出身大学

出身大学はランキングされたり、年収との関わりや、社長数が多い大学は?等々話題になります。芸能人や著名人の出身大学、出身高校はどちらか。大学情報、高校情報も併せてご案内しています。

早稲田大学

角田光代さんは早稲田大学第一文学部を出て小説家に(出身高校など)

受賞歴が多く、審査委員を多数つとめる角田光代さん

角田光代さんは話題作を多数著している小説家。神奈川県の出身で、捜真女学校中学部・高等学部を経て早稲田大学の第一文学部に入りました。

小学校も、同じ系列の捜真小学校を出ていますから、角田さんは小学校から高校まで捜真学院ということでしょう。

捜真女学校高等学部 ⇒ 早稲田大学

大学在学中にすでにジュニア小説でデビューしていますが、大学卒業の一年後には海燕新人文学賞を受賞して角田光代名でデビュー。

じつに順調なスタートに見えます。小説家になりたいと子どもの頃から思ってきたという角田さんならでは、かもしれません。

角田光代(かくたみつよ)

生まれ:1967年3月8日
出身:横浜市

1973年:(推定)捜真小学校入学
1982年:(推定)捜真女学校高等学部入学(内部進学)
1985年:(推定)早稲田大学入学
1988年 :「お子様ランチ・ロックソース」コバルト・ノベル大賞受賞
1989年:早稲田大学卒業
1990年:「幸福な遊戯」で第9回海燕新人文学賞
1993年:「ゆうべの神様」、「ピンク・バス」で芥川賞候補
2002年:「空中庭園」2005年に映画化
2004年:「対岸の彼女」2006年にドラマ化
2006年:伊藤たかみ氏と結婚(2008年に離婚)
2007年:「八日目の蝉」2011年に映画化
2009年:河野丈洋氏と再婚
2012年:「紙の月」2014年に映画化
2017年:「もう一杯だけ飲んで帰ろう」河野丈洋氏と共著
2018年:「私はあなたの記憶のなかに」
2019年:「愛がなんだ」映画化
その他、発表作等多数、(作品数が多いため、上記は僅か一部となります。映画化された作品、ドラマ化された作品も他に多数)

*略歴は当サイト独自のまとめであり、公式発表ではありません。

受賞歴も書ききれないほど多数ですが、現在、角田さんは多数の賞の選考委員となっています。

この時の対談相手は西加奈子さんでした。

角田光代さんの出身高校は捜真女学校高等学部

上記のように角田光代さんは小学校から高校まで捜真学院に通っています。中学と中学と高校の正式名は捜真女学校中学部・高等学部で、学校名に「女学校」が付いています。

創立は1886年と古く、当時の名前は『英和女學校』でした。

所在地:横浜市神奈川区中丸8番地

近くに神奈川大学のキャンパスも見えています。

一般にお嬢様学校のイメージが強いようです。出身者には、阿木燿子さんや中村うさぎ さんが居て、ともに分筆界で活躍しています。

***

捜真女学校高等学部の創立は聖書の日本語訳をしていた宣教師の妻が、女子教育の塾を始めたということで、1891年には『捜真女学校』の名も定まりました。

当初の名前『英和女學校』は、「花子とアン」で花子が「ごきげんよう」との挨拶で通っていたお嬢様学校のことかと、分からなくなったため確認しましたところ、「花子とアン」のモデル的存在、村岡花子さんが通ったのは、1884年創立の「東洋英和女学校」でした。

ということで、いずれにしても歴史のあるミッションスクールといえます。

***

同校では中高一貫ですが、近年、高校からの入学者もいます。また「みんなの高校情報」サイトによりますと、合格実績としては明治学院24名、立教大学22名、青山学院20名、上智大学18名、慶応7名、早稲田6名などでした。

角田光代さんの出身地横浜と出身小学校、出身中学校

あらためて高校以前を確認すると、角田光代さんは小学校からひたすら捜真学院でした。学校法人捜真学院は小学校から高校までを運営しています。すぐ近くに捜真幼稚園もありますが、一応、幼稚園の運営者は別法人。

角田光代さんの出身小学校:捜真小学校

 

所在地:横浜市神奈川区中丸8番地

角田光代さんの出身中学校:捜真中学校

所在地:横浜市神奈川区中丸8番地

列挙するまでもなく同じキャンパスにあります。

出身大学は早稲田大学、第一文学部

早大を選んだ理由は、確かなことは分かりません。しかし小説家を志していた角田さんが早稲田大学第一文学部に入ったのは普通の成り行きだったことでしょう。

*曖昧な記憶で恐縮ながら、角田さんのエッセイのどこかで、いろんな大学を受けたけれどたまたま(?)のように早稲田に通ったようなことが書かれていました。謙遜もあるでしょうけれど、いずれにしても早稲田を特に目指していたわけではないようです。かつ大学のランク等は眼中になかった印象を受けました。

