出身大学

出身大学はランキングされたり、年収との関わりや、社長数が多い大学は?等々話題になります。芸能人や著名人の出身大学、出身高校はどちらか。大学情報、高校情報も併せてご案内しています。

神戸大学

佐々木蔵之介さんの出身大学と出身高校

造り酒屋の息子!佐々木蔵之介さん

佐々木蔵之介さんは、造り酒屋の息子であることに由来する「蔵之介さん」として大俳優への道を日々登っているように見えます。蔵之介さんは当初、家業を継ぐために大学を選んでいました。

洛南高等学校 ⇒ 東京農業大学 ⇒ 神戸大学農学部

佐々木酒造を継ぐために酒米の研究などをしていた佐々木蔵之介(本名:秀明)さんですが、学生時代に劇団の旗揚げに参加して以来、劇団の看板俳優として全公演に出演し活躍しました。

(京都の名門洛南高校から一度は東京農業大学に入り、受験をしなおして神戸大学に入学したということが、インタビュー記事から分かりました)

佐々木蔵之介(ささきくらのすけ)

生まれ:    1968年2月4日
出身:京都市、3人兄妹の次男
事務所:ケイファクトリー

1980年:(推定)二条中学入学
1983年:(推定)洛南高校入学
1987年:(推定)東京農業大学農学部に入学(一浪後)
1988年:(推定)神戸大学農学部に入学、劇団「惑星ピスタチオ」参加。
1992年:(推定)神戸大学卒業、広告代理店「大広」に入社
1994年:退社
2000年:連続テレビ小説『オードリー』出演
2006年:『間宮兄弟』主演
2014年:『超高速!参勤交代』内藤政醇役
2015年:『ソロモンの偽証』藤野剛役
2017年:『ひよっこ』牧野省吾役
2018年:「嘘八百」
2019年:『家康、江戸を建てる、水を制す」』大久保藤五郎
2020年:『知らなくていいコト』岩谷進 、『麒麟がくる』 木下藤吉郎
2021年:『ミヤコが京都にやって来た!』、『IP〜サイバー捜査班』、『科捜研の女 -劇場版』「君子無朋」公演中止

その他出演等多数

*略歴は当サイト独自のまとめであり、公式発表ではありません。(大学入学の年次など一部修正しました)

佐々木蔵之介さんの出身高校は名門の洛南高等学校

洛南高等学校は中学校も付属していますが私立の高校で、設置しているのは学校法人真言宗洛南学園。学校は東寺の境内にあるそうです。

そういえば東寺を時間をかけて散策したときに、東寺に接して高校があったことを思い出しました。

京都の方には今さらかもしれません・・

洛南高等学校

所在地:京都府京都市南区東寺町559

洛南高等学校(洛南高校)は全国的にもトップレベルの高校です。京都にあって京大への進学者数は常に上位にある優れた高校。

洛南高校の合格実績は、「みんなの高校情報」によると2020年の場合、東大13名、京大64名、神戸大学16名となっています。さらに立命館大学129名、同志社大学99名など、京都の主力進学校であることが如実となっています。

ただし同校が中高一貫となったのは1985年のことで、佐々木さんが入学したあとのこと。また2005年からは男子校でなく共学校となりました。2014年からは小学校も別の場所に開校ーー。

洛南高校は現在、京都のトップクラスの進学校であることはたしかですが、法人としての努力が実って、時間をかけて進学実績も徐々に高めてきた様子です。

***

ところで進学校ということですが、ご本人はそこで、いわゆる勉学に燃えていたかというと、そうでもないようです。

洛南高校時代の自分を蔵之介さんは、2005年当時の三鷹市芸術文化センターのインタビューで、こう言っていました。とても表に出るタイプではなかったそうです。

その頃を知っている人は、僕が舞台に立つなんてことは考えられないと思います。

高校2年の時に、文系に行くか理系に行くかの選択があって、自分としては漠然と「経済学部にでも行こうかな」と思っていたんですが、母が「実家を継ぐという選択肢もあるよ」と言ったので、「じゃあ、継いでもいいよ」と…。それで、酒造りに役立つ農学部を受験しました。

