出身大学

出身大学はランキングされたり、年収との関わりや、社長数が多い大学は?等々話題になります。芸能人や著名人の出身大学、出身高校はどちらか。大学情報、高校情報も併せてご案内しています。

多摩美術大学

松任谷由実(ユーミン)さんの出身大学と出身高校、意外と美大出身

国民的シンガソングライター、ユーミン

松任谷由実(ユーミン)さんは言うまでもない代表的な女性シンガーソングライター。1954年生まれです。

旧姓名は荒井由実さん。夫は松任谷正隆氏で、1976年の結婚後に松任谷由実さんとして活動するようになりました。「松任谷由実 年齢」と探す方が多いのは、もちろん若々しいからでしょう。

生まれが1954年1月なので、学年としては昭和28年生まれの人と同学年となります。

東京の八王子の出身で、老舗の呉服店である荒井呉服店の二女として生まれました。中学と高校は私立の女子校である立教女学院に進学し、立教女学院高等学校を卒業。

美術大学の受験のために御茶の水美術学院(通称、お茶美)にも通い、多摩美術大学に進学しました。

立教女学院高等学校 ⇒ 多摩美術大学

多摩美に入った当初は染色を志していたと言います。学生時代にすでにデビューし、アーティスト活動をしています。

松任谷由実(ユーミン・旧姓:荒井由実)

生まれ:1954年1月19日
出身:東京都八王子市

1966年:(推定)立教女学院中学入学
1969年:(推定)立教女学院高等学校内部進学
1971年:17歳で作曲家デビュー
1972年:多摩美術大学、入学
1973年:11月ファーストアルバム『ひこうき雲』
1974年:ステージ活動を始める
1975年:「あの日にかえりたい」でオリコンチャート1位
1976年:松任谷正隆氏と結婚
1981年:「守ってあげたい」が年間ランキングでヒット
2005年:NHK紅白歌合戦に松任谷由実 with Friends Of Love The Earth名義で初出演(それまで辞退)
2013年:紫綬褒章受章
2018年:38回目となる「SURF & SNOW in Naeba」全8公演、第66回菊池寛賞、NHK紅白歌合戦「私が好きなユーミンのうた」
2019年:紅白歌合戦「ノーサイド」特別企画
2020年:紅白歌合戦「守ってあげたい」特別企画
アルバム、シングル等多数、数多の音楽活動は省略しています。

*略歴は当サイト独自のまとめであり、公式発表ではありません。

ムーミンならぬ、ユーミン(松任谷由実)さんの活動は、あまりに多彩で記しようもありません。一昔前の学生は、夜を明かして中島みゆきとユーミンについて、両者の違いやよりどっちが好きか等々語り合ったという話もあります。

中島みゆきさんとの比較は、安易に書けないくらいコンテンツが多いのですが、ユーミンがみゆきさんをライバルと称していたことは明らかです。

ユーミンの出身高校は立教女学院高等学校(出身中学も!)

松任谷由実さん、当時、荒井由実さんは中学の入学にあたり、立教女学院に進学しました。八王子出身の由実さんが、中学から杉並の久我山へ? と当初、疑問にも思いましたが、やはり中学から立教女学院でした。

2016年にTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」に出演したときには自ら、「スーパー中学生だった」「家から学校まで電車で約1時間の、キリスト教の女子校に通っていました」と語っています。

***

立教女学院高等学校は、キリスト教(日本聖公会)系の私立女子校で、立教大学の「学校法人立教学院」と一応別法人となりますが、創立者を同じくしています。

立教大学との関係は、2005年3月の卒業生から、原則、希望者全員が内部推薦進学が可能となりましたが、再び2016年3月卒業生からは121名に制限とされています。

出身者には、野際陽子さんや山形由美さん、市毛良枝さん、作家の村山由佳さんらがいます。

1877年に都内の湯島に「立教女学校」として設立された歴史ある学校。

立教女学院

所在地:東京都杉並区久我山4-29-60

***

上記のように、荒井由実さんは高校時代は御茶ノ水の「御茶の水美術学院」にも通って美術大学を目指したもよう。その前に、家庭教師について絵も学んでいたそうです。

藝大・美大受験でお馴染みの予備校に、お茶美、たちび(立川美術学院)、しんび(新宿美術学院)などあります。そこで御茶の水美術学院はまさに代表的な存在。

「お茶美」には浪人生も多数通学しています。しかし荒井由実さんは、高校生としてお茶美で受験に備え、現役合格を果たしたことになります。あらためて凄いですね。

御茶の水美術学院

所在地:東京都千代田区神田駿河台2−3

余談ながらこの御茶ノ水駅近辺は、駿台予備校の校舎も、中学受験の学習塾も、明大のキャンパスも立ち並びます。

自宅は八王子、学校は久我山、予備校は御茶ノ水という三角地点を忙しく移動していたパワフルな荒井由実さんでした。

松任谷(荒井)由実さんの出身地八王子と、出身小学校

大学の前に、荒井由実さんの子ども時代に遡ります。八王子の荒井呉服店の娘ということは昔から有名でした。

まず八王子の荒井呉服店ですが、2021年6月現在のGoogle Mapでは「荒井呉服店仮店舗」ということで、「甲州街道」沿いに、呉服伊勢屋の近隣に位置しています。

