出身大学

出身大学はランキングされたり、年収との関わりや、社長数が多い大学は?等々話題になります。芸能人や著名人の出身大学、出身高校はどちらか。大学情報、高校情報も併せてご案内しています。

その他の国立大学

速水もこみちさんの出身大学と出身高校、「首都大学東京出身」の真相は?

オリーブオイル、「MOCO’Sキッチン」でおなじみの速水もこみちさん

速水もこみちさんの学歴と出身校についてご案内します。

「MOCO’Sキッチン」で著名、オリーブオイルをたっぷり使った料理でも話題の速水もこみちさん。もはやベテランの俳優となっています。

もこみちさんの出身校は、小学校から高校までほぼ明らかになっています。高校は東京都の公立高校である玉川高等学校に進みました。

大学は、というと現在、複数のサイトが速水もこみちさんの出身大学は「首都大学東京」であると伝えています。ただし、現在のところ情報の一次ソースを確認できないため、当サイトでは未確認情報として、一応お伝えします

東京都立玉川高等学校 ⇒ 首都大学東京?

なお「首都大学東京」は、2005年に設立されましたから、速水さんの高校卒業の年には存在していません。したがって「2003年に首都大学東京へ入学」という表現そのものは間違っています。

とはいえ、首都大学東京の設立経緯を振り返ると、4つの学校が首都大学東京の母体となっています。したがって速水もこみちさんが母体となった学校の一つに進学していたという可能性、さらに、卒業時には、母校は統合された「首都大学東京」になっていた、という可能性は充分にありそうです。(詳細は下記に)

なお、俳優デビューの年はまだ高校生であり、長澤まさみさんとw主演だった『ラフ ROUGH』で受賞という時は、まだ一般で言う大学生の年齢の時代でした。

子どものころから料理に馴染んでおり、のちにテレビの「MOCO’Sキッチン」を担当した時も大変人気でした。その後はYouTubeの「M`s TABLE」でレシピを紹介しています。

速水もこみち (はやみもこみち、本名:表もこみち)

生まれ:1984年8月10日
出身:東京都

1991年:(推定)小学校入学、7歳
1997年:(推定)中学校入学、13歳
2000年:(推定)玉川高校入学、16歳
2002年:『逮捕しちゃうぞ』俳優デビュー
2003年:(推定)大学に入学、19歳。『劇場版 仮面ライダー555 パラダイス・ロスト』
2005年:『ごくせん』土屋光 、『電車男』青山啓介
2006年:『ラフ ROUGH』長澤まさみさんとW主演
2007年:(推定)大学を卒業?、『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』中川雅也 23歳

2008年:『絶対彼氏〜完全無欠の恋人ロボット〜』天城ナイト
2011年:『ZIP!』にて「MOCO’Sキッチン」担当(〜2019年)
2014年:大河ドラマ『軍師官兵衛』母里太兵衛、『緊急取調室』シリーズ
2016年:『はじめまして、愛しています。』梅田巧
2019年:平山あやさんと結婚、35歳、You Tubeの「M`s TABLE」を開設
2020年:『この男は人生最大の過ちです』主演
2021年:『結婚できないにはワケがある。』主演
2022年:『監察医 朝顔2022スペシャル』鈴井賢介、『ファーストペンギン!』流山 、38歳

その他出演など多数

*略歴は当サイト独自のまとめであり、公式発表ではありません。略歴中の学校関係などに添えた年齢は、およそ誕生日を迎えた時点での「◯歳」を示しています。



『ファーストペンギン!』の主演は奈緒さんでした。

速水もこみちさんの出身高校は東京都立玉川高等学校

もこみちさんの出身高校は、都立の「玉川高校」だったことが広く知られています。

東京都立玉川高等学校(現:東京都立世田谷総合高等学校)

