出身大学

出身大学はランキングされたり、年収との関わりや、社長数が多い大学は?等々話題になります。芸能人や著名人の出身大学、出身高校はどちらか。大学情報、高校情報も併せてご案内しています。

日本大学(日大)

大塚寧々さんの出身大学と出身高校

写真学科から女優になった大塚寧々さん

大塚寧々さん、本名、田辺寧々さんは各種のドラマで活躍中。1968年生まれです。柔らかい母親、そうでない(?)妻等、出演のシチュエーションに合わせて、いろんな表情を見せてくれます。

東京都の出身で、都内の私立女子校である「香蘭女学校」で中学校と高校時代を過ごし、大学は日大の芸術学部写真学科に進学しました。

香蘭女学校高等部 ⇒ 日本大学

高校時代には写真部に所属。

大学進学の時点で女優などは目指していなかったそうで、モデルに起用されなかったら写真家になっていたかもしれません。

2002年に田辺誠一さんと結婚しました。

大塚寧々(おおつかねね)

生まれ:1968年6月14日
出身:東京都

1981年:(推定)香蘭女学校中等部入学
1984年:(推定)香蘭女学校高等部入学
1987年:(推定)日本大学入学
1988年:『週刊朝日』表紙でモデルデビュー
1992年:『君のためにできること』
1998年:三代目魚武濱田成夫氏と結婚(2001年に離婚)
2001年:『HERO』
2002年:田辺誠一氏と結婚
2013年:『すべては君に逢えたから』
2014年:『明日、ママがいない』
2016年:『東京センチメンタル』
2017年:『ウツボカズラの夢』
2018年:『BG~身辺警護人~』、『おっさんずラブ』

2020年:『水上のフライト』
2021年: 『モルエラニの霧の中』
その他出演等多数

*略歴は当サイト独自のまとめであり、公式発表ではありません。

田辺誠一氏の趣味は建築の写真集の鑑賞ということで、写真という趣味も夫婦に共通しているようです。

miwaさん(@hidamari_217)がシェアした投稿

大塚寧々さんの出身高校は香蘭女学校(出身中学校も)

香蘭女学校とは、女学校という名称自体がいま珍しくなっていますが、中高一貫の女子校で高校から入る生徒はないので、大塚寧々さんも中学から入学したはずです。

香蘭女学校 中等科・高等科

所在地:東京都品川区旗の台六丁目22番21号

東急大井町線の池上線、『旗の台』の駅から歩いて5分くらいの距離。都会なのに、両側を立派な雑木林(庭園?)に囲まれて校舎まで続く道ーー。この土地が昔から香蘭女学校の所有だったからこそ、実現している環境でしょうか。

1888年に設立された歴史あるミッションスクール。

2008年からは正式名称が「香蘭女学校中等科」「香蘭女学校高等科」となっています。立教大学への推薦制度があるため、進学者の半分くらいが立教大学に進学する高校となっています。

***

どのような高校生だったか、大塚寧々さんの女子高生時代の詳細は分かりません。しかし、芸能活動もアルバイトも禁止(現在)という高校ですから、静かに勉学に励んだ女子高生の姿を想像します。高校時代にはスケート部にも所属していたようす。

大塚寧々さんは、モデルとしてデビューしたのが大学時代なので、高校生の時は芸能活動は行っていなかったはず。

***

香蘭女学校の出身者として黒柳徹子さんが有名です。黒柳さんといえばトモエ学園で知られますが、後に香蘭女学校に入っています(下記のように小学校も同じらしいです)。

香蘭女学校の出身者には、黒柳さんの他に、カルメンマキさんや、兼高かおるさんという大御所がいます。また、片桐はいりさんや、作家の上橋菜穂子さんもいます。

はいりさんのほうが、寧々さんより6歳くらい年長なので、接点はあまり考えられません。

大塚寧々さんの出身地、大田区と出身小学校

大塚寧々さんの出身小学校は、mixiのコミュに拠ると大田区立赤松小学校だそうです。

上記の香蘭女学校とも近距離で、中学から私立に進んだとはいえ、そう遠方に通学するとも思えませんから、寧々さんは、子どものころからこの一帯で育ったであろうことが分かります。

