年現在70歳を優に越しておられますが、とても若々しいです。

「タンスにゴン」のコマーシャルはこちら。




似ていると話題になる、木野花さんともたいまさこさん


木野花さんの出身高校は青森県立青森西高等学校 

木野花さんの卒業した高校は、青森県立の青森西高等学校です。

年齢から推定すると、高校時代の1964年に東京オリンピックが行われたことになります。

ところで青森市の代表的な公立高校である「青森高校」の歴史は、旧制中学の時代を経て、1950年に男女共学の「青森県立青森高等学校」となりました。しかし、その後の1955年ころに同校をもう一度、男女別学に戻すかという議論があったとのことーー。

その結果、1963年の4月1日に「青森県立青森西高等学校」が女子校として発足したそうです。

ということは、木野花さんはまさに記念すべき1回目の入学生ということになりそうです。

通称「西高」と呼ばれる青森西高校は、つまり歴史は浅いようで、主な卒業生としては木野花さんが挙げられます。

さらに、同校は1996年度から再び?男女共学となっています。しかし木野花さんの時代は女子校だったことになります。

所在地:青森県青森市新城平岡266-20

同校は新青森駅に近く、余談ながら「三内丸山遺跡」も比較的近くに見えています。

ちなみに新幹線は「新青森駅」までが「東北新幹線」。新青森駅から北は青森市内でも「北海道新幹線」になります。

高校時代の「木野目留美子さん」は、どのような生徒だったでしょうか。本名は長いのですが、こちらもステキ。
いずれにしても、地元の国立大学に進学する優れた高校生だったことは確かです。

また、この時代に女子の大学進学率は低かったことから考えても、明確な意思をもって進学したであろうことが伺えます。

木野花さんの出身大学は弘前大学 

木野花

弘前大学は、青森県の弘前市にあります。
多くの県において、県庁所在地に国立大学があり、その県の名前が付いているケースが多いのですが、青森の場合、青森大学は私立大学で青森市に。

弘前大学の前身校である「青森師範学校」は戦時中に青森市に作られました。しかし青森大空襲で校舎を焼失したため、1945年に弘前市に移転。さらに1949年に新制度で弘前大学がスタートしました。

教育学部の教員養成課程が充実しており、2016年以降は形式(構成)が少々変わっていますが、現在も美術を専修する中学校コースがあります。

本部所在地:青森県弘前市文京町1

木野花さんは弘前大学で美術学科を卒業し、一年間、美術教師として仕事をしました。大学ではおもに彫塑を学んだ様子。

教師としての期間はストレスも多く、頭痛などに悩まされた時期でもありました。

そこでたまたまのように、『アングラ演劇』に接しその魅力に引き込まれていったという木野花さんです。当初は、そのうち教師に戻るというつもりで、演劇の世界に入ったけれど、上記のように1974年に「劇団青い鳥」を結成してから、すっかり劇団で大きな枠割を果たしてきたのでした。

上のツイートにもありますが、 「金鳥ゴン」のコマーシャルはたいへんブームになった様子。なにせ新語・流行語大賞の銅賞受賞でした。

その後、長い活動歴があり、幅広く知られるようになったのは2013年のNHKの連続小説『あまちゃん』出演が大きかったかもしれません。能年玲奈さん(現、のんさん)が「メガネ会計ばばあ!」と呼んでいたドラマの、あの独特の世界観は、多くの反響を呼びました。

余談。『あまちゃん』では、春子さん(小泉今日子さん)の若い時の回想シーンにだけ出ていた有村架純さんが、後に大きく起用されるようになりました。

木野花さんについては、『劇団☆新感線』の劇に出演したり、池袋の『舞台芸術学院』の出身者としても知られています。

輝くばかりのオーラを放つ木野花さん。
年齢を考えると、嘘みたい・・と思うほど、パワーに溢れています。

以上、木野花さんの出身校についてでした。

-その他の国立大学

執筆者:

関連記事

宮崎美子さんの出身大学と出身高校、才色兼備のタレント!

Contents1 篠山紀信が撮る!・・の表紙モデルに!2 宮崎美子さんの出身高校、最初は大分県立上野丘高等学校 3 宮崎美子さんの出身中学は大分大学教育学部附属中学校 4 宮崎美子さんの出身高校、2 …


当サイトでご案内している略歴は諸情報からのまとめであり、公式発表ではありません。また、略歴中の(推定)は特に公表はされていないけれど、計算上では推定されるという当サイトの年譜です。さらに肩書や所属等は記事作成時のもので、その後変わっている場合があります。どうぞご了承ください。