所在地:東京都世田谷区岡本2丁目9−1
創立:1955年

2008年に同校は、砧工業高校と統合されて「東京都立世田谷総合高等学校」となりました。しかし、速水さんの時代はまだ玉川高校です。

現在の世田谷総合高等学校は、都立高校のなかで進学のレベルとしては、各種データによると、そう高い位置にないと見られます。

【世田谷総合高等学校の大学合格実績】は、同校の公式サイトに寄りますと、令和2年で次のようになっていました。

跡見学園女子大学 2名
桜美林大学 5名
神奈川工科大学 4名
帝京大学 4名
東洋大学 2名
日本大学 4名
日本体育大学 2名 など 合計118名

少なくとも、令和2年のデータでは国公立大学の合格者はないようです。

現在と、速水さんの時代の2000年ころの違いはあるでしょう。しかしこのデータから推測する限りは、当時の「東京都立大学」に入学していたら、玉川高校においてまさにトップの成績だった、ということになりそうです。

ただし、詳細は不明です。


都立玉川高校の出身者では、速水もこみちさんが代表的。他に加勢大周さんや森カンナさんなども知られています。

***

速水さんにとって、高校時代の大きな転機は、なんと言ってもモデルとしての活動を始め、コマーシャルに登場したり、ドラマでもデビューしたことです。

高校時代は特にモテた、と各種のエピソードが伝えています。

CM活動では、最も早かったのが韓国のバスキン・ロビンス(サーティーワン)のコマーシャルで、以前はその動画もかなり再生されていました。

また、高校時代に出演した『逮捕しちゃうぞ』の原作は漫画で、6000万部を売り上げたそうです。そこで もこみちさんは、「佐伯もこみち」役を演じました。

『逮捕しちゃうぞ』は主演が原沙知絵さん、 伊東美咲さんによる二人の女性巡査・・という何か懐かしい空気のドラマです。

速水もこみちさんの出身地渋谷と出身小学校、出身中学校

その前の小学校、中学校時代に戻ります。

もこみちさんの出身小学校は「思い出こみゅ」やmixiの「加計塚小学校コミュのもこ」のページによると「渋谷区立加計塚(かけづか)小学校だそうです。

出身小学校:渋谷区立加計塚小学校

所在地:渋谷区恵比寿四丁目21番10号

こちらの小学校は恵比寿駅からも近く、東京都写真美術館や恵比寿ガーデンプレイスにも近い、まさに渋谷区の都心。
児童数は令和3年の時点で286人で、わりとコンパクトな小学校となっています。

設立は1919年という歴史ある学校。

また、もこみちさんの出身中学は渋谷区立広尾中学校であることが広く知られています。

出身中学校:渋谷区立広尾中学校

所在地:渋谷区東4丁目13−25

こちらは大雑把に言うと、加計塚小学校よりも「渋谷」に近づくことになり、近隣に山種美術館があります。同校の生徒数はおよそ190名で、やはりコンパクトな中学校。
出身者の一人が大山のぶ代さんでした。

また「広尾中学」と都立高である「広尾高校」は背中合わせのように建っており、2011年からは広尾中学と広尾高校は、「都市型中高連携教育」が行われています。

また同校は、國學院大學のキャンパスにも近く、さらに北上すると青山学院のキャンパスにも連なります。

およそ、このような都心、渋谷近辺でもこみちさんは育ったと言えます。

image

ご両親は共働きだったそうで、小学校のころから、もこみちさんは、楽しく料理もしていました。

速水もこみちさんの出身大学は、正確には不明中・・・

速水もこみちさんの出身大学については、冒頭にありますように結論として、確かなことは不明な状態です。

ネット上には、速水もこみちさんが首都大学東京の出身者として伝えるところが多数ありますが情報ソースが確認できないので、弊サイトとしては一応「?」の範囲となります。

***

上述のように、「首都大学東京」ができたのは2005年のことでしたから、もこみちさんが玉川高等学校を卒業し、現役で大学等に進学したとしたら、2003年のこの時期に「首都大学東京」に入学することはありえません。

では首都大学東京が生まれた時点の状況を確認すると、以下の4つの東京都の教育機関が母体となっていました。

1) 東京都立大学 (1949-2011)
2) 東京都立科学技術大学
3) 東京都立保健科学大学
4) 東京都立短期大学

1) は、かつてのいわゆる都立大学ですが、分類上は2020年からの新たに生まれた「東京都立大学」とは別のものとなります。概していうと、偏差値的には新たな東京都立大学と同じくらいのランクの状況。