当時と微妙な違いがあるかもしれませんが、この仮店舗荒井呉服店と下記の八王子市立第一小学校は、ほんの100メートルばかりの近隣となります。

***

出身小学校についてはプロフィール等で一次資料が特定できません。

しかし個人の方のアメーバブログ(氷雨月のスケッチさん)を参照して、松任谷由実さんの出身小学校だけでなく、当時の荒井呉服店の諸々の事情や、お子さんのころの荒井由実さんのことなど、詳しく知ることができて有意義でした。

松任谷由実さんの出身小学校:八王子市立第一小学校

所在地:八王子市元横山町2丁目14−3

JRの八王子駅からも近い小学校です。

荒井家では由実さんのお兄さんが実家を継ぎ、弟さんが精神科医になっているとのこと。なお荒井呉服店の「荒井」さんは母方で、母の芳枝さんは自営業やPTA活動などに多忙な人でした。父の末男さんは、入り婿で事業を発展させた人物。

多忙な母に代わって由実さんのお世話をした家政婦の秀子さんのことや、中学に入ってからの由実さんのことなど、アメーバブログ(氷雨月のスケッチさん)に詳しく興味深く記されていました。

***

なお、立教女学院は、由実さんにとっては中学からですが、小学校からの生徒も多数いるなか、臆することなく堂々と、ある意味目立って過ごしていたもようです。

松任谷由実さんの出身大学は多摩美術大学

進学した多摩美術大学はご存知のように、代表的な私立の美術大学。多摩美術大学の創立は1935年のことで、現在の名称になったのは1953年のことでした。

キャンパスは世田谷の上野毛キャンパスもありますが、主要キャンパスは八王子市。荒井由実さんにとっては、一応地理的にも近い関係だったと言えるでしょう。

所在地:東京都八王子市鑓水2丁目1723

多摩美術大学からはもちろん多数の美術関係者が、生まれていますが、芸能人として片桐仁さん、小林賢太郎さん、竹中直人さんらがいます。俳優の加藤諒さんも、また小室等さん、写真家の蜷川実花さんも多摩美の出身です。

作曲家デビューは高校生の時で、多摩美に入学した1972年の7月には、シングル「返事はいらない」で荒井由実としてデビュー。

したがって学生時代は、美大生で作曲家で、一般の感覚からは想像できない多忙なものだったことでしょう。

***

音楽家としては、たとえば綾瀬はるかさんに「マーガレット」を楽曲提供していたり、世田谷区の名誉区民になっていたり、多彩な活動はじつに多岐にーー。

2018年には紅白歌合戦にも出場し、その後2019年も2020年も特別枠での出演となりました。2020年には、書き下ろし楽曲の「あなたと 私と」が刀剣乱舞-ONLINE-新主題歌となったことも反響を呼びました。

***

以上、松任谷由実さんの出身校についてでした。

-多摩美術大学
-, ,

執筆者:

関連記事

片桐仁さん(ラーメンズ)の出身大学と出身高校、美大卒だった!

Contents1 ラーメンズ終了、俳優としての片桐仁さん2 片桐仁さんの出身高校は埼玉県立春日部高等学校3 片桐仁さんの出身地、埼玉県宮代町と出身中学4 片桐仁さんの出身大学は多摩美術大学 ラーメン …

加藤諒さんの出身大学と出身高校

Contents1 10歳でデビューした加藤諒さん2 加藤諒さんの出身高校は常葉大学附属橘高等学校3 加藤さんの育った静岡市の葵区と地元の中学校4 加藤諒さんの出身大学は多摩美術大学  10歳でデビュ …


当サイトでご案内している略歴は諸情報からのまとめであり、公式発表ではありません。また、略歴中の(推定)は特に公表はされていないけれど、計算上では推定されるという当サイトの年譜です。さらに肩書や所属等は記事作成時のもので、その後変わっている場合があります。どうぞご了承ください。



カテゴリーは便宜上、国立、私立と並んでいます。順不同。高校については一部のみカテゴリー分けしています。