出身大学

出身大学はランキングされたり、年収との関わりや、社長数が多い大学は?等々話題になります。芸能人や著名人の出身大学、出身高校はどちらか。大学情報、高校情報も併せてご案内しています。

慶應大学

池井戸潤さんの出身大学と出身高校

池井戸潤さんは「半沢直樹シリーズ」の著者としてあまりに有名。連続ドラマだった『空飛ぶタイヤ』がさらに映画化されることでも注目されます。岐阜県の出身で県でも代表的な県立進学校の加茂高校から、慶應大学に進んでいます。2017年に54歳になります。

岐阜県立加茂高等学校 ⇒ 慶應義塾大学

池井戸潤(いけいどじゅん)

生まれ:    1963年6月16日
1979年:県立加茂高校入学(推定)
1982年前後:慶應大学入学(推定)
1988年:三菱銀行に入る
1995年:銀行を退職しビジネス書執筆など
1998年:『果つる底なき』江戸川乱歩賞、作家デビュー
2004年〜『半沢直樹シリーズ』
2006年:『空飛ぶタイヤ』直木三十五賞候補など
2010年:『下町ロケット』
2012年:『ルーズヴェルト・ゲーム』
2015年:『下町ロケット2 ガウディ計画』

 

池井戸氏の作品のうちかなりがドラマ化、映画化されています。2009年WOWOWの『空飛ぶタイヤ』(仲村トオル)、2013年の『半沢直樹ーオレたちバブル入行組・オレたち花のバブル組ー』(堺雅人)、2015年に放送された『ようこそ、わが家へ』(相葉雅紀)や、『民王』(遠藤憲一・菅田将暉)など、人気ドラマで池井戸潤氏を知ったファンも多いとのこと。

 

最近はこちらの話題が多く見られました。

 

出身大学は慶應大学、出身高校は県立加茂高等学校

 

県立加茂高校は特に1990年代までには東大等の国公立大学への合格者を多数出していたとのことで、池井戸氏の高校時代はまさにその時代に当たりそうです。

高校偏差値岐阜

岐阜県美濃加茂市本郷町二丁目6番地78にあります。

脚本家の北川悦吏子さんも加茂高校出身とは、また凄いです。北川悦吏子さんは1961年生まれなので、勝手に推測すると加茂高校で北川さんが高3、池井戸さんが高1という時期があったのではないでしょうか。

北川悦吏子さんの出身大学と出身高校

大学進学時や卒業時の詳細は分からないのですが、慶応の卒業が「文学部・法学部卒業」とデータに載っています(https://www.keio.ac.jp/ja/news/2011/kr7a43000006wi2p.html)。文学部を4年で卒業してから法学部に入ったのか、または編入か不明ながら2011年に『下町ロケット』の直木賞が発表された時、慶應義塾内のニュースにそのように掲載されました。

慶應大学の偏差値

 

慶応大学出身の作家やジャーナリストは多く、池上彰さんや竹田恒泰氏、山本一郎氏などもいます。テレビで見かける俳優やアナウンサーは数え切れませんが、石坂浩二さんも小出恵介さんも、阿川佐和子さんもふかわりょうさんも慶応ですね。

現在は新刊『アキラとあきら』(徳間文庫)が発売中です。

追記:その後ドラマ化されました。

-慶應大学
-, ,

執筆者:

関連記事

紺野美沙子さんの出身大学と出身高校

紺野美沙子さんは2017年に57歳になります。慶応女子、慶応大学の出身で、国連開発計画親善大使としてアジア・アフリカを回るという活躍でも知られています。知名度のわりに近ごろあまりドラマ等でお見かけしな …

葵わかなさんの出身大学と出身高校

葵わかなさんが2017年の連続テレビ小説『 わろてんか』ヒロインに決定し、すでにクランクインして注目されます。一方で葵わかなさんは2017年1月に慶應義塾大学総合政策学部に合格しており両車輪が一気にス …

阿部純子さんの出身大学と出身高校

阿部純子さんは小学生の頃から活躍してきた女優さんで、吉永淳さんの芸名だった時代もありますが、現在は本名の阿部純子さん。2018年公開の映画「孤狼の血 」へも出演が決まっています。 大阪の出身で、大阪の …

檀ふみさんの出身大学と出身高校

Contents1 名門の「檀」家に生まれた檀ふみさん2 出身高校は東京教育大附属高校3 檀ふみさんさんの出身大学は慶應義塾大学 名門の「檀」家に生まれた檀ふみさん 檀ふみさんは、檀一雄さんが父、檀太 …

石坂浩二さんの出身大学と出身高校

石坂浩二さんが2017年、ユニークなドラマ『やすらぎの郷』で主演しています。今年76歳になる石坂浩二さんの経歴は振り返りきれません。幼稚園は「小さき花の幼稚園」だそうで田園調布小学校を経て、あとはずっ …


当サイトでご案内している略歴は諸情報からのまとめであり、公式発表ではありません。また、略歴中の(推定)は特に公表はされていないけれど、計算上では推定されるという当サイトの年譜です。さらに肩書や所属等は記事作成時のもので、その後変わっている場合があります。どうぞご了承ください。