2)の東京都立科学技術大学は、もともとの設置は1954年に遡りますが、その名称になったのが1986年のことで航空科学などの分野になります。拠点は日野市でした。

3) の東京都立保健科学大学は、創立は1986年と新しく、医療技術の分野になります。本部は荒川区でした。

4) の東京都立短期大学は、2)や3)と比べると、「人文・社会・生活科学系の5学科」ということで、幅広い内容になります。キャンパスは昭島と晴海でした。

ちなみに、こちら4)の東京都立短期大学の詳細は、以下の分類となります。

文化国際学科 (昼間  2年制)
経営情報学科一部 (昼間  2年制)
経営情報学科二部 (夜間  3年制)
経営システム学科 (夜間  3年制)
都市生活学科 (昼間  2年制)
健康栄養学科 (昼間  2年制)

ということで、昼間も夜間もあり、かつ内容も人文社会系の一般分野となります。

したがって私見ですが、速水さんがこれらの4つのどこかに入学したと仮定すると、航空科学や医療技術のような専門分野ではなく、4)の東京都立短期大学と考えるのが最も妥当に見えます。

芸能活動を始めていた速水さんが、2)や3)のように、ことさら特殊な部門を選ぶとは考えられないからです。

そして2003年にこちらに入学し、2005年にはその教育機関が「首都大学東京」に統合されたことで、仮に短期大学のほうに在学していたとしても、何らかの処理で「首都大学東京」の卒業に至った可能性は、充分に考えられるでしょう。

***

ここは勝手に余談です。

かつて「共立薬科大学」が「慶應義塾大学」と合併することで、ちょっとした反響がありました。 反響というのは、こうです。

合併することで、共立薬科大学の学生にとって、「合併時に在学」していれば卒業時に「慶大の学位」が与えられるというもの。

それで「慶大卒」となることで、共立薬科大学の学生に意向を訪ねたところ、800人くらいの学生のうち反対者は一人もいなかったと伝えられています。

この話はニュースでも報道されていましたが、生の声としても、当時は耳にしました。共立薬科大学と慶應義塾大学の合併は2007年10月に正式決定として伝えられた事項でした。

この話は、首都大学東京の推移とはもちろん異なります。しかし、ともかく大学の合併という出来事では、当事者にしか分からないような諸々の経緯はあったと思われます。

***

速水さんが4年間で卒業したと仮定すると、大学卒業の年と考えられるのは2007年です。すでに15年ほど経ち、落ち着いた活躍を続けています。

一応となりますが、現在の東京都立大学は

東京都立大学(旧・首都大学東京)

所在地:東京都八王子市南大沢1丁目1

となります。

卒業したのが2007年だとすると、その年に『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』(リリー・フランキーさん著)で主演しています。

史上最強の「料理男子」と言われるもこみちさん

著書の『きみと食べたら、きっと美味しい。速水もこみちが作る50のレシピ』について、楽天ブックスの著者インタビューによると、こんなことを語っています。

・・母親が「夕食までの間、お腹がすいたら何か買って食べなさい」と、テーブルの上に500円玉を置いてくれることが多かったんです。だけど子どもだから、そのお金で当時、集めていたフィギュアを買ってしまった(笑)。だけどお腹は空いているわけで。それで冷蔵庫の中の残り物を料理して食べたのが、すべての始まりですね。

(https://books.rakuten.co.jp/event/book/interview/hayami-mokomichi/ より)

ということで、夏休みの自由研究も「料理」。それをする人は当時、女子にもいなかったとのこと。

続きではこうも・・

最初は料理が楽しいというより、食べられたし、フィギュアが買えて良かったという感じでした(笑)。

(同上)

なにか実用的で、男子らしく、好ましいようすです。

ところでこの本『きみと食べたら、きっと美味しい。速水もこみちが作る50のレシピ』の発行はまだ2010年のこと。「MOCO’Sキッチン」を担当するもっと前のことです。

この中で「女性にも料理の腕を求めてしまうのでは?」という質問に、それはないと答えています。

たとえば今日も明日も頑張って、相手が好きなハンバーグを作ってしまうような人には惹かれます(笑)。

(同上)