ちなみにmixiのコミュニではこんな発言も・・

大塚ねねがいたんですかー!
トットちゃん(黒柳徹子)が追い出されたのも赤松小ですね(笑)

(https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=39086&id=384964 より)

トットちゃんの名場面を思い出します。

大田区立赤松小学校

所在地:東京都大田区北千束2丁目35−8

地下鉄「北千束」の駅から出ると、同校があります。小学生が地下鉄で通うわけではありませんが。318号線を挟んで、香蘭女学校とは数百メートルという近距離でした。

大塚寧々さんの出身大学は日本大学(芸術学部)

上記のように、すでに写真に興味をいだいていた大塚寧々さんは、日大の芸術学部のなかの、写真学科に進学します。

日芸(日本大学芸術学部)には、芸能関係者も多いと言われます。若手では連続テレビ小説の主演で期待される黒島結菜さんも写真学科を選んだ一人。

所在地:東京都練馬区旭丘2丁目42−1

日大芸術学部には江古田校舎も、所沢校舎もあります。

日大の出身者はご存知のように、経済界やスポーツ選手、アナウンサーなど各方面で多いのですが、写真家もたくさん輩出しています。

写真部門では土門拳さんや篠山紀信さん、白川義員さんという著名写真家たちが日大の出身者です。報道写真家の宮嶋茂樹さんや、ホンマタカシさんなどの写真家も日大の出身です。

***

大塚寧々さんの活躍は、周知のように大学2年で週刊誌の表紙モデルに採用されたことから始まりました。

そこからはモデルとして、女優として、順調に活躍の場を広げてきたように見えます。

2013年に公開された『すべては君に逢えたから』では、余命僅かを宣告された夫とともに、息子の「二分の一成人式」を見に行き、夫の死を受け止めようとする姿が印象的でした。

『すべては君に逢えたから』は主演: 玉木宏となっていますが、個人的には、時任三郎さんの宮崎正行さんとその奥さん(大塚寧々さん)のストーリーが、最もインパクトがありました。

こちら↓は1989年ですから、眩しいような寧々さん・・

これからも、中年期の妻や母親などの微妙な表現をたくさん見せてくれそうな女優さんです。

***

以上、大塚寧々さんの出身校について、でした。

-日本大学(日大)
-,

執筆者:

関連記事

鈴木

梶山弘志大臣は、事務所は常陸太田市で日大出身

Contents1 梶山静六氏の息子、梶山弘志大臣は常陸太田の出身2 梶山弘志氏の出身高校は太田第一高等学校3 梶山弘志氏の出身地常陸太田市と出身小学校、出身中学校4 出身大学は日本大学、マンモス組織 …

趣里さんの出身大学と出身高校

Contents1 「女優」が定着してきた趣里さん2 趣里さんの育った調布市と子ども時代、そして出身中学校3 趣里さんの出身高校は特になし(英国のArts Educational Schoolsを中途 …

池松壮亮さんの出身大学と出身高校

Contents1 映画学科監督コースを選んだ池松壮亮さん2 池松壮亮さんの出身高校は福岡大学附属大濠高校3 池松壮亮さんの出身地と出身小学校、出身中学校4 池松壮亮さんの出身大学は日本大学 映画学科 …

柴田恭兵さんの出身大学と出身高校

Contents1 かっこいい刑事!?柴田恭兵さん2 柴田恭兵さんの出身高校は日大三島高等学校3 柴田恭兵さんの出身地、静岡と出身中学4 柴田恭兵さんの出身大学は日本大学 かっこいい刑事!?柴田恭兵さ …

本仮屋ユイカさんの出身大学と出身高校

Contents1 朝ドラ「ファイト」の木戸優だった本仮屋ユイカさん2 本仮屋ユイカさんの出身高校は日大第一高等学校3 本仮屋ユイカさんの出身地目黒と出身中学4 本仮屋ユイカさんの出身大学は日本大学 …


当サイトでご案内している略歴は諸情報からのまとめであり、公式発表ではありません。また、略歴中の(推定)は特に公表はされていないけれど、計算上では推定されるという当サイトの年譜です。さらに肩書や所属等は記事作成時のもので、その後変わっている場合があります。どうぞご了承ください。



カテゴリーは便宜上、国立、私立と並んでいます。順不同。高校については一部のみカテゴリー分けしています。