所在地:東京都新宿区戸塚町1丁目104

早稲田大学第一文学部については、第一文学部としての入学は2006年までとなっています。

早稲田では、学生劇団「てあとろ50’」にも所属していました。早稲田では演劇活動が盛んで堺雅人さんは、劇団「東京オレンジ」に参加。長野里美さんは第三舞台に参加しています。それぞれに時代が少々異なりますがーー。

***

出身者はもちろん多く、阿刀田高さんや五木寛之さん、大口玲子さん、俵万智さん、小川洋子 さん、小和田哲男さん、北川悦吏子さん、東海林さだおさん、高橋三千綱さん、野坂昭如さん、久間十義さん、堀江敏幸さん、村上春樹さん等がいます。

角田光代さんは上記略歴にあるように、早稲田の学生時代に「お子様ランチ・ロックソース」でコバルト・ノベル大賞を受賞しています。

ただし「ジュニア小説」の枠にいることは本意ではなかったとのこと。

***

大学を卒業後に間もなく海燕新人文学賞を受賞したり、芥川賞の候補になったり、快進撃で発表と授賞を重ねてきました。

また、角田さんの主要作品は、NHKの「ドラマ10」でドラマ化されたり、さらに映画化されたり、かなり幅広いファンから支持されていると言えそうです。受賞歴も上記のように多数ですが、ドラマ化、映画化された作品もその後もさらに増殖中。

個人的には「八日目の蝉」の最後の場面に、こんな表現ができる作家がほんとうにいたのだと、少なからず衝撃を受けました。

「八日目の蝉」は井上真央さん永作博美さんの出演で映画化されました。「対岸の彼女」にちょっとだけ登場の若い多部未華子さんも印象的。

***

角田光代さんの作品には、海外で歩いた風景、どこかで食べたもの、自身が走ったりボクシングに通ったり・・・が、見事に形になってポトンと産み落とされているように感じます。作家ですから当たり前でしょうけれど、

短編小説の一つ、「誕生日休暇」のように短いストーリーの中にも、世界の旅情と物語が見事に融合して、地理好きにはさらにたまらない魅力です。

2017年から2020年にかけて出された『源氏物語』の新訳 上中下も注目されています。

角田光代さんの本(アマゾン)

***

以上、角田光代さんの出身校についてでした。

-早稲田大学
-, ,

執筆者:

関連記事

長野里美さんの出身大学と出身高校、舞台からのベテラン女優!

Contents1 「小劇場の女王」と言われた長野里美さん 2 長野里美さんの出身高校は神奈川県立多摩高等学校 3 長野里美さんの出身大学は早稲田大学(文学部)  「小劇場の女王」と言われた長野里美さ …

藤木直人さんの出身大学と出身高校

Contents1 双子の弟、藤木直人さん2 藤木直人さんの出身高校は千葉県立佐倉高校3 藤木直人さんの出身地と出身小学校、出身中学校4 藤木直人さんの出身大学は早稲田大学、理工学部 双子の弟、藤木直 …

近江友里恵さんの出身大学と出身高校

Contents1 近江友里恵さんはブラタモリから、あさイチから、民間企業へ2 出身高校は昭和女子大附属高校(出身中学も)3 近江友里恵さんの出身地高知と出身の小学校4 近江友里恵さんは出身大学は早稲 …

原田宗典さんは早稲田の一文出身で、ユニークな作品を多数

Contents1 高校生で短編小説を書いていた原田宗典さん2 出身高校は岡山操山高等学校3 生まれと育ち(中学まで)は東京4 原田宗典さんの出身大学は早稲田大学 高校生で短編小説を書いていた原田宗典 …

小田和正さんは東北大学出身のシンガソングライター

Contents1 アルバム首位獲得最年長アーティストの小田和正!2 小田和正さんの出身高校は神奈川の聖光学院(出身中学も)3 小田和正さん出身大学は東北大学、建築を専攻4 さらに早稲田大学大学院へ …


当サイトでご案内している略歴は諸情報からのまとめであり、公式発表ではありません。また、略歴中の(推定)は特に公表はされていないけれど、計算上では推定されるという当サイトの年譜です。さらに肩書や所属等は記事作成時のもので、その後変わっている場合があります。どうぞご了承ください。



カテゴリーは便宜上、国立、私立と並んでいます。順不同。高校については一部のみカテゴリー分けしています。