(http://mitaka.jpn.org/calender/star/062i.shtml より)

また、AERAdotの取材では2016年に、佐々木さんは高校時代に「成績はめっちゃ下のほうでした」とも語っています。

佐々木さんの実家、京都の老舗の酒屋と出身小学校、出身中学校

大学受験の前に、出身地の話に戻ります。

蔵之介さんの実家は現在、弟の佐々木晃さんが継いでいることはよく知られています。ところで佐々木酒造のある場所は、聚楽第のあったあたりだとか・・

いつも自己紹介のところで佐々木酒造です、と言ってもあまり皆さんご存じない感じなのですが、最近は俳優の佐々木蔵之介の弟です、というと結構知ってくださる方があって、うれしいような複雑な気分です。
まあ、そんなことで、大学では中国文学科だった私が嫌々酒屋を継ぐことになったわけです。

(佐々木酒造 ごあいさつより)

佐々木酒造

所在地:京都府京都市上京区北伊勢屋町727

個人情報になりかねないのですが、こちらはあくまでも「佐々木酒造」の所在地です。次男が蔵之介さんで、長男の方は東大卒の建築家という噂もありますが、いずれ酒造の分野ではありませんでした。

蔵之介さんは一旦は、酒造業を継ごうとしたけれど、結局は演劇の道に進み、三男さんの晃さんが継いだという形になるようです。

***

さらに出身校については、著名人となった佐々木蔵之介さんの出身の小学校、中学校は以下であることが知られています。

出身小学校:ノートルダム学院小学校

所在地:京都市左京区下鴨南野々神町1−2

名前の通りで、同校は京都ノートルダム女子大学のキャンパスにあります。

***

出身中学校:京都市立二条中学校

所在地:京都市上京区 竹屋町通千本東入主税町911

こちらは名前から想像したように、まさに二条城に隣接するような公立中学です。上に見えている写真では、道の右側が二条中学、左側が二条城となっています。

京都市内について個人的感想を言うとキリがなく蛇足ですが、二条城の隣で勉強できるとは・・そして、東寺の境内で勉強できるとは、なんとも羨ましいような環境です。

佐々木蔵之介さんの出身大学、まずは東京農業大学

佐々木蔵之介さんは、上記の経緯で一浪後に東京農業大学に入学しました。当時は佐々木酒造を継ぐという明確な目的をもって東京農業大学(私立)に進学したようです。

東京農業大学

所在地:東京都世田谷区桜丘1丁目1−1

東京農業大学は厚木キャンパスなどもあり広大ですが、本部は世田谷。

ちなみに農業大学が舞台となっている漫画『もやしもん』の大学は、東京農業大学であろうと考える人が多いのですが、作者は、特定の大学は意図してないそうです。お酒づくりの話は、もちろん『もやしもん』に登場します。

東京農業大学のなかにはお酒関係を扱う「醸造科学科」があります。

***

蔵之介さんは入学後、じつは早々に次の受験を目指して予備校に通い、勉強していたようです。公式のプロフィールに東京農業大学ということを明らかにしていないのは、そのへんの配慮なのかもしれません(個人の感想)。

佐々木蔵之介さんの出身大学は神戸大学

佐々木蔵之介さんは、高校卒業後に一浪後に東京農大に入り、しかし中退して翌年、つまり普通の受験でいうと2浪したタイミングで神戸大学に入学したもようです。

*以前このページでは、佐々木さんについて東京農大から神戸大学に「編入」としていましたが、上記の三鷹市芸術文化センターのインタビューの続きを見ると、編入ではなく受験をし直したと解釈できます。

また、2浪で入学したと推計すると、その後神戸大学を4年間で卒業して就職した年と、計算が合います。)

