出身大学

出身大学はランキングされたり、年収との関わりや、社長数が多い大学は?等々話題になります。芸能人や著名人の出身大学、出身高校はどちらか。大学情報、高校情報も併せてご案内しています。

早稲田大学

俵万智さんは早稲田の第一文学部出身

俵万智さんは、現在の歌人で、最もよく知られる女性の一人。

大阪の現在の門真市出身で、育った福井県の代表的な公立高校である福井県立藤島高等学校から、早稲田大学に進学しました。

 

藤島高等学校 ⇒ 早稲田大学

早稲田では第一文学部に入り、日本文学を専攻しています。

 

高校では演劇部に入り、短歌は大学時代に「心の花」主宰の佐佐木幸綱さんに師事して始めました。卒業して、高校の国語の先生をしながら発表した『サラダ記念日』はあまりに有名。

サラダ記念日、チョコレート革命といった、身近なカタカナが上手く用いられている歌風で、短歌ファンを広げた功績もあることでしょう。

 

俵万智(たわら まち)

生まれ:1962年12月31日
出身:大阪府門真市
1978年:(推定)藤島高等学校入学
1881年:(推定)早稲田大学入学
1885年:早稲田大学卒業、神奈川県立橋本高等学校の国語教員。『野球ゲーム』で角川短歌賞次席
1886年:『八月の朝』で角川短歌賞受賞
1987年:『サラダ記念日』がベストセラーに
1988年 :『サラダ記念日』で現代歌人協会賞受賞
1989年:橋本高校退職
1991年:国語審議会委員
1997年:『チョコレート革命』
2003年:『愛する源氏物語』文藝春秋、男児出産
2011年:震災後仙台から石垣島に移住
2018年:『牧水の恋』
その他発表作等多数

*略歴は当サイト独自のまとめです。

 

 

 

出身大学は早稲田大学、出身高校は福井県立藤島高等学校

 

藤島高等学校は、もともとは福井の藩校、明道館から始まっており、創始者は松平春嶽になります。横井小楠や橋本左内も関わる、錚々たる学校としてスタートしました。

福井県の高校偏差値

藤島高校は現在も福井県のトップ校と言って良さそうです。

 

出身者には高田博厚さん、宇野重吉さん、ノーベル賞の南部陽一郎さんと、スゴイ人物が並んでいます。平塚らいてうと共に活動した奥むめおさんも、前身の福井高等女学校を出ています。

その後も各界で活躍する人物は多く、詩人の荒川洋治さん、舞台俳優の瀬戸弘司さんらがいます。

福井県立藤島高等学校の所在地は、福井市文京2丁目8番30号

 

住所からも充分、推定されるように福井市の中心部にあります。

 

俵万智さんは、指定校推薦で早稲田に進学ということで、推薦枠等詳しいことは分かりませんが、指定校枠だからこそ高校時代の優れた成績が必要となります。

 

進学先の早大の第一文学部は、ご存知のようにその後の制度の改変により、この名称で募集されたのは2006年までとなっています。

 

早稲田大学の一文出身者はもちろん多数。

文学関係だけ見ても、阿刀田高さんや五木寛之さん、大口玲子さん、小川洋子 さん、小和田哲男さん、北川悦吏子さん、東海林さだおさん、高橋三千綱さん、野坂昭如さん、久間十義さん、堀江敏幸さん、村上春樹さんなどなど・・

 

総理大臣になった小渕恵三氏も。

 

俵万智さんは、歌集の他にエッセイも多数、表しています。

 

ご本人のツイッターを見ると、いまも幅広い活動でお忙しそうです。

 

-早稲田大学
-, ,

執筆者:

関連記事

室井滋さんの出身大学と出身高校

室井滋さんは個性派女優として、著書も面白く、存在感の大きな方です。富山県の出身で富山の県立高校を経て早稲田大学へ。早稲田の在学中にシネマ研究会で活躍し自主映画の女王という呼び方は、この頃から来ています …

益岡徹さんは早稲田出身、卒業後に無名塾に・・

益岡徹さんは幅広い役柄をそつなく熟す俳優。信頼できる上司や、頭の切れ味の良い姿で、いつもドラマ等で誰もが目にする役者さんです。 Contents1 無名塾と益岡徹さん2 出身大学は早稲田大学、出身高校 …

平田満さんの出身大学と出身高校

平田満さんは、あまりに多くのドラマでお見かけするベテラン俳優さん。愛知県の出身で地元の時習館高等学校を経て早稲田に進学しました。 愛知県立時習館高等学校 ⇒ 早稲田大学 早稲田では第一文学部でした。早 …

小田和正さんは東北大学出身のシンガソングライター

小田和正さんはご存知のシンガソングライターで音楽プロデューサーなど多彩な活動をされています。 2016年4月に発売された『あの日 あの時』がオリコン週間1位となることで、現在、矢沢永吉を越してアルバム …

近江友里恵さんの出身大学と出身高校

近江友里恵さんは現在ブラタモリで活躍するNHKのアナウンサー。最近、結婚の報道された桑子真帆さんの後任です。大抜擢ともいえるでしょうけれど、有望視されるアナウンサーは地方局を経て東京アナウンス局に来る …


当サイトの略歴は諸情報からのまとめであり、公式発表ではありません。(推定)は特に公表はされていないけれど、計算上では推定されるという当サイトの年譜です。また肩書や所属等は記事作成時のもので、その後変わっている場合があります。どうぞご了承ください。