出身大学

出身大学はランキングされたり、年収との関わりや、社長数が多い大学は?等々話題になります。芸能人や著名人の出身大学、出身高校はどちらか。大学情報、高校情報も併せてご案内しています。

東京外語大

鈴木亮平さんは東京外語大学出身の実力俳優

鈴木亮平さんは2018年に35歳で活躍中の俳優さん。2018年の大河ドラマ『西郷どん』の西郷隆盛役も決まっています。兵庫県地元の西宮市内の小中学校と、県立高校を経て、東京外語大を卒業しました。

兵庫県立芦屋南高等学校 ⇒ 東京外国語大学

県立芦屋南高校は現在、兵庫県立国際高等学校に変わりました。その高校時代に高校生のドイツ語コンテストで優勝という、優れた成績を残しました。

東京外語大では欧米第一課程英語専攻となっています。卒業までに芸能事務所などを履歴書を持って多数回ったことが知られていますが、結果として卒業した2006年のうちに俳優デビューした鈴木さんです。

 

鈴木亮平(すずきりょうへい)

生まれ:1983年3月29日
出身:兵庫県西宮市
2006年:東京外国語大学卒業
2006年:男性用水着をPRする初代のキャンペーンボーイに選出
    『レガッタ〜君といた永遠〜』で俳優デビュー
2011年:一般女性と結婚
2013年:「彼岸島」宮本篤
2014年:連続テレビ小説『花子とアン』村岡英治役
2015年:『天皇の料理番』秋山周太郎役、『俺物語!!』剛田猛男役
2017年:『銭形警部 漆黒の犯罪ファイル』銭形幸一役、『忍びの国』下山平兵衛役
2018年:NHK大河ドラマ『西郷どん』西郷隆盛役

追記
2019年:「ひとよ」稲村大樹役
2020年:「燃えよ剣」近藤勇役
その他、出演多数

 

『天皇の料理番』で20キロ痩せ、『俺物語!!』では30キロ増やすという「肉体改造」を行っており、一方で世界遺産検定1級の合格者という幅広い才能を見せてくれます。

奥さまのことは一般の方なのであまり情報がありません。しかし、年上だとか有村架純さんに似ている等々のウワサはあります。いずれ、子煩悩な鈴木さんということは想像できる気がします。

 

 

出身大学は東京外語大、出身高校は県立芦屋南高等学校

 

上記のように県立芦屋南高等学校はその後、2005年からは兵庫県立国際高等学校と変更されています。校舎などは芦屋南高校時代のものを使っているそうです。2003年に開校した兵庫県立国際高等学校では、中高一貫校として兵庫県立芦屋国際中等教育学校も開校しました。

国際高校になった経緯(設置の科など)と、鈴木亮平さんの語学力が関係あるか詳細は分かりません。しかしいずれにしても日本を代表する外国語大学に進みました。

 

 

芦屋南高等学校では鈴木亮平さんの同期に、モデルのミカエルさんもいました。

 

東京外語大では現在、言語文化学科と国際社会学科があります。鈴木さんは実用英語技能検定1級を持っています。優れた学力を持ちながら、俳優としてたいへんパワフルな姿を見せてくれる鈴木さんが、いよいよ大河ドラマの主役となり、西郷隆盛役がたいへん楽しみです。

 

東京外語大学偏差2018年用

東京外語大の出身者には吉永みち子さんや呉善花さんがいます。時代を遡ると二葉亭四迷さんも。女優の中村優子さんも東京外語の出身です。

桑子真帆さんの出身大学と出身高校

外国語能力が演技にどう活かされるかは別問題でしょうけれど、鈴木さんにはあらゆる役をこなしてしまう不思議な魅力があるようです。

 

追記:2018年の大河ドラマ『西郷どん』が始まり、2月末現在やっと江戸に旅立つことになった西郷どん@鈴木亮平さんです。頼もしくて優しくて包容力のある西郷隆盛を、鈴木さんならではの魅力で表していて、好評です。

 

 

少々恋愛要素が加味された筋のようですが、西郷隆盛の人柄は、なるほどと新たな面を見せてくれている気がして、楽しみです。相撲をとって渡辺謙さんを投げ出す場面では、鍛え上げた肉体美でした。

 

-東京外語大
-,

執筆者:

関連記事

桑子真帆さんは東京外語大出身でNHKの主力アナに・・

桑子真帆アナウンサー。ブラタモリで一躍脚光を浴びましたが、2017年5月にフジテレビの谷岡慎一アナウンサーと結婚が決まりました。出身校は以下です。   鴎友学園女子高等学校 ⇒ 東 …

光浦靖子さんの出身大学と出身高校

光浦靖子さんは46歳。オアシズとして大久保佳代子さんとコンビを組んでいます。(大久保佳代子さんの出身大学と出身高校)大久保さんと同じ小・中・高で過ごし県立成章高等学校を経て、東京外国語大学(東京外語大 …


当サイトの略歴は諸情報からのまとめであり、公式発表ではありません。(推定)は特に公表はされていないけれど、計算上では推定されるという当サイトの年譜です。また肩書や所属等は記事作成時のもので、その後変わっている場合があります。どうぞご了承ください。