一浪して一度は東京の大学へ進んだのですが、もう一度次の年受験し直して神戸大に進学しました。

(http://mitaka.jpn.org/calender/star/062i.shtml より)

神戸大学

所在地:兵庫県神戸市灘区六甲台町1−1

住所のごとく、海岸と並行して走るJRなどと、六甲山の間の「台」にある神戸大学です。

神戸大学の出身者には、落語家さんが複数います。桂枝雀さん、桂吉弥さん、桂そうばさんなど。各界で活躍する人物はもちろん多数で政治家では高市早苗さんがいます。

ちなみに蔵之介さんが初めて主演した『間宮兄弟』には、なぜかのように(!?)母親として中島みゆきさんが出演していました。

***

佐々木蔵之介さんは、神戸大学に入った直後について、こう語っていました。演劇サークルを訪ねた時のことです。

東京では1年間、それなりに友人もできてはいましたが、受験し直すことも頭にあって、自分を狭めていたんですね。その反動の開放感もあったと思います。その場で先輩に「入るか?」と誘われて「はい。入ります」と言ってしまいました。

(同上)

そして翌年には劇団「惑星ピスタチオ」の旗揚げに参加しました。

また神戸大学入学当初について、AERAdotの記事では、こうも答えています。

それから神戸大に入って、もう受験勉強しなくてもよくなって、サークルの勧誘で演劇に出会ったんです。

(https://dot.asahi.com/wa/2016070100066.html より)

***

一方で、卒業後に広告代理店に勤めたのも、家業を継ぐ意思があり、勉強の意味もありました。

それだけに、俳優を志した当初は父親の佐々木勝也さんは反対したそうです。一時は勘当のように父は蔵之介さんを拒絶したと、一部の週刊誌では伝えていました。

しかし、佐々木さんのその後の活躍には、父の佐々木勝也さんも目を細めていたそうです。「オードリー」という名の日本酒が発売されたとかーー。

***

舞台俳優さんのオーラが、朝ドラ「ひよっこ」でも感じられる気がした佐々木さんです。

佐々木蔵之介さんというと結婚というキーワードが頻出しますが、鶴瓶さんは彼は性格が真面目すぎて結婚できない、などとコメントしていました。

2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』では佐々木蔵之介さんが藤吉郎(豊臣秀吉)を演じました。このドラマでは信長が丸顔で可愛らしいくらいーー。一方の佐々木さん演じる藤吉郎が体格もよく貫禄もあり、なんともユニークなオーラを放っているようです。

このドラマではあまりに個性のある「秀吉」像でしたが、佐々木さんの「秀吉」ならば、晩年の心細い境遇の太閤秀吉になっても、貫禄と気持ちの幅を見せてくれそうです。実際は秀吉の晩年は描かれませんでしたが。

***

以上、佐々木蔵之介さんの出身校についてでした。

-神戸大学
-, ,

執筆者:

関連記事

高市早苗さんの出身大学と出身高校、松下政経塾の出身

Contents1 総裁選で注目の高市早苗さん2 高市早苗さんの出身高校は奈良県立畝傍高等学校3 高市早苗さんの育った橿原市と出身の小学校、中学校4 高市さんの出身大学は神戸大学(早慶にも合格していた …

桂吉弥さんは神戸大学出身で落語家に・・

Contents1 「国立大学に行ったのに・・」と言われた桂吉弥さん2 桂吉弥さんの出身高校は府立春日丘高等学校 3 吉弥さんの出身地、豊中市と茨木市4 桂吉弥さんの出身大学は神戸大学 「国立大学に行 …


当サイトでご案内している略歴は諸情報からのまとめであり、公式発表ではありません。また、略歴中の(推定)は特に公表はされていないけれど、計算上では推定されるという当サイトの年譜です。さらに肩書や所属等は記事作成時のもので、その後変わっている場合があります。どうぞご了承ください。



カテゴリーは便宜上、国立、私立と並んでいます。順不同。高校については一部のみカテゴリー分けしています。