このインタビューで、「料理が趣味という趣味人ではありません。食べたいから作るという当たり前の作業をくりかえしてきた」と紹介されているのが、納得できる解説でした。

今では速水さんのYouTubeチャンネル『M’s TABLE by Mocomichi Hayami』が人気。

それによると、レシピのタイトルがちょっと変わっていて、興味をそそられます。公式のツイッターでも同じ内容が紹介されます。

こんなたまご料理見たことありますか?【目玉焼きライス】
【10分で簡単イタリアン‼️】ジェノベーゼパスタ 
 などなど

『この男は人生最大の過ちです』でいい味を出していたのが田中道子さん

***

pasonica.JPNのサイト等によりますと、もこみちさんは4人きょうだいで3番目。10歳年上のお姉さんがいて、9歳年上のお兄さんと5歳年下の弟がいるそうです。

ご家族は皆さん大きいそうで、本人は186cm、お父さん183㎝、お姉さん170㎝以上、お兄さん186㎝、弟さん180㎝という「大きい」ご家族。そして母親は151㎝。

お母さんと二人並んだ姿を想像すると、ちょっと微笑ましいです。

2019年には平山あやさんと結婚されました。

オリーブオイルについては、逸話に事欠きません。「使いすぎる(?)」とか、クレームめいた話になった時も・・

また、スニーカーが大好きで100足以上持っているとか・・・履くだけでなく飾る用にと2足同時に買うとは、すごいです。もこみちさんによって自らペイントされたスニーカーの画像も、たくさん出ています。

『緊急取調室』シリーズ では鈴木浩介さんとのコンビが板についています。主演は天海祐希さん

***

以上、簡単ですが速水もこみちさんの出身校について、でした。このページでは出身大学の結論が出ていませんので、分かれば追記させていただきます。

-その他の国立大学

執筆者:

関連記事

田中道子さんの出身大学と出身高校

Contents1 二科展にも入選の田中道子さん2 田中道子さんの出身高校は浜松市立高等学校3 田中道子さんの出身地、浜松市と出身小学校、出身中学校4 田中道子さんの出身大学は静岡文化芸術大学 二科展 …

迫田孝也さんの出身大学と出身高校、鹿児島の進学校卒業

Contents1 三谷幸喜氏の目に止まった迫田孝也さん2 迫田孝也さんの出身高校は超進学校の鶴丸高等学校3 迫田孝也さんの出身地、鹿児島県と出身小学校4 迫田孝也さんの出身大学は広島大学5 矢沢三十 …

西島秀俊さんの出身大学と出身高校、アイドル扱いを拒否・・・

Contents1 「民放5年間出演禁止」を越え、本格的俳優をめざした2 西島秀俊さんの出身地八王子と出身小学校3 西島秀俊さんの出身高校は桐朋高校(出身中学も)4 西島さんの出身大学は横浜国立大学5 …

野間口徹さんの出身大学と出身高校

Contents1 野間口徹さん、「目立たない」ことを公言する役者さん2 野間口徹さんの出身高校は福岡県立北筑高等学校 3 野間口徹さんの出身地北九州市と、出身中学校 4 野間口さんの出身大学は信州大 …

藤原聡さん(ヒゲダン)の出身大学と出身高校、島根発の「Official髭男dism」

Contents1 銀行員になってからプロに! 2 藤原聡さんの出身地米子市と出身中学校、出身小学校 3 藤原聡さんの出身高校は鳥取県立米子東高等学校 4 藤原聡さんの出身大学は島根大学  銀行員にな …


当サイトでご案内している略歴はファンとしての諸情報からのまとめであり、公式発表ではありません。ただし情報の正確さには留意しております。また、略歴中の(推定)は特に公表はされていないけれど、計算上では推定されるという当サイトによる年譜です。同じく略歴中の学校関係に年齢を添えた場合はおよそ誕生日を迎えた時点での「◯歳」を示しています。記事中に引用したテキストのうち、色などが付いている場合は、弊サイトによる加工となります。さらに肩書や所属等は記事作成時のもので、その後変わっている場合があります。どうぞご了承ください。



カテゴリーは便宜上、国立、私立と並んでいます。順不同。高校については一部のみカテゴリー分けしています。

ご訪問まことにありがとうございます。緊急連絡先についてはプロフィールのページをご覧ください。

 






 

弊サイトではグーグルアドセンス広告を導入しております。

 

 

出身大学トップに戻る